【Red vs. Blue】ロールモデルの喪失:かつて、役人は尊敬されていた

【Red vs. Blue】ロールモデルの喪失:かつて、役人は尊敬されていた

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、「トランプ大統領が国民のロールモデルとなる人物かどうか」について、保守派とリベラル派がそれぞれの意見を述べる。


 このところ、アメリカでは著名人がセクハラで告発されるケースが続出している。そして、それは芸能界やメディア業界だけでなく、政界にも広がっており、トランプ大統領も20人近い女性から非難されている。『U.S.News』はこの事実に加え、トランプ大統領の自己中心で自画自賛の言動の数々を取り上げ、「かつて米大統領とは、人々が尊敬し、行動の規範とする存在だったが、トランプ大統領はロールモデルになるつもりはなく、現状に混乱をもたらすことだけを求めているようだ」と嘆いている。RedとBlueは、この記事をどう読むのだろうか? 

出典『U.S. News』
引用元:The Missing Role Models: Public officials used to be worthy of being looked up to – not anymore

[Red 保守派] この記者はジャーナリストを装った、ただのトランプ嫌いだ

Kenneth T. Walsh is a Trump Hater pretending to be a Journalist

 「ロールモデルの喪失」という見出しを銘打った記事で、いきなり「トランプ大統領は、ロールモデルではない」と攻撃するようなバカなメディアを、いつまで相手にしていられるか、正直言って私にはわからない。

 ケネス・ウェルシュ記者は、最近起こっているセクハラ・スキャンダルの洪水は、圧倒的にリベラル派の政治家やメディア、芸能界の左派が関与しているという事実を、革新的リベラル派や民主党、左派の大問題であると取り上げず、「トランプが良きお手本ではない」という問題にすり替えている。そうだ、そうだ、仰せの通りだ。これらの革新的リベラル派のほら吹き中傷家が、罪のない女性たちに何年もセクハラをしてきたのは、みんなトランプのせいに違いない。――しかし、こうした冗談はいい加減にしてくれ、と言いたい。

 例えば、2006 年にアル・フランケン議員が女性を触った責任は、ドナルド・トランプにあるとでも言うのか? その時にトランプは大統領でさえなかったのだ。リベラル記者たちはトランプを嫌い、なんでもトランプの責任にする。ウェルシュ記者の意見はゴミだ。これは左派の偏見による無価値なコメントであり、世界のあらゆる問題は大統領にある、という一点を除いては議論の主題さえもない。ブラボー! 

[Blue リベラル派] アメリカは、「アメリカ合衆国会株式会社」では?

The United States of America, Incorporated?

 アメリカの2党政の政治は、「アメリカ国家」対「市民」という考え方を生み出し、人々はそのことで消耗させられてきた。ソーシャルメディアと日常のマナーの低下は、政治を有毒で好ましくない場にしたため、政界に打って出ようとする意欲があるのは、裕福な企業スポンサーの手先ばかりのように見える。

 2016年に初めて大統領選挙で投票した若者たちは、クリントンとトランプのどちらかを選ばなくてはならなかったが、どちらの候補者も関心があるのは裕福な後援者と自分自身の利益のみだった。若者たちは、今では日常的に自国の大統領が嘘をつくのを聞かされ、政治家はメディアを攻撃し、アメリカの将来のために政治家同士が共に働くのではなく、お互いを非難し合っているのを見せられている。そして、米国教育省の長官の職に教育未経験者が選ばれるのを目撃し、力を持つ男たちの職場におけるセクハラがいつまでたってもなくならないニュースを聞かされる。

 我々の唯一の望みは、選挙で選ばれた十分な数の政治家が期待に応えて仕事をし、人々の利益のために働くことだ。ベストを尽くす政治家はほんの少数で、嘘つきや中傷する者の数の方が圧倒的に多い。残念なことに、誰かが正しいことをしようとするたびに、党に不利だとして自身の党から攻撃される。多くの若者がこうした政治にうんざりして、ますます政治に無関心になれば、政府は富裕層の利益に役立つ道具になっていくだろう。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

男子留学希望者必読! セクハラの濡れ衣を着せられる理由

https://bizseeds.net/articles/70

 昨年5月、テキサス大学アーリントン校で、セクハラの濡れ衣を着せられた男子学生が卒業間近に自殺するという事件が起こり、今年4月に遺族が大学を相手に訴訟を起こした。

セクシャリティに関する記事 >

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連する投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


3
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
トランスはジェンダーだけではない?

トランスはジェンダーだけではない?

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング