ベガスのホテル、利用客に気付かれずに銃刀を探知するシステムを採用

ベガスのホテル、利用客に気付かれずに銃刀を探知するシステムを採用

ラスベガスが位置するネバダ州では公共での銃所持が合法だが、ラスベガスの各リゾートでは館内での銃やナイフの所持を禁止している。銃保持者の権利と、館内での安全を同時に守るために、ホテル側が考えた秘策とは?


利用客に気付かれずにレーダーで探知

 日本人にとっては想像し難いかも知れないが、ラスベガスではあらゆるタイプの銃が購入できるだけでなく、一般人でも銃や大型ナイフを携帯して街を闊歩できる。数カ月前に発生したコンサート会場を狙った銃撃事件の犯人が何十丁ものマシンガンや銃をホテルの部屋に簡単に持ち込めたのも、こういう背景があるからだ。

 リゾートホテル側としては当然、利用客の安全を確保したい。とはいえ、入口に空港のような大きな金属探知機を設置すれば、カジノやホテルで思い切り楽しもうとしてやってきた利用客の気分を下げることになる。しかも、ラスベガスのほとんどのホテルは、どこからホテルに入っても、部屋やレストランなどに行くためにはカジノがあるフロアーを通過するように設計されているため、非常に複雑な構造になっており、そのすべての入口に検問所のような探知機を設置したら、リゾート感がまったくなくなってしまう。

 そんな訳で、ホテル経営者たちにとっては、利用客の気分を害することなく、警備を強化する方法は経営上の課題でもあった。そんな彼らにとって朗報となるニュースが最近発表された。他社に先駆けて、ウエストゲート・リゾートが新型の「客に気付かれない」武器探知機の導入を決定したのだ。

ベガスのホテルの構造を利用して機械を設置

 この新型の探知機は、カナダのセキュリティー会社パトリオットワンが作った「パットスキャン認識極超短波レーダー(Patscan CMR)」で、超短波のレーダーと機械習得アルゴリズムを駆使したスキャンのコンビネーションによって、銃やナイフ、爆弾、手榴弾などを携帯している利用客を探知するシステムだ。人体に影響を及ぼさないこの電波は超短波なので、機械の数メートル範囲内を通る必要があるが、鞄の中身や上着の奥に携帯しているか否かは明確に認識でき、しかも利用客は自分がスキャンされていることには気付かない。

 前述したように、これまではカジノへの動線を作る建物の構造が安全性の向上を難しくしてきたが、今回は逆にその構造を利用して、客が必ず通らねばならない動線上にこの探知システムを設置できる。客に気付かれずに銃や大型ナイフの所持を探知すれば、該当客にのみ絞ってセキュリティーが声を掛けるため、リゾートの楽しい雰囲気を壊すことなく、安全も確保できるとホテル側は考えている。

 とはいえ、ホテルを歩きまわるたびに、気付かないうちに自分がスキャンされることを嫌がる人もいるだろう。プライバシーをとるか、安全をとるか。その両方を満たす装置も現れる日は来るのだろうか。

元記事:The Las Vegas Resort Using Microwaves to Keep Guns Out of Its Casino

ラスベガスへの祈り――コンサートを悲劇の現場にしないために

https://bizseeds.net/articles/475

 メアリー・J・ブライジの2017年度コンサート・ツアーがようやく無事に終了し、やっと自宅のあるラスベガスに帰ってきた。長旅から自宅に戻り、安心して緊張の糸が緩みきった状態でソファーに座っていた夜に、あの米史上最悪の被害を出したラスベガスの乱射事件が発生した。

銃乱射事件に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

プラスチック容器に入ったシャンプーやリンス、ハンドソープなどは、たいてい少しドロリとした液体で、最後まで使い切るのは意外と大変だ。そこに目を付けた企業が開発したものとは?


日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?


史上最強か? ディズニーが21世紀フォックスを買収

史上最強か? ディズニーが21世紀フォックスを買収

世界的な大手メディアの米ディズニー社が、同じく大手の21世紀フォックスを買収し、映画やテレビ、ケーブル、ストリーミングなどを引き渡すことに合意。今後、世界のメディアはどう変化するのだろうか?


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング