貧富の格差拡大 アメリカは5家族に1つが「貧乏家庭」

貧富の格差拡大 アメリカは5家族に1つが「貧乏家庭」

アメリカの家庭といえば、広い芝生の庭がある大きな家をイメージする人が多いだろう。しかし今月、5家族にひとつのアメリカ家庭が借金を返済しながら毎月ギリギリの生活を送っている事実を記した報告書が発表された。


どんどん拡大する貧富の差

  昨今のアメリカで最も大きく右肩上がりなのは、IT産業でも重工業でもなく、貧富の差だ。現在アメリカでは、何千万人もの人々が明日の生活費を心配しながら暮らしている。

 今月初めに発表された米ワシントンDCのシンクタンク、「インスティチュート・オブ・ポリシー・スタディーズ」の報告書によると、アフリカ系アメリカ人家庭の30%と、ヒスパニック系家庭の27%が、クレジットカードの借金や学費ローンの返済によって常に家計がマイナスの状態で暮らしていることがわかった。

 同報告書によると、現在、何千万人ものアメリカ人が「ゼロまたはネガティブ・ウェルス(負の財産)」、言い換えると「自分たちが所有している全てのものよりも、借金額の方が大きい状態」で生活しているという。もし病気になったり、車が故障したり、何か修理が必要になったりと、突発的なことが派生した際にはそれが支払えないということである。

 そして、この状況はトランプ政権が計画している新しい税制によって、一層ひどくなると報告している。

国連報告官がトランプ政権を非難

 極貧と人権に関する国連特別報告官を務めるフィリップ・アルストン教授が、今月15日に発表した報告書によると、トランプ政権による新しい税制と劇的な福祉予算の削減によって、現行の貧富の格差がさらに開いてしまうという。1%の富豪と50%の貧困者との格差が生まれ、「アメリカは世界で最も不平等な国」になり、4千万人が極貧生活を送り続けることになるとしている。

 同氏は前述の問題のほかに、アメリカが先進国内で最も肥満率と子供の貧困率が高いことや、タイやキューバよりも監獄率(※注釈1)が高いことなども問題だと指摘しているが、なかでも先進国アメリカ国内における貧富の格差が尋常ではない差を生んでいることに警鐘を鳴らしている。

※注釈1 「監獄率」:年間または月間等、一定期間に発生した犯罪件数の内、刑務所に収監された割合を指す。

引用元:UN Special Envoy Chastises Trump’s America for ‘Inequality and Extreme Poverty’

住まいのない大学生たち 増加する若年層ホームレス

https://bizseeds.net/articles/284

 アマゾン・ドットコムやマイクロソフト本社、グーグルの支社などIT関連企業の進出により全米でも抜きん出て急成長中のシアトルは、ワシントン州キング郡最大の都市である。しかし、その成長の一方で、ホームレスという深刻な社会問題を抱えているのも事実だ。

貧困層に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


貧困層 労働者

関連する投稿


【Red vs. Blue】NYとカリフォルニアのホームレス増大が危機レベルに! 

【Red vs. Blue】NYとカリフォルニアのホームレス増大が危機レベルに! 

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は米大都市部で肥大するホームレス危機に対して、トランプ大統領が「政府に助けを乞え」と言ったことについて。


二極化するアメリカを操るのは富者

二極化するアメリカを操るのは富者

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はここまで分断が進んでしまったアメリカを操るのは誰なのか、リベラルな著者の見解を披露する。


日本の「べんとう箱」をアメリカ人がローカライズすると?

日本の「べんとう箱」をアメリカ人がローカライズすると?

日本語の「弁当(べんとう)」という単語が、「Bento」として欧米文化に浸透するようになってから久しい。今では「べんとうばこ」=「Bento Box」の説明も欧米を代表する辞書に掲載されるようになった。とはいえ、日本の弁当箱そのものがアメリカに定着したのではない。あくまで米市場に出回っているのはアメリカ人が考える「Bento Box」だ。


【Red vs. Blue】移民を守ろうとするカリフォルニア州をトランプ政権が告訴?!

【Red vs. Blue】移民を守ろうとするカリフォルニア州をトランプ政権が告訴?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は不法移民の取り締まりを強化するトランプ政権が、カリフォルニア州を訴えたという仰天ニュースについて。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


世界初の遺体の堆肥化施設、アメリカに今年オープン予定

世界初の遺体の堆肥化施設、アメリカに今年オープン予定

火葬か土葬しか選択肢がなかったアメリカに、遺体を堆肥化して土に返す「コンポースト」が加わることになった。それを行える法案が昨年、全米ではじめてワシントン州で施行され、世界初の死体堆肥化施設のオープン準備が進んでいる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング