大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

 アメリカの政府関連施設は、一般に内部を公開している機関も少なくない。施設見学に加えて、その機関ならではの「不思議なお土産」に出会えるのも魅力のひとつだ。その一部を紹介しよう。


潜入!「ペンタゴン・ツアー」

 国会議事堂のように、日本政府にも「社会科見学」を受け付けている機関があるが、アメリカでもそれは同様だ。

 見学できる機関のひとつである、アメリカ国防総省。五角形をかたどり、「ペンタゴン」の名で親しまれている本部は、首都ワシントンD.C至近にある。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロの標的のひとつとなって以来、警備は年々厳しくなる一方だが、申し込みをすれば一般向けのツアーに参加することが可能だ。制服でビシっとキメた現役の軍人が内部を案内してくれる様子はこちら。

 ビデオ内でも紹介しているが、ツアーの「ガイド」というミッションに臨むのも、どうやら過酷なようだ。35ページもある説明のための台本を15日間で暗記し、試験をパスした者だけがガイドの任務に就くことが出来る。しかも、ガイドになると進行方向に背を向けて、 参加者に説明をしながら1日2〜3マイル歩かなければならない。これは説明をしやすくするためだけでなく、ペンタゴン内において、常に参加者から目を離してはならない、セキュリティー上の理由だという。こうしたトリビア的情報を事前に頭に入れておくと、見学がさらに楽しくなるかもしれない。

ホワイトハウスも見学OK !

 ペンタゴンも興味深いが、トランプ大統領が主を務めるホワイトハウスも、かなり面白い。下記の映像がツアーの全貌だ。

 厳しいセキュリティー・スクリーニング後、ツアーが開始。ガイドがつかず、だいたい45分をかけて館内で公開されている箇所の一部を回る。ツアーの受付開始は3カ月前からで、基本的には先着順。希望日の21日前までには申し込みを済ませなければならない。館内は自分で歩いて回ることが可能で、写真撮影が可能な場所もある。

一体、誰が購入するのか? 変なお土産品いろいろ

 こうした社会科見学の楽しみのひとつは、そこでしか購入できないお土産品だろう。「国会議事堂限定せんべい」、「アベノ野菜ミックスせんべい」……。これらは国会議事堂の売店で売られる限定商品だが、アメリカ政府も負けていない。

 先に紹介したペンタゴンにも、Tシャツやキーホルダーなどのオーソドックスなものに混ざって、不思議なものが売られている。お土産品のラインナップは常に変わるが、なかには「手りゅう弾」の外枠をそのまま使った時計など、「一体、誰がこんなものを欲しがるのか?」と首を傾げてしまうようなお土産がある。

 ホワイトハウスのギフトショップの品揃えも豊富だが、当然のことながら今はトランプ大統領の顔で一杯だ。トランプ大統領の顔が彫られた特別コイン、トランプ大統領そっくりの「首振り人形」……。そんな中でも人気が高いのは、トランプ大統領が選挙戦中にトレードマークとしてかぶっていたものを彷彿させる、真っ赤な野球帽。デカデカと、「Made IN USA」と書かれている。

 欲しくても現地には行けない人のために、ホワイトハウス・ギフトショップでは、オンラインでの通販サービスも展開している。ペイパルを使えば、日本からでもギフトは購入可能だ。

■ペンタゴン・ツアー申込み:https://pentagontours.osd.mil/Tours/
■ホワイトハウス・ツアー申込み: https://whitehouse.gov1.info/visit/tour.html
■ホワイトハウス・ギフトショップ:www.whitehousegiftshop.com/default.asp

軍事大国アメリカらしい企業の取り組みとペンタゴン豆知識

https://bizseeds.net/articles/76

 アメリカは言わずと知れた軍事大国である。政府機関はもちろんのこと、民間にも軍事関連企業が多く、その規模は他国の追随を許さないほどだ。

米軍に関する記事 >

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味ある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

医療・がん保険の「アフラック」と聞けば、多くの人はコマーシャルに登場する、コミカルでちょっとトボけたアヒルを思い出すだろう。そのアヒルを模したロボットを、がんの子供たちに届けようという取り組みが始まった。同社がロボテック会社のSproutel社と共に開発したアヒルを紹介しよう。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?


ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

脳に働きかけて能力向上を図るブレインテックは、アメリカで急成長し続ける技術エリアだ。今回紹介するのは、ブレインテック・ヘッドフォン。トップ・アスリートたちがこよなく愛する商品の秘密とは?!






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング