大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

 アメリカの政府関連施設は、一般に内部を公開している機関も少なくない。施設見学に加えて、その機関ならではの「不思議なお土産」に出会えるのも魅力のひとつだ。その一部を紹介しよう。


潜入!「ペンタゴン・ツアー」

 国会議事堂のように、日本政府にも「社会科見学」を受け付けている機関があるが、アメリカでもそれは同様だ。

 見学できる機関のひとつである、アメリカ国防総省。五角形をかたどり、「ペンタゴン」の名で親しまれている本部は、首都ワシントンD.C至近にある。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロの標的のひとつとなって以来、警備は年々厳しくなる一方だが、申し込みをすれば一般向けのツアーに参加することが可能だ。制服でビシっとキメた現役の軍人が内部を案内してくれる様子はこちら。

 ビデオ内でも紹介しているが、ツアーの「ガイド」というミッションに臨むのも、どうやら過酷なようだ。35ページもある説明のための台本を15日間で暗記し、試験をパスした者だけがガイドの任務に就くことが出来る。しかも、ガイドになると進行方向に背を向けて、 参加者に説明をしながら1日2〜3マイル歩かなければならない。これは説明をしやすくするためだけでなく、ペンタゴン内において、常に参加者から目を離してはならない、セキュリティー上の理由だという。こうしたトリビア的情報を事前に頭に入れておくと、見学がさらに楽しくなるかもしれない。

ホワイトハウスも見学OK !

 ペンタゴンも興味深いが、トランプ大統領が主を務めるホワイトハウスも、かなり面白い。下記の映像がツアーの全貌だ。

 厳しいセキュリティー・スクリーニング後、ツアーが開始。ガイドがつかず、だいたい45分をかけて館内で公開されている箇所の一部を回る。ツアーの受付開始は3カ月前からで、基本的には先着順。希望日の21日前までには申し込みを済ませなければならない。館内は自分で歩いて回ることが可能で、写真撮影が可能な場所もある。

一体、誰が購入するのか? 変なお土産品いろいろ

 こうした社会科見学の楽しみのひとつは、そこでしか購入できないお土産品だろう。「国会議事堂限定せんべい」、「アベノ野菜ミックスせんべい」……。これらは国会議事堂の売店で売られる限定商品だが、アメリカ政府も負けていない。

 先に紹介したペンタゴンにも、Tシャツやキーホルダーなどのオーソドックスなものに混ざって、不思議なものが売られている。お土産品のラインナップは常に変わるが、なかには「手りゅう弾」の外枠をそのまま使った時計など、「一体、誰がこんなものを欲しがるのか?」と首を傾げてしまうようなお土産がある。

 ホワイトハウスのギフトショップの品揃えも豊富だが、当然のことながら今はトランプ大統領の顔で一杯だ。トランプ大統領の顔が彫られた特別コイン、トランプ大統領そっくりの「首振り人形」……。そんな中でも人気が高いのは、トランプ大統領が選挙戦中にトレードマークとしてかぶっていたものを彷彿させる、真っ赤な野球帽。デカデカと、「Made IN USA」と書かれている。

 欲しくても現地には行けない人のために、ホワイトハウス・ギフトショップでは、オンラインでの通販サービスも展開している。ペイパルを使えば、日本からでもギフトは購入可能だ。

■ペンタゴン・ツアー申込み:https://pentagontours.osd.mil/Tours/
■ホワイトハウス・ツアー申込み: https://whitehouse.gov1.info/visit/tour.html
■ホワイトハウス・ギフトショップ:www.whitehousegiftshop.com/default.asp

軍事大国アメリカらしい企業の取り組みとペンタゴン豆知識

https://bizseeds.net/articles/76

 アメリカは言わずと知れた軍事大国である。政府機関はもちろんのこと、民間にも軍事関連企業が多く、その規模は他国の追随を許さないほどだ。

米軍に関する記事 >

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味ある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

シアトルから車で数時間、オリンピック山脈の麓の街スクイムにある「オリンピック・ゲーム・ファーム」。アメリカでも知る人ぞ知る穴場だが、これほど動物との距離が近い動物園はなかなかない?


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング