日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?


日本のIRをネバダ大学がサポート

 大学を卒業した今でも、時間がある時にはカジノ・マネジメントの講義を聞きに行ったり、研究グループのミーティングや調査を手伝っている。教室や研究室はいつも和気あいあいとした雰囲気で、世界のカジノ・ビジネスについてお互いの意見を交換し合う。そういう活動を通して、ラスベガスがあるネバダ州の大学と日本のカジノ情勢との間に実はとても大きな繋がりがあることがわかった。

 日本進出を狙うラスベガスのカジノ企業にとっては、日本版IRの本格始動に向け、国会で決議される具体的な内容が非常に重要になることは明らかだ。そんな中、ネバダ州立大学の国際ゲーミング研究機関は、日本の大型IR建設にあたり大きな鍵を握る論文を発表した。

 ネバダ大学カジノ研究機関の役員らは、日本のIR推進本部への指針として2つの調査レポートを提示。今年9月に事業出資者に向けて先行発表され、11月初めに一般公開された。100ページにもなる『日本の統合型リゾートの社会経済的影響について』では、依存症や軽犯罪への対策と観光市場の大幅な拡大を目指す日本のゴールに特化した上での調査とその内容が記載されており、この内容がカジノ法案を整備する上で活用されていくと見られている。

 このレポートの別冊で全31ページの『実践的視点からみるカジノ賭博規制制度とその成り立ち:ネバダ州カジノにおける犯罪組織排除のケース』には、カジノの法規制が日本のカジノ・マネジメントにおいて、如何に組織犯罪の撲滅に役立つかを指し示している。この資料の中には、歴史上マフィアとの関係性に悩まされてきたネバダ州のリゾート界が、如何にしてハイレベルな法規制の下に今日の安全な事業運営を行なっているかが具体的に説明されており、ネバダ州が実施している厳格な審査基準を含む身元確認のやり方なども示されている。

 ネバダ大学カジノ研究所の所長、ボー・ベルナード氏は過去5年間に渡り日本を訪れ、IR設立への大きな一歩となったカジノ法案成立を見届けてきたという。今夏には、日米経済協議会がネバダ大学のカジノ研究機関に情報提供を依頼し、同機関の役員や研究員らも日本を訪れ調査も行なった。また9月には、400人以上の政治家、事業主やギャンブル依存症専門の臨床医などを含む多くの関係者が集まったアジア・ゲーミング・サミット2017(台湾)の中で、調査での発見などについてプレゼンテーションが行われた。「大切な一歩をようやく踏み出すことが出来た。多くの参加者が集ったプレゼンテーションでは人々の興味・関心がより一層増したことだろう」と、語るのはネバダ大学カジノ研究機関の役員、ブレット・アバーバネル氏だ。2018年後半に国会に提出される予定の具体的なカジノ法案 について、アバーバネル氏は現状を「慎重且つ丁寧に審議されている」と述べている。その実行法案作成にあたり、IRを具体的にいくつ、どこに建設するか、またリゾートの大きさやカジノの入場規制の有無などについて話し合われているようだ。法律には特定条件を満たしたマネジメント・プログラム導入や、またカジノ・ビジネスの経験が深いネバダの企業と地域性や土地に詳しい地元の日本企業との連携が求められる予定である。

IR実現に向けての今後の展望とは?

 ギャンブル依存症対策の一環として、日本政府は無料の医療機関を設ける準備もしているという。歴史上、パチンコへの依存症が問題点としてあげられる日本にとって、公共の医療機関は強調されるべき点でもある。多くのカジノ企業が顧客情報やマネジメント・システム、債権回収、マネーロンダリング対策などを有している一方で、日本企業は地元の地域性についてより詳しいという点においてビジネスのアドバンテージを持っている。日本進出を考えるラスベガスのカジノ企業にとっても新規参入を目指す日本企業にとっても、パートナーシップは大きな利益に繋がることだろう。当コラムでも紹介したセガ・サミー社もまた強力なブランド力を持ち、ラスベガスのカジノ産業での営業権も11月正式に承認された。カジノ・ビジネスの直接的な運営経験はなくとも、パートナー探しに役立つコネクションや資産も持っているかもしれない。

 ネバダ大学のレポートでは、大阪、東京と横浜がIRへの最有力候補だと述べられ、国際的な観光業を発達させることで日本への経済に大きな利益を生み出すことだろうと結論づけられている。ネバダ大学の研究員らは、ラスベガスにある、いかなるカジノ事業者にも日本での営業権獲得のチャンスはあり、また多くの出資者達が興味・関心を持っていると言っている。

 日本でカジノ法案整備に携わる人の中には、現地住民に入場料を課し、プレーできるゲーム数も2つまでと規制しているシンガポールのカジノ・ビジネス・モデルを参考にしようと言う人もいる。しかし、専門家の中には東京とシンガポールとの大きな人口基盤や土地代・建築費用などの違いから、既存のカジノ・ビジネスをモデルにしないよう勧めているため、今後の進展が気になるところである。

株取引とカジノが合体? 最新型カジノ企業への就活

https://bizseeds.net/articles/388

 毎年、多くのコンベンションが開催されることでも知られる都市、ラスベガス。なかでも最先端のテクノロジー産業が集まる「IoT Evolution Expo」は、世界中の注目を集めるコンベンションのひとつだ。

エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

高校生の頃から日本でマジシャンとして活動をはじめ、様々なコンテストで優秀な成績をおさめる。自らの主催で、渋谷やお台場、赤坂などで大規模な学生イベントを展開。なかでも 「MARCH祭」は後輩たちに受け継がれ、現在も渋谷O-EASTにて毎年開催されている。高校卒業後、ラスベガスに移住。大学でカジノとホテル経営学を専攻し、2017年5月に卒業。アメリカの人気TV番組「 America’s Got Talent」にも出演し、人気イリュージョニストのアシスタントなども務めた。現在は“J Resort Japan”というプロジェクトを立ち上げ、日本におけるエンターテイメントとカジノ、観光産業の発展をリードできる人材になること目指し、日々ラスベガスで精進している。

関連する投稿


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


それでも、やっぱり「仮想通貨投資」はやめられない

それでも、やっぱり「仮想通貨投資」はやめられない

1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックが利用者から預かった約580億円相当の仮想通貨「NEM」を不正アクセスによって失った事件は、アメリカでも話題になったが……。


日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

車があなたの脳波から心の状態を読み取って運転を助けるという夢のような話が浮上している。開発を始めたのは日産自動車。昨今ブレインテック (BrainTech・脳工学)が話題になっているが、日産のこのニュースもアメリ カの自動車産業界で、ちょっとした話題になっている。


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング