貧困救済も「クラウドファンディング」がトレンド

貧困救済も「クラウドファンディング」がトレンド

日本文学で博士号を修め、在米日本領事館での勤務経験もある日本通の著者が、日本人が今「知るべき」話題のアプリ、ソーシャルメディアなどを徹底紹介。マイケル・ラミレスの『アメリカ・トレンド情報局』。アメリカの年末年始の恒例と言えば「助け合い」。貧困層への手助けは、今やクラウドファンディングの利用がアメリカ流だ。


景気は今年も回復されなかった

 成功したビジネスマンとして知られるドナルド・トランプが大統領になった今年も、アメリカで景気が回復することはなかった。

 その証拠を示すもののひとつが、貧困層を救済するための「フード・バンク」や「フード・スタンプ」を利用する人々の増加があげられる。そして、困ったことにこの先も、さらに悪い予測しか立っていない。ガーディアン紙が驚くべき数字を掲載したが、ITの聖地でもあり、成功した金持ちばかりが暮らしていると思われがちなシリコン・バレーですら、状況は厳しいようだ。現地のフード・バンク「セカンド・ハーベス」の調べによると、シリコン・バレーでは4人に1人が貧困で食料危機に陥る可能性があるという。現在このフード・バンクが提供している1カ月あたりの食事は27万食。この数だけを見ると、今後、経済復活があるかどうかさえが疑問に思えてしまう。

 食べ物に困っている人だけではなく、ホームレスも増えている。私の住むシアトル近郊でもホームレスがとても増えて、寒い毎日をテントの中で暮らしている人を多く目にするが、年末年始こそ「困った人を助けよう」というのがアメリカ流だ。

貧困救済もクラウドファンディングで!

 貧困救済のためのプログラムは無数にある。教会やコミュニティーを通して行う街での募金活動、シェルターなどのホームレス貧困施設に出向いてのボランティアや炊き出しサポートなど、その形も様々だ。想像に容易いと思うが、最近ではそのスタイルも支援活動の現場も、ネット上に拡大している。特にクラウドファンディングを使った寄付金集めは、トレンドのひとつと言ってよいだろう。

 例えばちょっとユニークな例を紹介すると、ホームレスを支援するためのクラウドファンディングサイト「HandUP」では、今年「12 Days of Giving」というキャンペーンを実施している。12月12日から12日間にわたって、毎日異なる12のエリアを設け、ホームレス救済のための寄付が出来るというのがその内容。寄付を集めるエリアの内容は12日間毎日、当日になると発表される。この原稿を書いている現時点で7日分の内容が発表されたが、1日目の家族支援に始まり、就職支援、ホームレスのための住宅支援、ホームレスのための歯科治療支援など、支援内容は多岐にわたる。

 人を助ける手段や方法は様々だ。また、支援を求める人の理由も様々だ。そして貧困が今年も増大してしまった理由も様々だが、ひとつでも多くの問題を解決し、「貧困増加をさせない社会作り」については急務であり、優先順位のナンバーワンだと感じる。年の瀬、私自身もこれから支援する先を考えたいと思う。

HandUp ホームページ:https://handup.org/12daysofgiving

自立への道の「希望」を生む、ホームレス村

https://bizseeds.net/articles/566

米オレゴン州のユージーン。リベラルなこの土地らしいホームレス村が誕生し、話題になっている。すべてを失い、絶望の淵にある人たちに最も必要なものは「希望」。そう考えるコミュニティーの取り組みとは?

貧困層に関する記事 >

この記事の寄稿者

カリフォルニア大学バークレー校、大阪外国語大学大学院を卒業。2009年任天堂DSゲーム「ガールズ・モード」の編訳チームに参加、アプリ「DoggyDoc」の英語版ローカライゼーションを担当。2014年、現代日本詩集『トカゲのテレパシー、キツネのテレパシー』をChin Music Press社から出版。2016年には『京都・有次の包丁案内』(小学館) の翻訳チームにも加わった。現在アメリカ大手保険会社のリクルーターとして、目標達成術とモチベーション術を指導している。芸術、自己啓発系の文学を愛読し、日本文化にも造詣が深い。米国ワシントン州シアトル市に在住。

関連する投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


大声で歌っても同居人に迷惑が掛からない優れモノ

大声で歌っても同居人に迷惑が掛からない優れモノ

「人目を気にせず、大声で歌いたい!」、「上司の悪口を大声で叫びたい」などと思っても、それをする場所に困る人が多いはず。そんな世界共通の悩みを解消してくれる、お手軽グッズを紹介しよう。これで部屋の壁の薄さを心配することなく、大声で歌って日々のストレスを解消できる?!


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


【Red vs. Blue】移民を守ろうとするカリフォルニア州をトランプ政権が告訴?!

【Red vs. Blue】移民を守ろうとするカリフォルニア州をトランプ政権が告訴?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は不法移民の取り締まりを強化するトランプ政権が、カリフォルニア州を訴えたという仰天ニュースについて。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング