学生たちのスタディー・スペース 「みんな、どこで勉強しているの?」

学生たちのスタディー・スペース 「みんな、どこで勉強しているの?」

アメリカ東海岸の寄宿学校を卒業後、難関コロンビア大学バーナードカレッジに入学した日本の若者は、アメリカの若者をどう見るか? 次世代を動かすアメリカの姿を紹介する光田有希の『取説:アメリカの若者たち』。アメリカでは自主的に勉強する学生が多く、それぞれがお気に入りの場所があるようだ。勉強が捗るのは、どんな場所なのだろうか。


アメリカの学生達が好む場所

 日本の友達から、よく「いつも、どこで勉強しているの?」と、聞かれる。アメリカでの学生生活5年目にして改めて気づいたのは、アメリカと日本の学生向けスタディー・スペースの数とクオリティーの違いである。 「スタディー・スペース」とは、学生や社会人が勉強で利用する場所のことだが、日本とアメリカでは、同じ世代の若者が持つスタディー・スペースのイメージがかなり異なる。

 日本でスタディー・スペースとして人気なのは、カフェなど飲食の提供がある店だ。「このカフェは落ち着いていて、長時間勉強していても怒られない」、「コンセントがあるカフェに行きたい」などといった話をよく聞く。特に都市部では、カフェ好きな学生は多いだろう。

 一方、アメリカの学生が好むスタディー・スペースは、圧倒的に図書館だ。大学や公共の図書館は、日本のそれよりもはるかに充実している。その上、図書館の規模が日本よりも大きい場合がほとんどなので、学生たちは自分の学習ニーズによって図書館内の場所を変えたり、異なる図書館に移動したりすることも可能だ。

歴史や個性溢れる数々の図書館で

 アメリカの大学の図書館について私が驚いたのは、その施設の数と蔵書の充実度だ。実際、コロンビア大学には21もの図書館があり、その中には大学院や専門の図書館も多い。例えばエンジニア専門の図書館があったり、東アジアに関する書物を専門に所蔵する建物もある。もちろん本や資料目当てでその図書館を利用する学生もいるが、ひとつひとつのライブラリーが違った雰囲気を持っているので、気分や目的によって場所を変えることができるのも嬉しい。また、同じ図書館であっても、部屋やその中の区域によってルールや雰囲気が異なることもある。自分のニーズにあったお気に入りのスタディー・スペースを探すため、学生たちは入学して最初の数週間はいろんな図書館やスペースを利用する。「この部屋は静かすぎる」とか、「もっと自然光があるところがいい」といった個人の好みも、選択肢がたくさんあるからこそ言えるわがままなのかもしれない。

 こんなにも図書館の数やバリエーションが多いというのに、期末前や週末ともなれば、人気のスペースや部屋はすぐに満席になる。24時間オープンしている図書館でも、夜遅くにいい席を見つけるのはなかなか難しい。座る場所を見つけられない「スタディー・スペース難民」は、図書館の通路に座って(本でも読みながら)辛抱強く席が空くのを待つか、さもなければ肩を落として部屋に戻ることになる。

 私の通っていたボーディング・スクール(寮のある学校)でも感じたことだが、アメリカ人にとってスタディー・スペースの充実度は、学校を選ぶ上でとても重要なポイントだ。大学の見学ツアーでも、図書館の説明や、どこで勉強する人が多いかなどの情報はしっかりと提供される。歴史ある図書館や建物は外見も壮麗で美しく、学校のシンボルになることもある。なかでも私が一番驚いたのは、イエール大学にある冷戦中に建てられた図書館だ。どこかのカテドラルを思わせるような荘厳な図書館だが、それは原子爆弾にも耐えられるよう地下深くに建造されていた。長い歴史を持つ大学には、時代の流れに左右されながらも、今なお愛される図書館があるのだ。

 お金を出さないと利用できないカフェなどではなく、学生証さえあれば24時間利用できる図書館を、日本ももっと充実させたらどうだろう。

アメリカの若者に人気の浪人生活?! 「ギャップ・イヤー」って何?

https://bizseeds.net/articles/337

 「浪人生活、大変だったね」、「三浪してまで国立大学を目指して凄いね」。こんな言葉が日本の大学生や受験生の周りではよく飛び交っている。浪人生たちは予備校に通い、翌年の大学受験を目指す。浪人する……。

学生に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


学生 教育

関連する投稿


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

 アメリカの政府関連施設は、一般に内部を公開している機関も少なくない。施設見学に加えて、その機関ならではの「不思議なお土産」に出会えるのも魅力のひとつだ。その一部を紹介しよう。


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

日本、欧州、そしてアメリカを舞台にグローバルな視点でビジネスを展開する著者が、日本人がアメリカで勝負するために不可欠な常識をお伝えする倉地愛の『アメリカ起業指南』。相手の顔色を伺い過ぎる傾向がある日本人ビジネスマン。アメリカの商談で気にするべき箇所は、そこではない!






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング