学生たちのスタディー・スペース 「みんな、どこで勉強しているの?」

学生たちのスタディー・スペース 「みんな、どこで勉強しているの?」

アメリカ東海岸の寄宿学校を卒業後、難関コロンビア大学バーナードカレッジに入学した日本の若者は、アメリカの若者をどう見るか? 次世代を動かすアメリカの姿を紹介する光田有希の『取説:アメリカの若者たち』。アメリカでは自主的に勉強する学生が多く、それぞれがお気に入りの場所があるようだ。勉強が捗るのは、どんな場所なのだろうか。


アメリカの学生達が好む場所

 日本の友達から、よく「いつも、どこで勉強しているの?」と、聞かれる。アメリカでの学生生活5年目にして改めて気づいたのは、アメリカと日本の学生向けスタディー・スペースの数とクオリティーの違いである。 「スタディー・スペース」とは、学生や社会人が勉強で利用する場所のことだが、日本とアメリカでは、同じ世代の若者が持つスタディー・スペースのイメージがかなり異なる。

 日本でスタディー・スペースとして人気なのは、カフェなど飲食の提供がある店だ。「このカフェは落ち着いていて、長時間勉強していても怒られない」、「コンセントがあるカフェに行きたい」などといった話をよく聞く。特に都市部では、カフェ好きな学生は多いだろう。

 一方、アメリカの学生が好むスタディー・スペースは、圧倒的に図書館だ。大学や公共の図書館は、日本のそれよりもはるかに充実している。その上、図書館の規模が日本よりも大きい場合がほとんどなので、学生たちは自分の学習ニーズによって図書館内の場所を変えたり、異なる図書館に移動したりすることも可能だ。

歴史や個性溢れる数々の図書館で

 アメリカの大学の図書館について私が驚いたのは、その施設の数と蔵書の充実度だ。実際、コロンビア大学には21もの図書館があり、その中には大学院や専門の図書館も多い。例えばエンジニア専門の図書館があったり、東アジアに関する書物を専門に所蔵する建物もある。もちろん本や資料目当てでその図書館を利用する学生もいるが、ひとつひとつのライブラリーが違った雰囲気を持っているので、気分や目的によって場所を変えることができるのも嬉しい。また、同じ図書館であっても、部屋やその中の区域によってルールや雰囲気が異なることもある。自分のニーズにあったお気に入りのスタディー・スペースを探すため、学生たちは入学して最初の数週間はいろんな図書館やスペースを利用する。「この部屋は静かすぎる」とか、「もっと自然光があるところがいい」といった個人の好みも、選択肢がたくさんあるからこそ言えるわがままなのかもしれない。

 こんなにも図書館の数やバリエーションが多いというのに、期末前や週末ともなれば、人気のスペースや部屋はすぐに満席になる。24時間オープンしている図書館でも、夜遅くにいい席を見つけるのはなかなか難しい。座る場所を見つけられない「スタディー・スペース難民」は、図書館の通路に座って(本でも読みながら)辛抱強く席が空くのを待つか、さもなければ肩を落として部屋に戻ることになる。

 私の通っていたボーディング・スクール(寮のある学校)でも感じたことだが、アメリカ人にとってスタディー・スペースの充実度は、学校を選ぶ上でとても重要なポイントだ。大学の見学ツアーでも、図書館の説明や、どこで勉強する人が多いかなどの情報はしっかりと提供される。歴史ある図書館や建物は外見も壮麗で美しく、学校のシンボルになることもある。なかでも私が一番驚いたのは、イエール大学にある冷戦中に建てられた図書館だ。どこかのカテドラルを思わせるような荘厳な図書館だが、それは原子爆弾にも耐えられるよう地下深くに建造されていた。長い歴史を持つ大学には、時代の流れに左右されながらも、今なお愛される図書館があるのだ。

 お金を出さないと利用できないカフェなどではなく、学生証さえあれば24時間利用できる図書館を、日本ももっと充実させたらどうだろう。

アメリカの若者に人気の浪人生活?! 「ギャップ・イヤー」って何?

https://bizseeds.net/articles/337

 「浪人生活、大変だったね」、「三浪してまで国立大学を目指して凄いね」。こんな言葉が日本の大学生や受験生の周りではよく飛び交っている。浪人生たちは予備校に通い、翌年の大学受験を目指す。浪人する……。

学生に関する記事 >

この記事の寄稿者

1997年生まれ、19歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校。2017年9月からはニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジに入学予定。小さい頃からバレエとピアノを習い、今でもダンスや音楽に関わる活動を積極的に行っている。2014年には中高生による英語のパブリック・スピーキングのイベントを主催。大学では国際関係と教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連するキーワード


学生 教育

関連する投稿


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング