パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。保守でもリベラルでもない立場をとるアメリカ人の考えは、なかなか表に出てこない。中道派とは、どんな人たちなのだろう?


リベラル思考が極端な場所から引っ越して

 トランプ政権が誕生してから、年明けでちょうど1年になる。私にとって、トランプ政権誕生は悪夢の始まりであった。アジア系アメリカ人で移民、女性、起業家……。私の存在自体が、どれをとってもトランプ大統領を憎むべきグループのカテゴリーにハマってしまったためである。

 特に悲劇的だったのは、大統領選当時に住んでいた家の近所に、有名なリベラル活動家がいたことだ。それまでは、ほとんど話すらしたことがなかったのに、トランプが当選するや否や、彼女は毎日のように私の元を訪れ、ありとあらゆる集会に参加するよう言い続けた。のらりくらりと参加を断っているうちに、説教されるようになってしまい、日々彼女と顔を合わせるのが、とにかく苦痛だった。

 幸い様々な理由で私達一家は引っ越しを決めていたので、そんな攻撃からはすぐに開放されたが、怒り続けている彼女の顔は一生忘れられそうにない。

同じ悩みを抱えていたゲイのカップル

 周囲には、私と同じような問題を抱える人たちもいた。特に印象的だったのは、長女のクラスメートの父親たちと自分の悩みが同じだったことだ。この「父親たち」とは、ゲイのカップルだ。学校の送り迎えや行事を通じて、とても仲良くしていた人たちで、ゲイであること以外は普通の親と何も変わらず、子供を愛する素晴らしい父親だった。彼らもまた、私と同じような時期にカナダへ引っ越してしまったが、引っ越した理由は住んでいた地域のリベラル思考に対して違和感が生まれたことが大きな要因だったという。

 彼らの場合はゲイであることを理由に、あらゆる「集会」に勧誘され続けていた。「ゲイなのだから、トランプは敵だ」、「同性愛やトランスジェンダーたちの権利を脅かされないために、戦おう」―――そんな誘いが毎日続いたと言う。しかし、彼らは「性的マイノリティのすべてが、マスメディアなどで取り上げられるような主張を持っているとは限らない」と口にしていた。特に子供を対象にしたトランスジェンダー教育については、彼らはリベラル優位の教育方針に大きな疑問さえ持っていた。

ゲイが超リベラルとは限らない

 彼らが引っ越さなければならないほどに苦痛になったのは、選挙後に激化していった「ジェンダー教育論争」からだった。

 私たちが暮らしていた地域は、シアトル近郊の中でも特にリベラル派が強いベインブリッジ島という場所だったのだが、教育指導の方針が変わり、日本で言うところの小学校1年生から「性の多様性は守られるべきであり、性は誰もが自由に選べる」ということを教えることが決まったのである。これが決まったのは選挙前だが、当時はこの決定を疑問視する声が多く、「中学校の高学年や高校生向けには大切かもしれないが、小学校低学年には不要なのではないか」という意見が多数を占めていた。

 ところが、トランプ大統領が「マイノリティの敵」とイコールのように日々報道されはじめると、事態は変わった。誰もが小学校低学年に「性別は選べる」ということを教えることについて、疑問を持たなくなったのである。しかも、PTAはゲイのカップル二人を担ぎ上げて、「マイノリティ教育を推進するアイコン」のように持ち上げだしたのだ。

 ところが、そのカップルだけは変わらなかった。彼らは選挙後も、「マイノリティ教育は段階を踏むべきであり、小学校低学年には早すぎる」という意見を崩すことはなかった。彼らは言った。「自分たちはゲイである前に子供の親だ。小学1年生が性別は選べるということの真意を理解するとは思えない」と。そして、「すべてのゲイがリベラル派だというのは、大きな誤解だ」とも。

アメリカにおける中道の定義とは?

 アメリカは極端な国である。沿岸都市部のリベラル派が非常に強い地域に住んでいれば、保守派の考えは全く理解できないという人が圧倒的多数だろう。また同様に、南部のバイブルベルトと呼ばれる、キリスト教信仰が特に強い保守派の地域に住めば、リベラルにはほとんど出会わないと言ってもよいかもしれない。

 しかし、この国は広い。なかには「中道」と呼ばれるような人もいるのだ。中道といっても、保守派の考え、リベラル派の考えを完全に半々に持つという意味ではない。完全に「ど真ん中」ということなど、あり得ないからだ。それを踏まえて定義するなら、中道とは「ひとつの思想傾向には偏らず、保守、リベラルの様々な部分を選択し、自分の見解にあてはまることであれば柔軟に受け入れる人」と、なるだろうか。

 アメリカにおける「多様性」が、この国の真の強さとするのであれば、私たちに必要なのは保守対リベラルという戦いではなく、異なるものに対する寛容性なのではないかと強く思う。今のところ、表立って中道的意見を口にする人は少ないが、自ら中道と思える人たちが、少しずつ声を上げていくことは大事なことなのかもしれないと感じている。

幼稚園児に性教育「生殖器では性別を判断できない」

https://bizseeds.net/articles/331

米国最大の家族計画支援非営利組織である米国家族計画連盟(PPFA)が発表した新指導要綱で、幼児教育の際に「生殖器と性アイデンティティーは必ずしも一致するものではないことを念頭におくように」と保護者へ注意を促したことが論議を呼んでいる。

子供に関する記事 >

この記事の寄稿者

青山学院大学卒業。コマーシャルなどの映像コーディネーターを経て1998 年、宝塚歌劇団香港公演の制作に参加。その後プロデューサーに転身。株式会社MJ コンテスほか複数企業の代表として、ネバダ州立大学公認のピラティススタジオ日本進出事業や各種研修事業、2007 年に行われた松任谷由実の 「ユーミン・スペクタクル シャングリラⅢ」をはじめとする国内外の舞台・イベント制作など、さまざまな事業を展開。これまでにベストセラー数冊を含む70以上の書籍、DVD 作品を企画、プロデュース。現在も様々な事業を展開しながら“Go Tiny”(大切なものが、すべて半径5メートル以内にあることに気づこう!の意)というライフスタイルの提案も展開中。

関連する投稿


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。新年の初回はテキサスで行われている裁判、「6才男児はトランスジェンダーなのか、否か」が全米の注目を集めていることについて紹介しよう。


2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。2019年は米大統領選挙の前年。次期大統領候補者についての話題が増えるのは必須だ。ますます国の分断が進みそうな予感だが……?


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

アメリカではホリデーシーズンに集まる親族や友人たちと食後のテーブルを囲んでボードゲームを楽しむことが多い。デジタル化が進んだ今でもその需要は高いが、世相を表すものは特に人気がある。そんな中、特に注目されているトランプ大統領関連ゲームを紹介しよう。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング