アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

次々と「新しい食べ物」が現れるアメリカのフード業界。2017年のアメリカで最も話題になった新フードやドリンクの「2017ベスト・トレンド20」に、日本食をベースにした「新フード」が選ばれた。


ベスト・フードは「スシ・バーガー」?!

 ELLEやコスモポリタンなどの有名月刊誌を数多く出版する大手ハースト・マガジン社は、オンライン・マガジンも広く手掛けている。そのなかでも、フード専門の「delish.com」は特に人気の高いサイトだ。この「delish.com」が選んだ今年の「ベスト&ワースト・トレンド20」の新しいフードやドリンクの中に、日本人には馴染みの深いものがいくつも並んだ。

 今年、最もトレンディーだったベスト・フードは「Sushi Barger(スシ・バーガー)」(※写真)。ハンバーガーのバンズ部分がライスで作られている。これは日本のファストフード・チェーンなどで提供されている「ライス・バーガー」とは異なり、バンズは白飯や玄米ご飯でも、中身は寿司ロールの具だ。つまり、アメリカの寿司屋で人気のマグロの刺身を東南アジアのスパイシーソースであえた「スパイシーツナ」やエビの天ぷら、スライスしたアボカド、韓国料理に欠かせない緑色の海藻サラダなどが入っているのである。もちろん、バンズも中身も店ごとにバラエティーに富んでおり、バンズ部分の白飯にふりかけを混ぜたり、油でこんがり揚げてクリスピーなバンズにしたり、中身にハワイ名物のマグロのポケを入れたりと、それぞれだ。

 この「スシ・バーガー」は、カラフルで見栄えがいい。それでインスタグラムを賑わせたため、全米各地のレストランがスシ・バーガーを次々とメニューに導入。その上、多くのインスタグラマーが、「スシ・バーガーはインスタ映えするだけでなく、どれも写真と同じくらい美味しい」などとコメントしたため、ブームに火がついた。

コンブ茶や抹茶がベスト・ドリンクに!

 アメリカは健康志向が高まり、高級スーパーマーケットの「ホールフーズ」や、オーガニック食品を多く扱う「トレーダー・ジョーズ」などで販売されるドリンク類は常に注目される。その中で今年は、冷たい「コンブ茶」が大ヒットした。ご存知かと思うが、ここで言うコンブ茶は、昆布茶とは異なり、いわゆる「紅茶キノコ・ドリンク」を指す。以前からアメリカでは、「Kombucha」という名称でジワジワと人気を博していたが、これほどまで知名度が広がったのは、発酵食品が注目されはじめたからであろう。

 コンブ茶は「むくみ」や「胸焼け」に効くと評判だが、アメリカでは抗酸化物質の塊だとして知られる抹茶もベストテンに入った。今や、抹茶はアメリカで完全に市民権を得たが、「朝のラテの代わりに、抹茶ドリンクを頼む方がヘルシー」だと言われるようになってからは、ドリンクとしてだけでなく、クッキーやマフィンのフレーバーとしても広く使われるようになった。

 今年のベスト10内に、日本食関連が3品も選ばれたということは、アメリカも本格的に日本食の良さに気付いたということの現れかもしれない。来年はどんなニュー・フードが現れるのだろうか?

多忙なニューヨーカーに人気! 食べ歩きできる「パスタ」

https://bizseeds.net/articles/489

 流行に敏感なニューヨーカーたちの間で現在人気沸騰中なのが、食べ歩きできる「パスタ」。

食に関する記事 >

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味ある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング