アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

次々と「新しい食べ物」が現れるアメリカのフード業界。2017年のアメリカで最も話題になった新フードやドリンクの「2017ベスト・トレンド20」に、日本食をベースにした「新フード」が選ばれた。


ベスト・フードは「スシ・バーガー」?!

 ELLEやコスモポリタンなどの有名月刊誌を数多く出版する大手ハースト・マガジン社は、オンライン・マガジンも広く手掛けている。そのなかでも、フード専門の「delish.com」は特に人気の高いサイトだ。この「delish.com」が選んだ今年の「ベスト&ワースト・トレンド20」の新しいフードやドリンクの中に、日本人には馴染みの深いものがいくつも並んだ。

 今年、最もトレンディーだったベスト・フードは「Sushi Barger(スシ・バーガー)」(※写真)。ハンバーガーのバンズ部分がライスで作られている。これは日本のファストフード・チェーンなどで提供されている「ライス・バーガー」とは異なり、バンズは白飯や玄米ご飯でも、中身は寿司ロールの具だ。つまり、アメリカの寿司屋で人気のマグロの刺身を東南アジアのスパイシーソースであえた「スパイシーツナ」やエビの天ぷら、スライスしたアボカド、韓国料理に欠かせない緑色の海藻サラダなどが入っているのである。もちろん、バンズも中身も店ごとにバラエティーに富んでおり、バンズ部分の白飯にふりかけを混ぜたり、油でこんがり揚げてクリスピーなバンズにしたり、中身にハワイ名物のマグロのポケを入れたりと、それぞれだ。

 この「スシ・バーガー」は、カラフルで見栄えがいい。それでインスタグラムを賑わせたため、全米各地のレストランがスシ・バーガーを次々とメニューに導入。その上、多くのインスタグラマーが、「スシ・バーガーはインスタ映えするだけでなく、どれも写真と同じくらい美味しい」などとコメントしたため、ブームに火がついた。

コンブ茶や抹茶がベスト・ドリンクに!

 アメリカは健康志向が高まり、高級スーパーマーケットの「ホールフーズ」や、オーガニック食品を多く扱う「トレーダー・ジョーズ」などで販売されるドリンク類は常に注目される。その中で今年は、冷たい「コンブ茶」が大ヒットした。ご存知かと思うが、ここで言うコンブ茶は、昆布茶とは異なり、いわゆる「紅茶キノコ・ドリンク」を指す。以前からアメリカでは、「Kombucha」という名称でジワジワと人気を博していたが、これほどまで知名度が広がったのは、発酵食品が注目されはじめたからであろう。

 コンブ茶は「むくみ」や「胸焼け」に効くと評判だが、アメリカでは抗酸化物質の塊だとして知られる抹茶もベストテンに入った。今や、抹茶はアメリカで完全に市民権を得たが、「朝のラテの代わりに、抹茶ドリンクを頼む方がヘルシー」だと言われるようになってからは、ドリンクとしてだけでなく、クッキーやマフィンのフレーバーとしても広く使われるようになった。

 今年のベスト10内に、日本食関連が3品も選ばれたということは、アメリカも本格的に日本食の良さに気付いたということの現れかもしれない。来年はどんなニュー・フードが現れるのだろうか?

多忙なニューヨーカーに人気! 食べ歩きできる「パスタ」

https://bizseeds.net/articles/489

 流行に敏感なニューヨーカーたちの間で現在人気沸騰中なのが、食べ歩きできる「パスタ」。

食に関する記事 >

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味ある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング