アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

次々と「新しい食べ物」が現れるアメリカのフード業界。2017年のアメリカで最も話題になった新フードやドリンクの「2017ベスト・トレンド20」に、日本食をベースにした「新フード」が選ばれた。


ベスト・フードは「スシ・バーガー」?!

 ELLEやコスモポリタンなどの有名月刊誌を数多く出版する大手ハースト・マガジン社は、オンライン・マガジンも広く手掛けている。そのなかでも、フード専門の「delish.com」は特に人気の高いサイトだ。この「delish.com」が選んだ今年の「ベスト&ワースト・トレンド20」の新しいフードやドリンクの中に、日本人には馴染みの深いものがいくつも並んだ。

 今年、最もトレンディーだったベスト・フードは「Sushi Barger(スシ・バーガー)」(※写真)。ハンバーガーのバンズ部分がライスで作られている。これは日本のファストフード・チェーンなどで提供されている「ライス・バーガー」とは異なり、バンズは白飯や玄米ご飯でも、中身は寿司ロールの具だ。つまり、アメリカの寿司屋で人気のマグロの刺身を東南アジアのスパイシーソースであえた「スパイシーツナ」やエビの天ぷら、スライスしたアボカド、韓国料理に欠かせない緑色の海藻サラダなどが入っているのである。もちろん、バンズも中身も店ごとにバラエティーに富んでおり、バンズ部分の白飯にふりかけを混ぜたり、油でこんがり揚げてクリスピーなバンズにしたり、中身にハワイ名物のマグロのポケを入れたりと、それぞれだ。

 この「スシ・バーガー」は、カラフルで見栄えがいい。それでインスタグラムを賑わせたため、全米各地のレストランがスシ・バーガーを次々とメニューに導入。その上、多くのインスタグラマーが、「スシ・バーガーはインスタ映えするだけでなく、どれも写真と同じくらい美味しい」などとコメントしたため、ブームに火がついた。

コンブ茶や抹茶がベスト・ドリンクに!

 アメリカは健康志向が高まり、高級スーパーマーケットの「ホールフーズ」や、オーガニック食品を多く扱う「トレーダー・ジョーズ」などで販売されるドリンク類は常に注目される。その中で今年は、冷たい「コンブ茶」が大ヒットした。ご存知かと思うが、ここで言うコンブ茶は、昆布茶とは異なり、いわゆる「紅茶キノコ・ドリンク」を指す。以前からアメリカでは、「Kombucha」という名称でジワジワと人気を博していたが、これほどまで知名度が広がったのは、発酵食品が注目されはじめたからであろう。

 コンブ茶は「むくみ」や「胸焼け」に効くと評判だが、アメリカでは抗酸化物質の塊だとして知られる抹茶もベストテンに入った。今や、抹茶はアメリカで完全に市民権を得たが、「朝のラテの代わりに、抹茶ドリンクを頼む方がヘルシー」だと言われるようになってからは、ドリンクとしてだけでなく、クッキーやマフィンのフレーバーとしても広く使われるようになった。

 今年のベスト10内に、日本食関連が3品も選ばれたということは、アメリカも本格的に日本食の良さに気付いたということの現れかもしれない。来年はどんなニュー・フードが現れるのだろうか?

多忙なニューヨーカーに人気! 食べ歩きできる「パスタ」

https://bizseeds.net/articles/489

 流行に敏感なニューヨーカーたちの間で現在人気沸騰中なのが、食べ歩きできる「パスタ」。

食に関する記事 >

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味ある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。






最新の投稿


アメリカでシェイプウェアーがうける理由

アメリカでシェイプウェアーがうける理由

「美しく見られたい」と日々努力を続ける人たちはどの国にも大勢いるが、理想の体型はそう簡単には手に入らない。合理的なことを好むアメリカでは、着るだけで一回りは細く見えるシェイプウエアーの売上が好調だ。


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


眠りのIQが高まる、究極のベッド

眠りのIQが高まる、究極のベッド

「睡眠IQ」を高めるという、ハイテクなベッドが話題を呼んでいる。「このベッドで毎晩眠ることで、人生そのものの質が変わる」と言われる理由とは? 人気の秘密に迫ってみよう。


今週の選択「電車に乗って」:2018年4月23日~4月29日

今週の選択「電車に乗って」:2018年4月23日~4月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「今週の選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて今週、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング