超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。


分かりにくいアメリカの法律

 アメリカでは急速に、マリファナの合法化が進んでいる。2017年現在、首都ワシントンD.C.を含む9つの州で嗜好目的のマリファナが合法、20州で処方箋があれば合法となっており、この流れは今後も加速することが予測されている。経済誌『フォーブス』が最近発表した調べによると、世界の合法大麻市場は、2021年には314億ドル(約3兆5,700億円)規模にまで成長する見通しだ。現在の市場規模はおよそ77億ドルと推定されるが、その中でもアメリカのマリファナ売上高はダントツの世界一。現在、全市場の90%を米国市場が占めているという。

 とは言え、アメリカの連邦法ではマリファナは違法だ。州法では良いとされているが、国の法律では所持も吸引も認められていない。アメリカは文字通りの「合衆国」で、州ごとに法律も異なる。そのため連邦法では違法でも、州法では合法、あるいはその逆といった非常に分かりにくい法の仕組みがまかり通っている。また、たとえ合法化されている州でも、マリファナ店などが出来る度に反対運動が起きるなど、市民の反応もそれぞれだ。合法化され、市場拡大の予測がたっても、必ずしもアメリカ国民の誰もがマリファナを歓迎しているものではない。

 こうした分かりにくい背景もあるが、マリファナが一般に入手しやすくなっていることは事実である。なかには驚くような豪華なブティックまで登場している。まずはこの映像を見て欲しい。

マリファナ・ソムリエがおもてなし

 この店の名は「Diego Pellicer」。マリファナ店というと、合法であっても「隠れて吸うもの」という社会的なイメージも手伝って、これまでは無機質で殺風景な店舗が大半だった。しかし、最近はマリファナ店も大きく変わってきており、「世界一ラグジュアリーなマリファナ店」という呼び声が高いDiego Pellicerには、圧巻の高級感が漂っている。さながら高級ブランド・ブティックのような佇まいだ。

 オーナーのアレハンドロ・カント氏は若干23歳。店はワシントン州シアトルの中でも注目のエリア、ソード―にある。取り扱うマリファナは、どれも最高品質のものばかり。カント氏は紳士たちが葉巻を「たしなむ」ような文化を、マリファナ市場にもたらした業界の風雲児として、たびたびメディア各紙にも登場している。広々とした店舗、バーを思わせるカウンター、美しいショーケース。商材を説明されずに店内の映像をみたら、この店をマリファナ店だと言う人は少ないだろう。なかには数千ドルもする高級マリファナも販売しており、来店するとマリファナ・ソムリエが、そのセレクションを丁寧に説明してくれるという。

 日本でマリファナがすぐに合法になることはないだろうし、日本人は例え合法地域であっても海外でマリファナを購入することは許されない。なぜならば、日本ではマリファナを所持し、譲受、譲り渡したものは5年以下の懲役に処されるためである。これは刑法2条によって国外でも適応される。

 今回はアメリカ社会の文化の一部として同情報をお届けしているが、くれぐれも旅行先でマリファナを買わないように注意しよう。マリファナ成分含有のリラクセーション・マッサージクリームなども売っているが、そうした商材も日本人の購入は禁止されている。合法であるべきか否か――世界規模で未だに賛否両論の論争が続くマリファナ解禁問題。今後、予想通りに市場は拡大するのだろうか

マリファナ合法の州ではジャンクフードの売上げが上昇?!

https://bizseeds.net/articles/434

 海外のコメディー映画やドラマで「マリファナを吸って夜中にファストフードのテイクアウトをする」とか、「ハイになってハンバーガーやドーナツを暴食する」というシーンを見たことはないだろうか? 

薬物・ドラッグに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。


トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はトランスジェンダーの不法移民専用の収容施設が米国民のホームレスより環境が良いのはおかしいだろうという保守派の声について。


不法移民と合法移民は違うのに

不法移民と合法移民は違うのに

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。極端にリベラルな人の中には、なぜか不法移民と合法移民は同じと考える人がいる。しかし、そこで正しい意見を言うと命の危険も?


なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はかなり保守的な南部アーカンソー州でも、医療マリファナが合法になったことについて。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回は著者と同じ大学に通っていた女子学生が大学キャンパスのすぐそばで殺害された事件と、それにまつわる周囲の反応を紹介する。


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング