超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。


分かりにくいアメリカの法律

 アメリカでは急速に、マリファナの合法化が進んでいる。2017年現在、首都ワシントンD.C.を含む9つの州で嗜好目的のマリファナが合法、20州で処方箋があれば合法となっており、この流れは今後も加速することが予測されている。経済誌『フォーブス』が最近発表した調べによると、世界の合法大麻市場は、2021年には314億ドル(約3兆5,700億円)規模にまで成長する見通しだ。現在の市場規模はおよそ77億ドルと推定されるが、その中でもアメリカのマリファナ売上高はダントツの世界一。現在、全市場の90%を米国市場が占めているという。

 とは言え、アメリカの連邦法ではマリファナは違法だ。州法では良いとされているが、国の法律では所持も吸引も認められていない。アメリカは文字通りの「合衆国」で、州ごとに法律も異なる。そのため連邦法では違法でも、州法では合法、あるいはその逆といった非常に分かりにくい法の仕組みがまかり通っている。また、たとえ合法化されている州でも、マリファナ店などが出来る度に反対運動が起きるなど、市民の反応もそれぞれだ。合法化され、市場拡大の予測がたっても、必ずしもアメリカ国民の誰もがマリファナを歓迎しているものではない。

 こうした分かりにくい背景もあるが、マリファナが一般に入手しやすくなっていることは事実である。なかには驚くような豪華なブティックまで登場している。まずはこの映像を見て欲しい。

マリファナ・ソムリエがおもてなし

 この店の名は「Diego Pellicer」。マリファナ店というと、合法であっても「隠れて吸うもの」という社会的なイメージも手伝って、これまでは無機質で殺風景な店舗が大半だった。しかし、最近はマリファナ店も大きく変わってきており、「世界一ラグジュアリーなマリファナ店」という呼び声が高いDiego Pellicerには、圧巻の高級感が漂っている。さながら高級ブランド・ブティックのような佇まいだ。

 オーナーのアレハンドロ・カント氏は若干23歳。店はワシントン州シアトルの中でも注目のエリア、ソード―にある。取り扱うマリファナは、どれも最高品質のものばかり。カント氏は紳士たちが葉巻を「たしなむ」ような文化を、マリファナ市場にもたらした業界の風雲児として、たびたびメディア各紙にも登場している。広々とした店舗、バーを思わせるカウンター、美しいショーケース。商材を説明されずに店内の映像をみたら、この店をマリファナ店だと言う人は少ないだろう。なかには数千ドルもする高級マリファナも販売しており、来店するとマリファナ・ソムリエが、そのセレクションを丁寧に説明してくれるという。

 日本でマリファナがすぐに合法になることはないだろうし、日本人は例え合法地域であっても海外でマリファナを購入することは許されない。なぜならば、日本ではマリファナを所持し、譲受、譲り渡したものは5年以下の懲役に処されるためである。これは刑法2条によって国外でも適応される。

 今回はアメリカ社会の文化の一部として同情報をお届けしているが、くれぐれも旅行先でマリファナを買わないように注意しよう。マリファナ成分含有のリラクセーション・マッサージクリームなども売っているが、そうした商材も日本人の購入は禁止されている。合法であるべきか否か――世界規模で未だに賛否両論の論争が続くマリファナ解禁問題。今後、予想通りに市場は拡大するのだろうか

マリファナ合法の州ではジャンクフードの売上げが上昇?!

https://bizseeds.net/articles/434

 海外のコメディー映画やドラマで「マリファナを吸って夜中にファストフードのテイクアウトをする」とか、「ハイになってハンバーガーやドーナツを暴食する」というシーンを見たことはないだろうか? 

薬物・ドラッグに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング