アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


巨匠モーリス・ホワイトが日本で地震を初体験

 前回のコラムにて、私とEarth, Wind & Fire(EWF)の出会いを紹介させていただいた。その中で、病気のためツアーから引退したEWFの創設者、モーリス・ホワイトが、引退から数年後に日本公演のためだけに来日したと書いたが、私はその日本ツアーに帯同した。

 モーリス・ホワイトがパーキンソン病を発症してから10年ほど経っていた頃で、舞台での大きな動きは可能でも、物を掴むなどの小さな動きが困難だった。コンーサートでは他のメンバーと数曲歌ってから一旦舞台の袖にはけて、また終演間近に姿を見せて、お客様を喜ばせていた。これが モーリスの最後の舞台だとあって、EWFのファンたちは熱狂しながらも、優しさと尊敬の気持ちを持って彼を見守っていた。

 そのツアーでは、東京、大阪、名古屋をまわった。名古屋公演後、ホテルに戻り、メンバーやクルーの面々はホテルのラウンジでほっと一息入れたのち、それぞれの部屋に戻って行った。
 しかし、それから約2時間後、強めの地震が発生したのだ。私たち日本人スタッフは、ホテルの近くで食事をして、ロビーに戻ってきたところで強い揺れを感じた。

 揺れが収まって間もなくすると、アメリカ人のクルー数人とモーリス、バーディン、そしてバンドのメンバー数人がロビーに降りてきた。ほとんどが地震を体験するのは初めで、怖くて部屋にいられなかったのだ。 モーリスは彼自身の希望で和室に宿泊していたが、地震の恐怖でその部屋を楽しむどころではなかったそうだ。

 みんなで集まったままロビーで昔の思い出話に花が咲き、冗談も飛び交ったが、まだ彼らは「自分の部屋に戻るのは怖い」ということで、真剣な面持ちでホテルのスタッフに「ロビーで寝たいので毛布と枕を」と、お願いした。モーリスは、畳の部屋で布団を敷いて寝ることを大変楽しみにしていたので、「ロビーには畳マットはないけれど、ここに布団を敷けば同じだよね」と、本気で私に聞いてきた。私が「もう揺れも収まったから、そろそろ部屋に帰っても大丈夫。明日があるから、みなさんおやすみください」と説得しても、一向に部屋に戻ろうとしない。 私たちスタッフは立場上、彼らを残して部屋に戻るわけにもいかず、ロビーで彼らと一緒に2時間ほど過ごし、やっとモーリスが部屋に戻る決心をしたのをきっかけに各自が部屋へと戻って行った。モーリスは、「今日もいろいろありがとう。 地震は収まったという君の言葉を信じるよ。君も疲れたでしょう。おやすみなさい。本当にありがとう」と言い、ゆっくり、ゆっくりエレベーターに向かって歩き始めた。

「ドリーム・ジョブ」を離れても

 「ドリーム・ジョブ」と呼ばれていたEWFの仕事を自ら辞めた私だが、彼らに対する尊敬と畏怖の念は、モーリス最後の日本ツアーの時も、そして今現在もまったく変わらない。モーリスは、バンドリーダーとして信望が熱く、アーティストとしての才能もビジネスマンとしての手腕を持ち、人数の多いバンドメンバーを統率する大きな力もあった。EWFは1983年から数年、ソロ活動期に入った。その間、バンドのメンバーたちは、フィリップ・ベイリーがフィル・コリンズのプロデュースでリリースした「イージー・ラバー」のようにヒット曲に恵まれたケースもあったが、ほとんどは羅針盤のない船のように方向を見失って苦労したと聞いている。

 EWF は1987年に活動を再開。1990年からはモーリスはプロデューサーとしても活躍したが、その頃から少しずつ病が忍び寄ってきていたのだろう。1994年にモーリスは完全にツアーから引退したが、その時はまだ53歳という若さだった。それから20数年、病気と戦いながらプロデューサーとして活動を続けた。10代からセッション・ドラマーとして活躍し、その後EWFのリーダーとして数々の名曲やヒット曲を生み出した才能の宝庫であったモーリスは、2016年2月4日、74歳でこの世から旅立った。

 モーリスの残した偉業は、 フィリップ・ベイリーや、弟バーディン・ホワイトたちによって歌い継がれ、現在も世界中の音楽ファンを楽しませている。彼らの音楽は何十年たっても色褪せることなく、たくさんのアーティストに影響を与えている。日本にもEWFの影響を受けたバンドや歌手は少なくないはずである。

 中学の時に初めて彼らの音楽に出会い、彼らの曲を聴くたびに心と体が喜びで踊り出す幸せを体験し、今でもその感覚は鮮明である。音楽は素晴らしいものだと思う。私は音楽を作ることや、演奏する才能には恵まれなかったが、EWFのような最高の才能を持つ集団のお手伝いをスタッフの一員としてできたことに心から感謝している。そして、この経験を生かし、社会に貢献できる自分を目指しながら前に進んでいきたいと思っている。

 『Shining Star』を聞くと、思わず笑顔になり、「なにも不可能なことはない」と思えてしまうから不思議だ。ああ、音楽って本当にすばらしい。

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い

https://bizseeds.net/articles/546

 先日のサンクスギビング(感謝祭)は、夫の家族が住むカリフォルニア州ベイエリアを訪ねた。今年はツアーとは重ならなかったので、久しぶりに家族とのターキー・ディナーを楽しむことができた。

エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

日本生まれ、日本育ち。東京を拠点に複数の大手音楽プロモーターに勤務してキャリアを積んだ後に渡米し、2001年にアメリカで独立。ファンクの巨匠「アース・ウィンド&ファイヤー」(Earth, Wind & Fire)のツアー・マネージャー兼プロモーター、R&Bの女王、メアリー・J・ブライジ(Mary J Blige)のツアー・コーディネーターなどを長きに渡って歴任。ビッグネームたちの舞台には欠かせない存在として、本場アメリカの一流の現場で活躍し続けている。音楽業界のほか、スポーツをはじめとする大型国際イベントなどのプロモーターとしても定評がある。ビジネスの現場はアメリカのみならず、日本、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアなど世界中。世界のエンターテインメント市場で一線を走り続けている、数少ない日本人の一人。

関連するキーワード


エンタメ業界 アメリカ人

関連する投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング