トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


トランプ大統領支援グループからの電話に驚く市民たち

 アメリカ人は報道の自由はもちろん、個人の言論の自由に関する権利をとても尊重する。政治家や文化人でなくても、政治や社会に関する意見をフェイスブックやツイッターなどのSNSを使って発信する人たちも多いし、それは誰かに管理されるべきものでもない。

 ところがこの数週間でトランプ大統領の支援グループを名乗る団体から電話が掛かってくる人たちが相次ぎ、SNSで騒ぎになっている。その電話は自動メッセージで内容はこうだ。

「やあ、私はトランプ・フォー・オフィス財団のラッセルです。今日の機嫌はいかがですか? さて、我々は最近のあなたのSNS投稿の内容が問題だと思い、電話をしました。この問題について少し話をする時間はありますか? 我々はあなたの複数の投稿をモニターしていますが、あなたはトランプ大統領に対してネガティブなコメントをしていますね? そうですよね? 我々はあなたに、トランプ大統領に対するネガティブで軽蔑的な投稿をやめてもらいたい。一体、何が問題なのですか? あなたはアメリカを再び偉大な国にしたくはないのですか? とにかく、あなたは警告を受けました。我々は今後もあなたを警戒します。では、良い1日を」。

 こんな自動メッセージ電話を受けて、驚かない訳がないだろう。

この警告は「悪ふざけのため」の電話ビジネス……

 実は、この自動電話を全米中の大勢の人々にランダムに届けたのは、「Ownage Pranks」という「悪ふざけ電話メッセージ・サービス」だ。アプリを使えば、このメッセージを自分が送りたい人へ送って相手を驚かせるというサービス、つまりジョークであり、同社はこのサービスの使用に当たっては「自分が知らない人にメッセージを送ってはならない」と規約している。

 この電話を受けたひとり、LGBTの権利を支持するウーバー運転手のブレット・ヴァンダーブロックさんは、「一種の脅迫だった。最初は言葉が出ないほど驚き、そのあとで怖くなった」ということをSNSでシェアーした。

 このような反応を受けて同社は、「このサービスはバカらしくなければ意味がない」と述べ、今回のようなシリアスな使用ができないように規約を改正したと発表した。師走の忙しいときに、まったくお騒がせなプランク(悪ふざけ)である。

引用元:Free Speech: Social Media Users Who Insult Trump Get a Warning in Creepy Phone Call

あれから1カ月、米大統領に中指を立てた女性に寄付殺到

https://bizseeds.net/articles/563

先月、米メディアを騒がせた一枚の写真がある。自転車を漕ぐヘルメット姿の中年女性が、黒塗りの米大統領車両に向かって左手の中指を立てた姿を捉えたものだが、その彼女の元に寄付が殺到しているという。

トランプ大統領に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

 年末のアメリカは、世の中に何かを還元するための寄付が盛んになる時期だ。アメリカには様々な活動を行う団体がたくさんあるが、なかでも今年、最も注目されたアイダホ州南西部に拠点を置く非営利団体を紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、大統領自身も自らを告発した女性たちの声を聞くべきだと発言したヘイリー米国連大使について、二者が意見を交わす。






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング