トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


トランプ大統領支援グループからの電話に驚く市民たち

 アメリカ人は報道の自由はもちろん、個人の言論の自由に関する権利をとても尊重する。政治家や文化人でなくても、政治や社会に関する意見をフェイスブックやツイッターなどのSNSを使って発信する人たちも多いし、それは誰かに管理されるべきものでもない。

 ところがこの数週間でトランプ大統領の支援グループを名乗る団体から電話が掛かってくる人たちが相次ぎ、SNSで騒ぎになっている。その電話は自動メッセージで内容はこうだ。

「やあ、私はトランプ・フォー・オフィス財団のラッセルです。今日の機嫌はいかがですか? さて、我々は最近のあなたのSNS投稿の内容が問題だと思い、電話をしました。この問題について少し話をする時間はありますか? 我々はあなたの複数の投稿をモニターしていますが、あなたはトランプ大統領に対してネガティブなコメントをしていますね? そうですよね? 我々はあなたに、トランプ大統領に対するネガティブで軽蔑的な投稿をやめてもらいたい。一体、何が問題なのですか? あなたはアメリカを再び偉大な国にしたくはないのですか? とにかく、あなたは警告を受けました。我々は今後もあなたを警戒します。では、良い1日を」。

 こんな自動メッセージ電話を受けて、驚かない訳がないだろう。

この警告は「悪ふざけのため」の電話ビジネス……

 実は、この自動電話を全米中の大勢の人々にランダムに届けたのは、「Ownage Pranks」という「悪ふざけ電話メッセージ・サービス」だ。アプリを使えば、このメッセージを自分が送りたい人へ送って相手を驚かせるというサービス、つまりジョークであり、同社はこのサービスの使用に当たっては「自分が知らない人にメッセージを送ってはならない」と規約している。

 この電話を受けたひとり、LGBTの権利を支持するウーバー運転手のブレット・ヴァンダーブロックさんは、「一種の脅迫だった。最初は言葉が出ないほど驚き、そのあとで怖くなった」ということをSNSでシェアーした。

 このような反応を受けて同社は、「このサービスはバカらしくなければ意味がない」と述べ、今回のようなシリアスな使用ができないように規約を改正したと発表した。師走の忙しいときに、まったくお騒がせなプランク(悪ふざけ)である。

引用元:Free Speech: Social Media Users Who Insult Trump Get a Warning in Creepy Phone Call

あれから1カ月、米大統領に中指を立てた女性に寄付殺到

https://bizseeds.net/articles/563

先月、米メディアを騒がせた一枚の写真がある。自転車を漕ぐヘルメット姿の中年女性が、黒塗りの米大統領車両に向かって左手の中指を立てた姿を捉えたものだが、その彼女の元に寄付が殺到しているという。

トランプ大統領に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は合意されたばかりの日米貿易協定を、政治的な見解が異なるアメリカ人たちがどう思っているかについて。


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング