「シリコンバレー」、なるほどトリビア

「シリコンバレー」、なるほどトリビア


 私とシリコンバレーを結ぶ縁は2004年、地元の名門アメリカン・フットボールチーム NFL『サンフランシスコ49ers』のチアリーダーに選ばれたことがきっかけだ。49ersチアリーダー引退後日本に戻って暮らしていた時期もあるが、チアリーダー時代に知り合った現在の主人、ITエンジニアのアメリカ人男性と結婚し、拠点をシリコンバレーに移してはや10年が経つ。
 私自身はITとは全くかけ離れた世界で生きてはいるものの、そんな夫と共に生活するうちに、自然とシリコンバレーの日常を吸収するに至った。現在はITビジネスやエンジニアリングに関わっていないからこその視点で、日本企業に向けてのマーケティング・コーディネーターもしている。
 シリコンバレーは、誰もがその名を知るであろう「IT業界の聖地」のような場所。しかし、ここに住んでいて思うことは、日本ではシリコンバレーの真実が意外と知られていないということだ。今日知っているようで知らないシリコンバレーの5つの特徴を紹介する。

1.地図上には存在しないシリコンバレー
 アメリカに来るまで、私はシリコンバレーを町の名前だと思っていた。しかし、シリコンバレーは都市名ではなく、サンフランシスコ~南のサンノゼ辺り(車で大体1時間半弱の距離)の地域の呼称で、地図上には存在しない。

2. シリコンバレーには外国人、特にアジア人が多い
 このシリコンバレーはとにかく「ダイバーシティ(多民族)」、つまり人種のるつぼだ。アジア人の中でも、数学に強いと言われているIT企業勤務の中国系やインド系の人たちが多く住んでいる。アメリカ全土の人種の比率と、Apple本社のあるクパチーノ市の比較してみよう。
白人:全米61% クパチーノ30% 
黒人:全米12% クパチーノ0.6% 
アジア人:全米6% クパチーノ65.6%
(データ『The Census Bureau, 2015』: https://www.census.gov/
このように、データで見ても、アジア人が突出して多く住んでいる地域のため、私自身もシリコンバレーに住んでいて、自分がマイノリティと感じることはない。

3.男性が多い
 男性人口が多いことから、シリコンバレーの町の一つである“サンノゼ”は“マンノゼ”と冗談で呼ぶ人さえいる。雇用されている25歳~34歳の未婚者の男女数を比較すると100人の女性に対して、男性は全米平均84人だが、サンノゼ市は115人と圧倒的に男性の数が上回る事が証明されている。そしてなんと、25歳~34歳の半分以上の男性が未婚なのだ。実際、夫の友人には40歳を過ぎて何年も、若しくは生まれてこの方ガールフレンドがいたことのない独身の男性がちらほらいる(悲)。
参考『CBS SF Bay Area』: http://sanfrancisco.cbslocal.com/2014/10/04/man-jose-san-jose-named-nations-best-spot-for-women-seeking-eligible-bachelors-single-women-men-employed-pew-research-center-silicon-valley/

4.実力主義
 シリコンバレーはとにかく実力主義のため、出身国、家柄、宗教、学歴(どこの大学出身か、よりも大学で何を学んだかは大切)は問われず、誰もが平等にチャンスを手にすることができる。大手IT企業の第一線でエンジニアをしている友人たちには、外国からの難民だった、両親がアメリカに不法入国・滞在だった、という人も。ちなみに、Googleの現CEOのサンダー・ピチャイも、インドの二部屋しかないアパートメントで育った中流家庭の出身だ。

5.超カジュアル
 Apple創設者の一人、故スティーブ・ジョブズは新製品の発表会で、いつも同じ黒のハイネックのトップにジーンズという服装だったのは、記憶にあることだろう。シリコンバレーで、オシャレをしている人はまず見かけない(ファッション好きの私には悲しいが)。オシャレよりも仕事に集中できるよう快適さが基本。これは何よりも実力重視の文化の表れと言えよう。

 まだまだシリコンバレーのトリビア的な情報は、まだまだ書き足りないところだが、今日はこの辺で。次の機会にこの街の魅力をさらに伝えたいと思う。それでは、CHEERS!!

この記事の寄稿者

関連するキーワード


シリコンバレー IT業界

関連する投稿


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

IT業界の世界的な聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダーの齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届けする。今回はシリコンバレーに限らず、世界中から注目されているテスラ(TESLA)が、これほど羨望される理由を紹介しよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


人工知能と「ゼロ」

人工知能と「ゼロ」






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング