3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

 年末のアメリカは、世の中に何かを還元するための寄付が盛んになる時期だ。アメリカには様々な活動を行う団体がたくさんあるが、なかでも今年、最も注目されたアイダホ州南西部に拠点を置く非営利団体を紹介しよう。


成長に合わせてずっと履ける靴

 世界中には3億人もの子供たちが、靴を履かずに生活しなければならないと言われている。その子供たちのほとんどが、発展途上の貧しい地域に暮らしている。靴を履く暮らしに慣れている私達には、なかなか想像できないかもしれないが、靴不足は時には命の危険を招くことさえあるという。素足で不衛生な地域を歩くことで怪我をして、そこから感染症にかかってしまうことがあるからだ。現在20億人もの人が、土壌由来の感染症によって苦しめられていると言われており、生活圏内の衛生強化に並んで、こうした地域に暮らす人々のために継続的に靴を支給することが必要とされている。

 この問題に長年、真摯に取り組んできた団体が米アイダホ州にある「Because International」という非営利団体だ。この団体が寄付を続ける靴には、素晴らしい工夫がされている。同団体の創設者であるキートン・リー氏が試行錯誤を重ね、5年の歳月をかけて開発した靴は、成長期の子供に合わせて5サイズを1つの靴で対応できる優れた靴なのだ。

2017年クラッシー・アワードを受賞

 この靴は一足あれば、微調整するだけで、約5年間は問題なく履き続けることができるという。同団体はこれまでに約600の人道支援団体などと手を組み、世界80カ国において75,000足の靴を届けてきた。

 そして今年、彼らの地道な活動が評価され、慈善活動の寄付金収集を行うアメリカ最大のオンライン・サイトのひとつ、クラッシーが選ぶ「2017年クラッシー・アワード」を受賞した。この靴の受賞を報告する映像はこちら。

 靴を届ける活動を行っている団体は、彼らだけではない。しかし、子供たちは皆「どんどん成長する」という当たり前な課題に対応できる靴を配布している団体は、これまでは皆無だった。寄付を受ける子供たちのほとんどは、成長に合わせて靴を買い換える余裕はなく、寄付に頼っても毎年新しい靴の寄付を待ち続けねばならないのは大変だった。

 同団体がクラッシー・アワードを受賞した理由は、「既存の靴の寄付にイノベーションをもたらした」点が高く評価されたためだ。靴を届ける子供の成長と、彼らが届ける靴が継続的に世界を変える一助になることを願って“The Shoe That Grows(成長する靴)”と名付けられたこの靴は、一足あたり約15ドルの寄付金が必要である。クレジットカードを使用すれば日本からも簡単に寄付できるので、イノベーションをもたらしたこの靴を貧しい地域の子供達に送ってあげたい方は同団体のサイトをチェックしてみよう。

Because International ホームページ:http://www.becauseinternational.org/

貧富の格差拡大 アメリカは5家族に1つが「貧乏家庭」

https://bizseeds.net/articles/596

アメリカの家庭といえば、広い芝生の庭がある大きな家をイメージする人が多いだろう。しかし今月、5家族にひとつのアメリカ家庭が借金を返済しながら毎月ギリギリの生活を送っている事実を記した報告書が発表された。

アメリカ人に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


大声で歌っても同居人に迷惑が掛からない優れモノ

大声で歌っても同居人に迷惑が掛からない優れモノ

「人目を気にせず、大声で歌いたい!」、「上司の悪口を大声で叫びたい」などと思っても、それをする場所に困る人が多いはず。そんな世界共通の悩みを解消してくれる、お手軽グッズを紹介しよう。これで部屋の壁の薄さを心配することなく、大声で歌って日々のストレスを解消できる?!


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

プラスチック容器に入ったシャンプーやリンス、ハンドソープなどは、たいてい少しドロリとした液体で、最後まで使い切るのは意外と大変だ。そこに目を付けた企業が開発したものとは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング