3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

 年末のアメリカは、世の中に何かを還元するための寄付が盛んになる時期だ。アメリカには様々な活動を行う団体がたくさんあるが、なかでも今年、最も注目されたアイダホ州南西部に拠点を置く非営利団体を紹介しよう。


成長に合わせてずっと履ける靴

 世界中には3億人もの子供たちが、靴を履かずに生活しなければならないと言われている。その子供たちのほとんどが、発展途上の貧しい地域に暮らしている。靴を履く暮らしに慣れている私達には、なかなか想像できないかもしれないが、靴不足は時には命の危険を招くことさえあるという。素足で不衛生な地域を歩くことで怪我をして、そこから感染症にかかってしまうことがあるからだ。現在20億人もの人が、土壌由来の感染症によって苦しめられていると言われており、生活圏内の衛生強化に並んで、こうした地域に暮らす人々のために継続的に靴を支給することが必要とされている。

 この問題に長年、真摯に取り組んできた団体が米アイダホ州にある「Because International」という非営利団体だ。この団体が寄付を続ける靴には、素晴らしい工夫がされている。同団体の創設者であるキートン・リー氏が試行錯誤を重ね、5年の歳月をかけて開発した靴は、成長期の子供に合わせて5サイズを1つの靴で対応できる優れた靴なのだ。

2017年クラッシー・アワードを受賞

 この靴は一足あれば、微調整するだけで、約5年間は問題なく履き続けることができるという。同団体はこれまでに約600の人道支援団体などと手を組み、世界80カ国において75,000足の靴を届けてきた。

 そして今年、彼らの地道な活動が評価され、慈善活動の寄付金収集を行うアメリカ最大のオンライン・サイトのひとつ、クラッシーが選ぶ「2017年クラッシー・アワード」を受賞した。この靴の受賞を報告する映像はこちら。

 靴を届ける活動を行っている団体は、彼らだけではない。しかし、子供たちは皆「どんどん成長する」という当たり前な課題に対応できる靴を配布している団体は、これまでは皆無だった。寄付を受ける子供たちのほとんどは、成長に合わせて靴を買い換える余裕はなく、寄付に頼っても毎年新しい靴の寄付を待ち続けねばならないのは大変だった。

 同団体がクラッシー・アワードを受賞した理由は、「既存の靴の寄付にイノベーションをもたらした」点が高く評価されたためだ。靴を届ける子供の成長と、彼らが届ける靴が継続的に世界を変える一助になることを願って“The Shoe That Grows(成長する靴)”と名付けられたこの靴は、一足あたり約15ドルの寄付金が必要である。クレジットカードを使用すれば日本からも簡単に寄付できるので、イノベーションをもたらしたこの靴を貧しい地域の子供達に送ってあげたい方は同団体のサイトをチェックしてみよう。

Because International ホームページ:http://www.becauseinternational.org/

貧富の格差拡大 アメリカは5家族に1つが「貧乏家庭」

https://bizseeds.net/articles/596

アメリカの家庭といえば、広い芝生の庭がある大きな家をイメージする人が多いだろう。しかし今月、5家族にひとつのアメリカ家庭が借金を返済しながら毎月ギリギリの生活を送っている事実を記した報告書が発表された。

アメリカ人に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

プラスチック容器に入ったシャンプーやリンス、ハンドソープなどは、たいてい少しドロリとした液体で、最後まで使い切るのは意外と大変だ。そこに目を付けた企業が開発したものとは?


貧困救済も「クラウドファンディング」がトレンド

貧困救済も「クラウドファンディング」がトレンド

日本文学で博士号を修め、在米日本領事館での勤務経験もある日本通の著者が、日本人が今「知るべき」話題のアプリ、ソーシャルメディアなどを徹底紹介。マイケル・ラミレスの『アメリカ・トレンド情報局』。アメリカの年末年始の恒例と言えば「助け合い」。貧困層への手助けは、今やクラウドファンディングの利用がアメリカ流だ。


もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

米ロサンゼルス在住のヨガ愛好家が開発したヨガマットが、全米のヨガ愛好家たちを夢中にさせている。一体、どんなマットなのだろう?






最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング