【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


 トランプ政権が、米疾病管理予防センター(CDC)が準備中の2018年予算申請の公式文書作成において、7つの用語の使用を禁止するよう職員に命じたことが、CDC政策分析官への取材で明らかになった。使用を禁止されたのは、「脆弱な(vulnerable)」、「資格(entitlement)」、「多様性(diversity)」、「トランスジェンダー(transgender)」、「胎児(fetus)」、「証拠に基づく(evidence-based)」、「科学に基づく(science-based)」の7つ用語で、禁止の理由は明らかにされていない。
 CDCは米厚生省の管轄下にあり、厚生省にも同様の指示が下されているものと見られ、同省のウェブサイトからは既に、「LGBT」に関連する情報ページが削除されるなどの変更が行われている。言論の統制とも受け取れる現政権のこの動きを、RedとBlueはどう捉えるか?

出典『Chicago Tribune』
Trump Administration Forbids CDC Officials From Using 7 Words and Phrases

[BLUE リベラル派] トランプ政府から医者へ:科学はダメだが検閲は良い

Trump Government to Doctors: Science Bad, Censorship Good

 米疾病管理予防センター(CDC)は、健康、安全、そして安全保障の脅威に関し、アメリカを国内外から守ることを使命にしている。それなのにトランプ政権は、CDCに、「証拠に基づいた」、「科学に基づいた」という言葉の使用を許可しないと言っている。

 一体、どこの世界の医療機関が、「科学に基づかずに、その使命を果たすことができる」というのだろう? 証拠もなしに治療法を決めるというのだろうか? 「国民のために働く」とされる政府が、なぜ市民の健康を守るために作られた機関の権限を、これほどまでに制限しようとするのだろうか?

 トランプ政権は、国民の安全を守り、保護するための公的機関の言論の自由を抑制しようとしている。この次には、何が来るのだろう? 今日は7つの用語だが、来月は14の用語、再来月は21の用語、それとも100用語になるのか? いつかCDCは、「インフルエンザ」、「妊娠」、「蚊」 などと発言することも禁じられるのか? 

 次にトランプ政権が規制するのは、一般市民であろう。その後はどうなる? 我々が何か間違ったことを言うと、逮捕されるのだろうか? トランプをツイッターで批判するだけで、刑務所送りになる日が来るかもしれない。自由の国アメリカは、一体、どこへ向かおうとしているのか?

[RED 保守派] ついに米CDCに、いくらかの常識が適用される

Finally Some Common Sense at the American CDC and Prevention

 この新聞記事はセンセーショナルなニュースとして取り上げられているようだが、私にいわせれば、これはニュースですらない。米疾病管理予防センター(CDC)へ、主要な医学的懸念に関する特に無価値な用語を使用しないことを決めただけだ。

 記事で報じられているように、トランプ政権が使用を禁止した用語は、「脆弱な」、「資格または権利」、「多様性」、「トランスジェンダー」、「胎児」、「証拠に基づく」、「科学に基づく」で、厚生省は最近、高齢者に対する2つのアンケートから、性的傾向と性のアイデンティティーに関しての質問を取り除いた。言うまでもないが、これらの質問は無意味だ。「トランスジェンダー」という言葉には、意味がない。人間は男から女へ、または女から男へ自然に変身したりはしない。一体、奴らは何を言っているのだろうか? アメリカの左派、マルクス主義者、トランスジェンダー活動家たちは、自分の性を自分の思いだけで変えることができるとか、性的嗜好は大切なことだと人々に思わせたいのだろう。しかし、がんを患っているとか、心臓病がある、または命を救うための処方薬の費用を払えるかどうかといった問題に対して、これらはまったく的外れな項目だ。

 アメリカには、平均的な性的嗜好の市民による一時的なトランスジェンダーのナンセンスとか、左派やマルクス主義者の歪曲した興味などは必要ない。我々に必要なのは、機能的な政府だ。CDCにおけるこの変更で、ついにそれを手にすることができたと願おうではないか。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

LGBT(LGBTQ)に関する記事 >

サンフランシスコのゲイの街でヌーディストのパレードが開催

https://bizseeds.net/articles/110

 先月下旬、サンフランシスコのゲイが多く住む街として知られるカストロ地域で、ヌーディストたちによるパレードが行われた。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


ひとつ、はっきりさせようじゃないか Let’s get one thing straight

ひとつ、はっきりさせようじゃないか Let’s get one thing straight

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。トランプという大統領を生んだ環境を作ったのは、アメリカの分断を煽る右派メディアだと考えるリベラル派の筆者が、アメリカの再生に必要なことは何かを語る。


【Red vs Blue】移民を守ろうとするカリフォルニア州をトランプ政権が告訴?!

【Red vs Blue】移民を守ろうとするカリフォルニア州をトランプ政権が告訴?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は不法移民の取り締まりを強化するトランプ政権が、カリフォルニア州を訴えたという仰天ニュースについて。


【Red vs Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

【Red vs Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は高校銃乱射事件を受けて、トランプ大統領が「教師が武器を持てば銃犯罪の抑止力になる」発言したことについて。


銃乱射事件生存者たちの「マトモ」な訴えが、マトモに伝わらない国

銃乱射事件生存者たちの「マトモ」な訴えが、マトモに伝わらない国

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は先月、フロリダの高校で起きた銃乱射事件後の米国内のリアクションについて、著者がリベラル派としての見解を述べる。






最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング