日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


2017年を総括

 本年5月よりBizseedsへの寄稿を始めたわけだが、今年の総括をするのであれば、『アメリカ進出アメリカに進出したいならば、その時は「今」』に書いた記事の内容が顕著化した一年だったと言える。

 アメリカはトランプ大統領となり、「アメリカ・ファースト」が大きく打ち出された。そんな流れを受けつつ、私たちも日本からのアメリカへの企業進出に対し、「アメリカの懐へ、切り込んでいって欲しい」という大きな流れのもとで支援を継続したいと考えている。こうした理念を実現すべく取り組んだ一年となったが、日本企業のアメリカ支局・支社を代行するという立ち位置で支援を提供することや、ニッポンの恒久的な課題であるグローバル人材難に対して新たな体制を敷いていくことも今後可能になりそうだ。

 2016年に取得したアメリカのマイノリティ承認も、ようやく業務として形になってきつつある。また、多くの戦略的な提携やパートナーシップを構築できたことや、既に進出して成功をおさめている日本の製造業に対しては、彼らの次フェーズの重要施策とも言えるコンプライアンス・CSR重視の業態セクターでサポートを開始することが出来た。初めてのIoT製品技術を市場に投入したり、ITやマーケティング・コンサルティングにおいても、弊社の顧客層もエンドユーザーから川上の専門グループ・企業サービスプロバイダーへの移行も行った。アメリカの輸出センターの支援家として指定を受けたりと、アメリカ現地企業からのニーズも高まってきている。

アメリカ・ファーストと、日本のこれから

 弊社の流れだけをみても、これから必要になるのはアメリカ・ファーストになるのだろうという予感がある。今年は今までの数倍の日本企業にご来社頂いたが、特にサービス部門における日米のデフレギャップは相当なものがあると感じる。またトランプ政権は、何かと移民政策に対しても厳しいが、アメリカ進出を目指す日本企業にとっては、コスト高な環境もさることながら、ビザ問題を克服する必要もあり、大変厳しい状況になったとも言える。

 また、アメリカ現地では産業部門・製造業において、サービス部門とは逆の熾烈なコスト競争がスタートしている。日本からの進出についても、東南アジア市場でコスト面を鍛え上げられた企業のアメリカ進出が目立ち始めているようだ。この点を考察するなら、従来は東南アジア市場の価格競争に巻き込まれることを避け、高品位を売りとしていた企業群について、今後は更に熾烈な日系同志の競争も激化していくことが予測できる。こうした動きも激しくなってきているので、やはり私の役目は変わりゆくアメリカにどっぷりとつかり、日本企業がアメリカで真に勝負をするための「突破口」を開くことだと考えている。

 最後になるが、今年は海外にいるからこそ日本の高齢化、いわゆる2025年問題、2035年問題の臨場感をより高く、深刻に感じる一年でもあった。この問題については、もはや手が回らなくなってきており、支援家がいなくなる時代に突入したとも言える。顧客・サプライヤー、コラボレーターが一丸となり乗り越えていかなければ、日本経済への打撃は避けられないものになるかもしれない。そう考えれば、やはり企業が日本にとどまらず、経済活動を海外に求めることは、ある意味、健全なのだとも感じる。日本を離れてはいるが、日本のために寄与できることには、積極的に取り組みたいと考えている。

ビジネスに関する記事 >

アメリカでの交渉に必要なこと

https://bizseeds.net/articles/534

 今月も読者から質問を頂いた。今回の質問は、「アメリカで初めての商談が決まりました。その交渉に向けて準備を進めていますが、どんな注意が必要でしょうか?」である。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


ビジネス 企業 日本企業

関連する投稿


日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

車があなたの脳波から心の状態を読み取って運転を助けるという夢のような話が浮上している。開発を始めたのは日産自動車。昨今ブレインテック (BrainTech・脳工学)が話題になっているが、日産のこのニュースもアメリ カの自動車産業界で、ちょっとした話題になっている。


今年も大人のためのキティが帰ってきた!

今年も大人のためのキティが帰ってきた!

日本生まれのキャラクターとして「全世界を制覇した」といえる認知度を誇る「ハローキティ」。今年も「あの」大人のための商品が発売され、全米のキティ・ファンが熱狂している。


日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


英語で「お金」表現する単語あれこれ

英語で「お金」表現する単語あれこれ

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。数あるお金を意味する単語の定義の理解については、意外と曖昧かもしれない。今回はそこにフォーカス!






最新の投稿


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


【Red vs Blue】差別ツイートをした人気女優の番組を即打ち切ったTV局をどう見るか?

【Red vs Blue】差別ツイートをした人気女優の番組を即打ち切ったTV局をどう見るか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、高視聴率の冠番組を持つ女優が人種差別ツイートをした直後に、その女優をクビにしたABCテレビの対応について


風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

アメリカでは「湯船に肩まで浸かって毎日温まる」という人は、日本に比べると極端に少ない。たいていのアメリカ人は、毎日シャワーのみだ。しかし最近はアメリカでも湯船の効用が認識されはじめ、性能の良い「バスタブ」が開発されている。なかには、こんな優れた商品も登場している。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング