英語の投資用語 「こんな簡単な言い方でいいんですか?」

英語の投資用語 「こんな簡単な言い方でいいんですか?」

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。新年を迎えて、新しいことを始める決意をした人も多いだろう。決意さえしてしまえば、壁は思っていたよりも低いかも知れない。


日本人は物事を難しく考え過ぎる人が多いのでは?

 時間の流れるのは早く、また新しい年を迎えたが、読者の皆さんにとって、2018年はどういう年になるだろう? 世界の皆さんにとって、いい年末年始であることを祈っている。

 年頭にあたり、「外国語の習得」を目標に挙げる人も多いと思うが、「投資道」と同様、「公式(単語や文法を覚える)」を「心を迷わせず(辛抱強く)」繰り返せば、必ず英語は上達する。繰り返すばかりではつまらないかもしれないが、それこそが「道」というもの。必ずや道は開けると信じて、がんばろう。

 さて、アメリカでは同僚や友人と、もしくは大学生がクラスメートと気軽に投資に関することをおしゃべりする機会が多い。英語圏の人を交えた場で投資の話題が出た時、あなたも気軽にその話題に参加できたら、さらに世界が広がるのではないだろうか?

 以前の同コラムでも挙げた例だが、「円安(高)」、「ドル高(安)」が、英語でstrong (weak) Yen / strong (weak) dollar  という表現であることについて、英語文法をある程度学んでいて会話力もあり、TOEICで高得点を取得している日本人学生が、「そんな簡単な言い方でいいんですか?」と驚いて、少々ガックリしていたことがある。

 日本語においては、投資で使用する用語は独特な専門用語であることが多いので、日本人の英語学習者にとっては、意外と簡単な英単語で表現するということを発想するのが難しいのかも知れない。

用語さえ覚えれば、投資の話題にもついていける

 そこで、今回は再び社会人一年生の日本人ビジネスマンを想像して、彼が 同僚のアメリカ人社員とランチをした際に、投資についての話題に出た設定で例文を用意してみた。



Masa: 株の売買は、いつできるのかい? 

David: NYSENASDAQ市場が開いている時間なら、いつでもできる。ふたつはちがう株式市場で上場されている会社も異なるよ。

Masa: 多くの銘柄が上場されている取引所で、市場全体がどう動いたかどうすれば分かるのかな?

Kathy: NYSEの場合、そこで取引されている銘柄を集めて指標にして、その集まりがどう動いたかを見るやり方よ。 


英語訳をみてみよう。



Masa:When can you buy and sell stocks ?

David:You can buy and sell anytime the market is open. NYSE and NASDAQ are two different stock markets with different companies listed on them.

Masa:How can people know how the stock market did when there are so many stocks listed?

Kathy:They select a small group of stocks and put them into a watchlist so that each day they can follow how those stocks perform.


 太字の対訳をみると、日本語での専門用語が、「驚くほど簡単な英単語で表現されている」ことがわかるだろう。もし、英語が簡単過ぎて「ガックリ」されたら恐縮なのだが(苦笑)、こういうことを知れば、たとえ話題が投資であっても英語で気軽に参加できるという気持ちになることと思う。構えることなく新しいことにどんどんチャレンジして、新年をさらに良い年にしていこう。

英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

https://bizseeds.net/articles/610

アメリカの外交官などを対象にした外国語教育機関、Foreign Service Institute(FSI)の調べによると、英語が母国語の人にとって、日本語は最も難解な言語であるということが判明した。その理由とは?

英語に関する記事 >

この記事の寄稿者

ローレンス・クリエイティブCEOとして、投資・ビジネスに特化した英語学校「ローレンス・インスティテュート」を運営。米ワシントン州のグリーンリバーカレッジで大学進学集中ESL科での教員経験から、日本人の英語指導には定評がある。ハワイ大学演劇科修士課程・博士課程修了後、1990年代には日本国立能楽堂内の国際演劇協会の職員として能楽の研究、学会誌の編集に携った経歴をも。The Japan Time、東洋経済オンラインニュース英語版『Tokyo Business Today』など寄稿多数。学校運営、投資家を続けながら、妻と世界中の図書館巡りを楽しんでいる。
著書:『ペンタゴン式 諜報員の英会話習得術』(講談社)

関連するキーワード


英語 日本人

関連する投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

アメリカの外交官などを対象にした外国語教育機関、Foreign Service Institute(FSI)の調べによると、英語が母国語の人にとって、日本語は最も難解な言語であるということが判明した。その理由とは?


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。


目紛しく変わる時代の中で

目紛しく変わる時代の中で

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介するケネス・ローレンスの『禅的投資』。今回は、2017年の1年間をかけて本格的な身辺整理をした著者の備忘録と英語で投資をする際に覚えておきたい用語を紹介しよう。


英語で「お金」表現する単語あれこれ

英語で「お金」表現する単語あれこれ

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。数あるお金を意味する単語の定義の理解については、意外と曖昧かもしれない。今回はそこにフォーカス!






最新の投稿


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙が終わるや否や、アメリカ中が危惧する問題が勃発。大統領より時に重要で、国を揺るがしかねない最高判事問題とは?


中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。先日の米中間選挙で、トランプ率いる共和党は下院の過半数を民主党に取り返されてしまったが、保守派たちは「この方がトランプ再選に向けて好都合だ」と思っているのだ。


成功への選択「週末の体づくり」2018年11月9日~11月15日

成功への選択「週末の体づくり」2018年11月9日~11月15日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング