権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


北米の女子アイスホッケーが圧倒的優位である理由は?

 アイスホッケー女子日本代表も出場する平昌オリンピックが、いよいよ2月9日に開幕する。男子ホッケーでは世界最高リーグNHL選手の参加が見送られ、真の世界最強国決定戦とは言えなくなったが、女子ホッケーにおいては正真正銘の世界一決定戦である。とは言え、女子ホッケー界はカナダとアメリカの北米二強が完全制圧しており、過去のオリンピック、世界選手権、U18のすべての大会で、どちらかの国が優勝している。

 女子ホッケー界における北米の圧倒的優位を支えるのが、アメリカ大学NCAAホッケーである。プロ並みの施設でプロのスタッフの指導を受けながら一流大学で学業も修め、トップクラスの選手には高額な授業料を免除する奨学金も出る環境は、「女子のNHL」と呼ばれることもある。ホッケーの母国カナダにすらNCAAに匹敵するリーグはない。事実、アメリカだけでなくカナダの各世代代表選手も、ほとんどがNCAA卒業生もしくは現役選手であり、近年ではヨーロッパの女子トップ選手が集う場でもある。

男女の差別なくプレーさせる「タイトル9」

 NCAAではホッケーだけでなく、その他のスポーツもアマチュア世界最高レベルの環境にあるが、その環境を裏付けているのが1972年に施行されたタイトル9(Title IX)という法律だ。タイトル9は、「公金の補助を受けている教育機関においては、男女が性別によって差別されず等しく同じ環境で教育を受けられなければならない」と謳っており、「体育会スポーツ参加人数を学校の男女比と等しくする」、「男女のスポーツにかける予算を平等にする」、「スタッフの人件費、施設、用具、練習時間も男女同等にする」という原則の遵守が要求される。つまり「女子種目の方が人気がない、競技レベルが低い、興行収入が少ない」等、性差を理由に男子スポーツと条件を変えることは原則的に違法となるのだ。この原則はスポーツだけでなく、公教育の場における学業、文化的活動全般に適用され、同様の理由で男子を差別することも禁止されている。

 公教育に属さないクラブチームによるユース・スポーツの場においても、1972年に野球のリトルリーグの参加者を男子に限定する規定を違法とした判決や、その他の社会運動を経て、女子の競技環境が獲得され、整備されてきた。その結果、現在ではホッケーでも年代ごとの女子チーム、リーグが各地で競い合っているだけでなく、どの年代、競技レベルの男子チームでも、女子であることを理由に参加が制限されることはない。男子チームで女子がプレーする場合は、女子ホッケーで禁止されているフルコンタクトのチェッキングを受けることになるが、男子ルールの元、ホッケー選手として通用する限りは男子の大学チーム、プロでも理論上プレー可能であり、実際に男子プロのマイナーリーグでプレーした女性も数名いる。

 男女混成チームを持つクラブやスケートリンクでは、女子用ロッカールームを用意するガイドラインが定められているし、指導者ライセンスの受講科目の一部には、女子選手の指導要項もあり、チームに一人でも女子がいるチームのコーチは受講が義務付けられている。当然、優秀な女性指導者も多く、女子ユース・チーム、NCAAや女子代表のプロ・コーチに留まらず、男子チームを指導する女性コーチ、男子プロ選手を指導する女性スキル・コーチも少ないながらいる。

 「スポーツ」、「女性」等の括りに限らず、ある社会的グループの活躍の場が拡大し、向上していく背景には、タイトル9のような強力な法的裏付けだけでなく、当事者が不当な不利益を認識し、権利を主張する絶え間ない戦いも存在する。教育現場でタイトル9が遵守されていないとする訴えは、近年(2014年)でも年間100件以上に上る。アメリカ女子ホッケー界でも、代表選手の待遇改善を巡り、昨年新たな戦いが行われ、歴史的な大転換が見られた。(後編に続く)

 世界の女子ホッケーについて興味を持たれた方は、筆者のブログ「女子ホッケー特集」へ。 http://hockeylabjapan.com/blog/?p=582

「フィアレス・ガール」像を考案した企業の女性賃金差別が明らかに

https://bizseeds.net/articles/455

 ニューヨークの金融街ウォールストリートの観光名所として有名な「猛牛の像」。今年3月の国際女性デーに、その猛牛の像に向かって立ちはだかる小さな少女の像「フィアレス・ガール(恐れ知らずの少女)」が造られて以来、その像と一緒に写真を撮る大勢の観光客でにぎわっている。

女性に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


黒雪姫は必要ですか?

黒雪姫は必要ですか?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。政治、人種、宗教等の中立性を重視する「ポリティカル・コレクトネス」をめぐり、子供劇団で繰り広げられる悩ましい問題とは?


アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカ東海岸の寄宿学校を卒業後、難関コロンビア大学バーナードカレッジに入学した日本の若者は、アメリカの若者をどう見るか? 次世代を動かすアメリカの姿を紹介する光田有希の『取説:アメリカの若者たち』。今回はアメリカの大学生たちのソーシャルライフについて、同じ大学生の視点からそこに息吹く文化を紹介する。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。2月9日に開幕した平昌冬季オリンピック。前回に引き続き、北米の女子アイスホッケーがなぜ優位なのかを解説しよう。






最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング