野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


農業におけるサステイナブルとは?

 サステイナブルは日本語で「持続可能」と訳されることが多いが、そのまま直訳して「持続可能な農業」と言われても、具体的にそれがどんなことなのか、ピンと来ないかもしれない。

 私たちの生活は、利益追求を優先した経済活動を中心に成り立ってきた。人々は豊かさを求めるあまり、何事においても過剰生産を「よし」としてしまい、そのため農業においても、大量廃棄がセットになり得る大量生産がまかり通ってきた。

 また、農地を作るために森林を伐採したり 、農地で使用される農薬によって土壌や水質の汚染が引き起こされることもある。大量生産とは地球資源の大量消費でもあるわけだが、大量生産を優先する流れの中で、農業と環境との関係を真剣に考えることは、あまり重要視されてこなかった。

 しかし、そのような消費活動のスタイルは、次第に時代遅れになりつつある。アメリカで最近注目されているサステイナブルな農業では、地球環境に配慮し、「必要な分だけを大切に育てる」ことが重要視されている。そして、それをするためには、環境との調和を実現する社会構造が必要になるという点に注力する人たちも増えてきている。例えば、生産地から農作物が自分の自宅に届くまで、「何キロの走行距離が必要か」と考えながら野菜を食べたことがある人は、どのくらいいるだろう? 真のサステイナブルには、こうした細かな流通の仕組みなどにも目を配っていくことが必要なのだ。

小さな生産者と消費者を正しくつなぐ

 そんな中、地産地消を手助けする仕組みを提供するコミュニティー・サイト「Vinder」が注目されている。オンライン上で登録すれば、自宅の周辺の農産物生産者を探すことができたり、自分の庭や畑で生産した野菜を販売することなどが出来るという、とてもシンプルな仕組みだ。「Vinder」を取り上げた過去のニュース番組はこちら。

 日本よりも国土の広いアメリカでは、自宅で家庭菜園を作っている人も少なくない。家族だけでは食べきれないほど野菜が収穫できた際なども、このサイトを使えば近所の誰かに分けることができる。家庭菜園がない人でも採れたての新鮮な野菜を近所で気軽に購入できることに加え、「野菜の購入」がきっかけになって、人と人との繋がりを生む点もサイトの魅力のひとつだ。

 ソーシャルメディアやコミュニティー・サイトは多々あるが、「野菜」をコミュニケーションの媒介にしたサイトは、まだ少ない。サイト運営者自らが「Viderはビジネスではなく、ムーブメント」だと語るように、こうした「つながり」があってこそ、社会的な動きのひとつとして、サステイナブルな農業の具現化も自然な形で広がっていくのかも知れない。

Vinder ホームページ:https://www.veggievinder.com/

アメリカの農場地帯で働く不法滞在の農夫たち、昨年の倍以上が逮捕

https://bizseeds.net/articles/241

 「犯罪を犯した不法移民を取り締まる」を公約のひとつに掲げたトランプ大統領が就任して半年以上が経ち、不法移民の拘留、強制送還が劇的に増えている。

農業に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。






最新の投稿


アメリカでシェイプウェアーがうける理由

アメリカでシェイプウェアーがうける理由

「美しく見られたい」と日々努力を続ける人たちはどの国にも大勢いるが、理想の体型はそう簡単には手に入らない。合理的なことを好むアメリカでは、着るだけで一回りは細く見えるシェイプウエアーの売上が好調だ。


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


眠りのIQが高まる、究極のベッド

眠りのIQが高まる、究極のベッド

「睡眠IQ」を高めるという、ハイテクなベッドが話題を呼んでいる。「このベッドで毎晩眠ることで、人生そのものの質が変わる」と言われる理由とは? 人気の秘密に迫ってみよう。


今週の選択「電車に乗って」:2018年4月23日~4月29日

今週の選択「電車に乗って」:2018年4月23日~4月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「今週の選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて今週、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング