野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


農業におけるサステイナブルとは?

 サステイナブルは日本語で「持続可能」と訳されることが多いが、そのまま直訳して「持続可能な農業」と言われても、具体的にそれがどんなことなのか、ピンと来ないかもしれない。

 私たちの生活は、利益追求を優先した経済活動を中心に成り立ってきた。人々は豊かさを求めるあまり、何事においても過剰生産を「よし」としてしまい、そのため農業においても、大量廃棄がセットになり得る大量生産がまかり通ってきた。

 また、農地を作るために森林を伐採したり 、農地で使用される農薬によって土壌や水質の汚染が引き起こされることもある。大量生産とは地球資源の大量消費でもあるわけだが、大量生産を優先する流れの中で、農業と環境との関係を真剣に考えることは、あまり重要視されてこなかった。

 しかし、そのような消費活動のスタイルは、次第に時代遅れになりつつある。アメリカで最近注目されているサステイナブルな農業では、地球環境に配慮し、「必要な分だけを大切に育てる」ことが重要視されている。そして、それをするためには、環境との調和を実現する社会構造が必要になるという点に注力する人たちも増えてきている。例えば、生産地から農作物が自分の自宅に届くまで、「何キロの走行距離が必要か」と考えながら野菜を食べたことがある人は、どのくらいいるだろう? 真のサステイナブルには、こうした細かな流通の仕組みなどにも目を配っていくことが必要なのだ。

小さな生産者と消費者を正しくつなぐ

 そんな中、地産地消を手助けする仕組みを提供するコミュニティー・サイト「Vinder」が注目されている。オンライン上で登録すれば、自宅の周辺の農産物生産者を探すことができたり、自分の庭や畑で生産した野菜を販売することなどが出来るという、とてもシンプルな仕組みだ。「Vinder」を取り上げた過去のニュース番組はこちら。

 日本よりも国土の広いアメリカでは、自宅で家庭菜園を作っている人も少なくない。家族だけでは食べきれないほど野菜が収穫できた際なども、このサイトを使えば近所の誰かに分けることができる。家庭菜園がない人でも採れたての新鮮な野菜を近所で気軽に購入できることに加え、「野菜の購入」がきっかけになって、人と人との繋がりを生む点もサイトの魅力のひとつだ。

 ソーシャルメディアやコミュニティー・サイトは多々あるが、「野菜」をコミュニケーションの媒介にしたサイトは、まだ少ない。サイト運営者自らが「Viderはビジネスではなく、ムーブメント」だと語るように、こうした「つながり」があってこそ、社会的な動きのひとつとして、サステイナブルな農業の具現化も自然な形で広がっていくのかも知れない。

Vinder ホームページ:https://www.veggievinder.com/

アメリカの農場地帯で働く不法滞在の農夫たち、昨年の倍以上が逮捕

https://bizseeds.net/articles/241

 「犯罪を犯した不法移民を取り締まる」を公約のひとつに掲げたトランプ大統領が就任して半年以上が経ち、不法移民の拘留、強制送還が劇的に増えている。

農業に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


予約がなかなか取れない、スイーツ専門「レストラン」がNYに誕生!

予約がなかなか取れない、スイーツ専門「レストラン」がNYに誕生!

 世界中からグルメが集まる街、ニューヨーク。一流店がしのぎを削り、舌の肥えた客たちをもてなすこの地に、今年オープンしたスイーツ&ベーカリー「Chanson」。この店にはちょっとした秘密が……。






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング