1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


注目ニュース 編集部の「ざっくり」

 今回の5つのニュース・ピックスで、特筆したい記事はふたつ。まずは、AI関連ニュース。AIが一般家庭に入り込みつつある現代社会だが、このニュースはちょっと怖い。アルフォンソというデータ会社が、スマホに付いているマイクを使用して、スパイのように人々の行動を監視し、その情報を売っていたというニュースである。普通に考えるとハッキング行為のように見えるが、同社のソフトがマイクにアクセスする権利はいつでもオフにすることを選択できるため、企業側は「合法行為」と言い張っているという。 あなたの知らない間にあなたの横で誰かのために働いている人口知能――四六時中ネット空間に繋がったままという生活では、恐ろしさを考えずにはいられないニュースだが、こうした危険性を知っていても、今さらこんなに便利なスマホを手放すことなど出来ないのが人間の性というものだろう。

 もうひとつ注目したいのは、トランプ政権がセキュリティー強化の一環として、ホワイトハウス内での職員の個人携帯の所持を禁止したニュース。アメリカのメディアの多くは否定的にこの問題を伝えているが、アメリカ省庁の国家機密を扱う機関や、精密機器などを開発する一般企業などでも個人携帯を持ち込めない施設はあるので、それほど否定的に報道することでもないような気もするが、とにかく先週はこのニュースがちまたを騒がせた。これらも含む先週までの5つの注目ニュースはこちら。

アルフォンソ社、自社ゲームアプリに追跡ソフトを導入。ユーザーを盗聴か?

 アルフォンソというデータ会社が、スマートフォンについているマイクを通じてテレビ視聴情報を収集し、そのデータを広告主に販売したことが判明。同社が開発した追跡ソフトウェアは、無料のゲームなどに搭載されており、アプリが起動していない間もテレビ番組やコマーシャルの音声を収集分析し、スマートフォンの持ち主の視聴動向を判別できるという。同社は「マイクアクセスの許可はいつでもオフに出来る上、持ち主の会話に耳を傾けているわけではないので合法行為」だと主張している。Google Playストアからダウンロード可能な同社のソフトを搭載するゲームは250以上ある。

引用元:That phone game you’re playing while watching TV may be secretly tracking you

ホワイトハウスで個人携帯の利用禁止令

 トランプ政権は今月4日、ホワイトハウス・ウエストウィング内での個人携帯の使用をセキュリティー強化のために禁止すると発表。スタッフはもとより、来客にもこのルールが今月5日より適用された。トランプ氏が批判するメディアへの情報漏えいとは無関係だと当局は説明しているが、一部のスタッフからは、勤務中、外部にいる親族と連絡が取れなくなるとの懸念の声も上がっているという。

引用元:White House Bans Staff From Using Personal Mobile Phones at Work

「次期大統領はオプラ・ウィンフリー」と喜ぶ人たちへ「待った!」の声

 アメリカでは誰もがその名を知る名司会者、オプラ・ウィンフリー。先日の ゴールデン・グローブ賞における、彼女の素晴らしいスピーチを聞いて、2020年に大統領選へと期待する声が高まっているが、ニュースウィーク誌は、「ウィンフリーを含む著名人たちは、大統領の責務を果たすには適任とは言えない」と伝えている。大統領に必要なのは政治的技術であり、その任務に経験のある人が望ましい。名声を得ている人間が、それだけで大統領になるのは無理があるというのが同紙の見解だ。ドナルド・トランプ大統領が選挙で勝利してからほんの1ヵ月後にアメリカの中国の政策を弱体化させたのは、政策決定ではなく、米国政府側の、問題に関連する専門知識や、経験のない個人による間違いだったとも指摘している。

引用元:President Oprah? Why It’s a Really Bad Idea

米大手ファストフード企業、無人清算システム「キヨスク」の導入を再検討

 大手ファストフード・チェーン店、Jack in the Boxは、カリフォルニア州ほか、昨今の政府による最低賃金引上げに伴い、無人精算できるロボットを導入することを検討していると明らかにした。同社は以前にも自動精算機キヨスク設置のテストを行ったことがある。当時は効率化には役だったが、設置コストが合わないと見送った経緯がある。しかし、人件費が高騰する中、再検討は意味があると説明。同社は労働コストのために、無人精算ロボット導入を検討している唯一のファストフード・チェーンではない。ウェンディーズは、1年以内に自販機を設置する計画を発表しており、マクドナルドなどもキャッシャーをキオスクで置き換えないとしているものの、すでに2,500店舗にキオスクを導入している。

引用元:Fast-food CEO Says 'It Just Makes Sense' to Consider Replacing Cashiers With Machines As Minimum Wages Rise

トランプ大統領もニッコリ? 米国トヨタ、マツダが下した経営判断

 今月10日、米国トヨタ自動車とマツダは、アラバマ州ハンツビルに16億ドルを投じて共同組立工場を建設することを正式に発表。最大で新たに4,000人の雇用を創出する。米国内の自動車生産拡大を望むトランプ政権にとっても追い風になる。トヨタの豊田章男社長、マツダの小飼雅道社長とともに記者会見したアラバマ州のケイ・アイビー知事は、新雇用者は平均で5万ドル(約554万円)を稼げるようになると、新規工場の歓迎を表明。数年間で10億ドルを超えることが予測できる税制優遇処置も適応予定だ。

引用元: Toyota, Mazda to Build $1.6 Billion Plant in Alabama: Sources

1億4,300万人の個人情報流出 米信用情報大手エクイファックス

https://bizseeds.net/articles/393

 米信用情報機関大手エクイファックス社が7日、ハッカーに侵入され、米国在住の1億4,300万人もの顧客の個人情報が流出したことを公表した。

スマートフォンに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

毎日コンピューターに向かい、長時間の集中を強いられる仕事をしているシリコンバレーのIT業界従事者たちの間で、自宅の庭で鶏を飼うことが流行っている。バーチャルの世界から離れて、できるだけ自然と触れ合いたいと考える人が増えているようだ。


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング