シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


1日1日より導入された「ソーダ税」

 最初にこの新しい税金の導入が発表された時、課税の対象となる「ソーダ」が、何を指すのかよく分からなかった人たちもいたようだが、課税されることになったのは、読んで字のごとく「ソーダ水」、つまり炭酸飲料である。

 シアトル市議会でこの税金が承認されたのは昨年だが、これには当初よりかなり大きな反発があった。アメリカ国内では昨今、健康への配慮から砂糖を多く含む炭酸飲料を避ける人が増えてはいるものの、それでもかなり多くの人たちが、食事のたびに炭酸飲料を消費している。ケチャップなどの調味料が食事のたびに食卓に並ぶように、炭酸飲料の大きなプラスチックボトルが当たり前のように食卓におかれる様子は、多くのアメリカ家庭で見られる日常風景だ。

 また、アメリカのファストフード・レストランで食事をしたことのある人ならばイメージしやすいかもしれないが、一杯の量の多さも日本とは比較にならない。スモールサイズのドリンクを頼んでも、出てくるのは日本のラージサイズよりはるかに大きいコップで、しかも、おかわり自由である。

 導入を決めた側は臨床データなどを持ち出し、過度の炭酸飲料水の消費が肥満を引き起こすことなどを課税の理由にしているが、タバコや飲酒以上に消費者数が多い炭酸飲料水については、市民も黙ってはいられないという雰囲気だ。課せられる税金は、1オンスあたり1.75セントで、決して小さな額とは言えない。

コストコ、顧客を市外の店に促す

 例えば倉庫型販売店のコストコでは、昨年末まで、ゲータレイドという炭酸飲料を1ケース、15,99ドル(約1,770円)で販売していた。しかし、増税後の1ケースあたりの値段は26,33ドル(約2,915円)に上昇、65%も値上がりする結果になった。ドクターペッパーについては、1ケースあたり9,99ドルだったものが、17,55ドル(約1,943円)となり、76%の値上がりと、かなり大きな金額差が出ている。そこでコストコ社は、この増税への反発の姿勢を示し、顧客に寄り添う方針を打ち出した。増税前と増税後の値段をダブル表示し、シアトル市以外の店舗で炭酸飲料水を購入するよう、顧客に呼びかけるだけでなく、最寄り店舗のどこにいけば商品が今までと同じ値段で購入できるかという詳細も貼り出したのである。このコストコの計らいに対して、顧客らの反応も上々だという。

 アメリカでは「ソーダ税」の導入は、シアトル市が初ではなく、カリフォルニア州バークレー市と、ペンシルバニア州フィラデルフィア市がすでに同税を導入済みである。しかし両市ともにソーダ税を導入したからと言って、炭酸飲料水の消費量が大きくは減っていないこともあり、この増税による健康への効果を疑問視する声は後を絶たない。ちなみにシアトル市があるワシントン州では、ソーダ税を州全体に課すための運動を行っている団体もあり、積極的な動きを見せている。ソーダ税には反対の声も大きいため、導入できたのはシアトル市のみであったが、今後は州全体にソーダ税が導入されるという噂が絶えず、同州民からは不安の声があがっている。

引用元:https://www.marketwatch.com/story/2633-instead-of-1599-a-case-costco-shows-seattle-customers-just-how-much-soda-tax-costs-them-2018-01-10?mod=mw_share_twitter

週2回フライドポテトを食べると死亡率が上がる?

https://bizseeds.net/articles/140

 フライドポテト(フレンチフライ)がそれほど健康的な食べものではないことは周知の事実だが、フライドポテトを週2回以上食べると死亡率が上昇するという研究結果が発表された。

食に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング