シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


1日1日より導入された「ソーダ税」

 最初にこの新しい税金の導入が発表された時、課税の対象となる「ソーダ」が、何を指すのかよく分からなかった人たちもいたようだが、課税されることになったのは、読んで字のごとく「ソーダ水」、つまり炭酸飲料である。

 シアトル市議会でこの税金が承認されたのは昨年だが、これには当初よりかなり大きな反発があった。アメリカ国内では昨今、健康への配慮から砂糖を多く含む炭酸飲料を避ける人が増えてはいるものの、それでもかなり多くの人たちが、食事のたびに炭酸飲料を消費している。ケチャップなどの調味料が食事のたびに食卓に並ぶように、炭酸飲料の大きなプラスチックボトルが当たり前のように食卓におかれる様子は、多くのアメリカ家庭で見られる日常風景だ。

 また、アメリカのファストフード・レストランで食事をしたことのある人ならばイメージしやすいかもしれないが、一杯の量の多さも日本とは比較にならない。スモールサイズのドリンクを頼んでも、出てくるのは日本のラージサイズよりはるかに大きいコップで、しかも、おかわり自由である。

 導入を決めた側は臨床データなどを持ち出し、過度の炭酸飲料水の消費が肥満を引き起こすことなどを課税の理由にしているが、タバコや飲酒以上に消費者数が多い炭酸飲料水については、市民も黙ってはいられないという雰囲気だ。課せられる税金は、1オンスあたり1.75セントで、決して小さな額とは言えない。

コストコ、顧客を市外の店に促す

 例えば倉庫型販売店のコストコでは、昨年末まで、ゲータレイドという炭酸飲料を1ケース、15,99ドル(約1,770円)で販売していた。しかし、増税後の1ケースあたりの値段は26,33ドル(約2,915円)に上昇、65%も値上がりする結果になった。ドクターペッパーについては、1ケースあたり9,99ドルだったものが、17,55ドル(約1,943円)となり、76%の値上がりと、かなり大きな金額差が出ている。そこでコストコ社は、この増税への反発の姿勢を示し、顧客に寄り添う方針を打ち出した。増税前と増税後の値段をダブル表示し、シアトル市以外の店舗で炭酸飲料水を購入するよう、顧客に呼びかけるだけでなく、最寄り店舗のどこにいけば商品が今までと同じ値段で購入できるかという詳細も貼り出したのである。このコストコの計らいに対して、顧客らの反応も上々だという。

 アメリカでは「ソーダ税」の導入は、シアトル市が初ではなく、カリフォルニア州バークレー市と、ペンシルバニア州フィラデルフィア市がすでに同税を導入済みである。しかし両市ともにソーダ税を導入したからと言って、炭酸飲料水の消費量が大きくは減っていないこともあり、この増税による健康への効果を疑問視する声は後を絶たない。ちなみにシアトル市があるワシントン州では、ソーダ税を州全体に課すための運動を行っている団体もあり、積極的な動きを見せている。ソーダ税には反対の声も大きいため、導入できたのはシアトル市のみであったが、今後は州全体にソーダ税が導入されるという噂が絶えず、同州民からは不安の声があがっている。

引用元:https://www.marketwatch.com/story/2633-instead-of-1599-a-case-costco-shows-seattle-customers-just-how-much-soda-tax-costs-them-2018-01-10?mod=mw_share_twitter

週2回フライドポテトを食べると死亡率が上がる?

https://bizseeds.net/articles/140

 フライドポテト(フレンチフライ)がそれほど健康的な食べものではないことは周知の事実だが、フライドポテトを週2回以上食べると死亡率が上昇するという研究結果が発表された。

食に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が日本時間4日、同球団の会長付特別補佐に電撃就任した。地元メディアとして記者会見に出席したBizSeeds編集部記者が、「イチロー選手とマリナーズ球団に対する地元シアトル市民の反応」をリポートする。


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。すべての性的マイノリティーたちが、リベラル主義という訳ではない。リベラルに嫌気がさして引っ越しまでするゲイたちもいるのだ。


【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング