シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


1日1日より導入された「ソーダ税」

 最初にこの新しい税金の導入が発表された時、課税の対象となる「ソーダ」が、何を指すのかよく分からなかった人たちもいたようだが、課税されることになったのは、読んで字のごとく「ソーダ水」、つまり炭酸飲料である。

 シアトル市議会でこの税金が承認されたのは昨年だが、これには当初よりかなり大きな反発があった。アメリカ国内では昨今、健康への配慮から砂糖を多く含む炭酸飲料を避ける人が増えてはいるものの、それでもかなり多くの人たちが、食事のたびに炭酸飲料を消費している。ケチャップなどの調味料が食事のたびに食卓に並ぶように、炭酸飲料の大きなプラスチックボトルが当たり前のように食卓におかれる様子は、多くのアメリカ家庭で見られる日常風景だ。

 また、アメリカのファストフード・レストランで食事をしたことのある人ならばイメージしやすいかもしれないが、一杯の量の多さも日本とは比較にならない。スモールサイズのドリンクを頼んでも、出てくるのは日本のラージサイズよりはるかに大きいコップで、しかも、おかわり自由である。

 導入を決めた側は臨床データなどを持ち出し、過度の炭酸飲料水の消費が肥満を引き起こすことなどを課税の理由にしているが、タバコや飲酒以上に消費者数が多い炭酸飲料水については、市民も黙ってはいられないという雰囲気だ。課せられる税金は、1オンスあたり1.75セントで、決して小さな額とは言えない。

コストコ、顧客を市外の店に促す

 例えば倉庫型販売店のコストコでは、昨年末まで、ゲータレイドという炭酸飲料を1ケース、15,99ドル(約1,770円)で販売していた。しかし、増税後の1ケースあたりの値段は26,33ドル(約2,915円)に上昇、65%も値上がりする結果になった。ドクターペッパーについては、1ケースあたり9,99ドルだったものが、17,55ドル(約1,943円)となり、76%の値上がりと、かなり大きな金額差が出ている。そこでコストコ社は、この増税への反発の姿勢を示し、顧客に寄り添う方針を打ち出した。増税前と増税後の値段をダブル表示し、シアトル市以外の店舗で炭酸飲料水を購入するよう、顧客に呼びかけるだけでなく、最寄り店舗のどこにいけば商品が今までと同じ値段で購入できるかという詳細も貼り出したのである。このコストコの計らいに対して、顧客らの反応も上々だという。

 アメリカでは「ソーダ税」の導入は、シアトル市が初ではなく、カリフォルニア州バークレー市と、ペンシルバニア州フィラデルフィア市がすでに同税を導入済みである。しかし両市ともにソーダ税を導入したからと言って、炭酸飲料水の消費量が大きくは減っていないこともあり、この増税による健康への効果を疑問視する声は後を絶たない。ちなみにシアトル市があるワシントン州では、ソーダ税を州全体に課すための運動を行っている団体もあり、積極的な動きを見せている。ソーダ税には反対の声も大きいため、導入できたのはシアトル市のみであったが、今後は州全体にソーダ税が導入されるという噂が絶えず、同州民からは不安の声があがっている。

引用元:https://www.marketwatch.com/story/2633-instead-of-1599-a-case-costco-shows-seattle-customers-just-how-much-soda-tax-costs-them-2018-01-10?mod=mw_share_twitter

週2回フライドポテトを食べると死亡率が上がる?

https://bizseeds.net/articles/140

 フライドポテト(フレンチフライ)がそれほど健康的な食べものではないことは周知の事実だが、フライドポテトを週2回以上食べると死亡率が上昇するという研究結果が発表された。

食に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?


様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

米シアトル発の子供向けYouTubeチャンネル「HiHo Kids」が、子供だけでなく大人たちの間でも人気だ。なかでも同チャンネルの「Kids Meet」というシリーズが多くの人たちに感動を与えている。一体、どんな番組なのか?


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。






最新の投稿


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

食材の買い物には、持参したエコバックを使用する人が増えたが、それでも店が用意したビニールの買い物袋を使用する人は後を絶たない。また、買い物袋だけでなく、パッケージ容器などのプラスティック製品はリサイクルできないものが多く、ゴミはなかなか減らない。そんな現状を変えるべく、さらに環境に優しい店が登場し、話題を呼んでいる。


成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング