バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


ひとつ10セントだったウイングも今は79セント

 つい先日、大学時代のルームメイトと食事に行った。僕たちは頻繁に連絡を取りあってはいなかったが、フェイスブックで繋がっていた。そして、フェイスブックを通じて、たまたま同じ時期に帰郷することがわかった。何回かテキスト・メッセージをやり取りした後、大学時代によく一緒に時間を過ごした場所で会うことになった。そこは大学近くにある、安いビールとバッファロー・ウイングが専門のバーで、学生の頃は月曜日、大抵そこで夕食を食べた。なぜなら、月曜日はバッファロー・ウイングがいつもよりさらに安く、1つ10セント(約11円)だったからだ。たった2、3ドルでお腹がいっぱいになり、ビールを飲みながら授業や女の子の話をした。「10セント・ウイングナイト」はすごく人気があり、学生たちは安い食べ物とビールに感謝していた。

 僕たちは、学生時代に住んでいた家の前の道で待ち合わせて、バーまで歩いた。その道中、すれ違うほとんどの大学生たちが、歩きながらスマートフォンを使っていることに気がついた。彼らはイヤホンをつけ、スクリーンを見つめながらテキストを打っていた。一緒にいながらも互いの存在には気を留めず、それぞれの携帯に集中している学生のグループがいくつもあった。それを見て僕は、今の大学生活は僕たちの頃とは全く違うんだろうなと思った。僕たちの大学時代は、台所の壁にかかっていた電話をみんなで使っていた。もし友達と会うなら、家を出る前に全ての準備をしておかなければいけなかった。もし誰かと連絡を取りたければ、その人の家に電話をして、その人がいなければメッセージを残した。そして、その人が家に戻るまで折り返しの電話が来ることは期待しなかった。何人かはコンピューターを持っていたが、コンピューター・サイエンスの勉強でもしていない限り、ワープロとして使っていた。もし何かの情報を調べたければ、図書館に行って本を見つけなければいけなかった。現在は、こういった全てのことが、僕たちがポケットに入れて持ち歩いている機器ひとつでできる。スマートフォンがなかった頃、僕たちはどうやって全てのことをこなしていたのか、思い出すことさえ難しかった。

 バーに到着すると、その日は月曜日だったので、結構混んでいた。席について、ビールのピッチャーを頼み、バーテンダーに「10セント・バッファロー・ウイング」はまだあるかと聞いてみた。バーテンダーは笑って、今は月曜日のスペシャルは1つ79セント(約87円)だと教えてくれた。ずいぶん前から、バッファロー・ウイングを10セントでは提供できなくなったそうだ。

 僕らは、ウイングが20個入ったプレートを頼んだ。バーの中を見渡してみると、値段は高くなってしまったが、バッファロー・ウイングは今も大学生に人気があるようだった。

バッファロー・ウイングが人気の理由とは

 何年も前、ほとんどのレストランでは、鶏肉は肉がたっぷりと付いた胸と足の部分を好んで提供していたので、ウイング(羽の部分)は残った。バーは残ったウイングを安く買って安く売ることができた。しかし現在では、バッファロー・ウイング専門のチェーン店が出来たりして需要が増え、値段はかなり上がってしまった。 

 バッファロー・ウイングの名前の由来は、その発祥地であるニューヨークのバッファローという町から来ている。あるバーのオーナーが、発注の間違えによって鶏のウイングが大量に届いてしまった時に考案したといわれている。そのオーナーはウイングを油であげ、溶かしたバターと酢とホットペッパーソースを混ぜたドロッとしたものでコーティングした。このドロッとしたものは現在、バッファロー・ソースとして知られている。オーナーは、このチキンをディップするブルーチーズ・ソースとセロリ・スティックを添えて、お腹をすかせた客に提供したところ大変評判になり、新たにメニューに加えられることになった。以来、バッファロー・ウイングの人気はずっと続き、現在はアメリカのほとんどの街のレストランやバーで提供されている。

 僕たちが頼んだバッファロー・ウイングが、山積みのナプキンと一緒に運ばれてきた。手や周囲を汚さずにウイングを食べるのは、とても難しい。僕たちはウイングを食べながら、大学時代の昔話に花を咲かせた。それぞれが今でも連絡を取っている人たちについての最新情報を交換し、自分の今の仕事や家族についても語った。久しぶりに会い、お互いの近況について話し合うことができて、すごく良かった。僕たちは長い間話していたが、会話も落ち着いてきた頃にふと、それまでとは周囲の様子が異なることに気が付いた。バーは客の会話でうるさかったのだ。周りを見渡してみると、誰もスマートフォンを使っていない。ウイングを食べながら、テキストを打つことはできないからである(携帯がバッファロー・ソースで汚れても良いなら別だが……)。まるで僕たちが大学生だった頃のように、バーの中にいるすべての人が会話をしていた。こんな様子は最近なかなか見られないので、なんだか、とても良いものを見たような気がした。

 僕たちはビールを飲み終え、手を洗って店を出た。これからはもっと頻繁に会うようにしようという意見で一致した。彼は妻に「今から帰る」とテキストで知らせ、僕はアプリでウーバーを頼んで、バーの前で別れた。そして、僕たちは普通の生活に戻った。

アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

https://bizseeds.net/articles/578

オーガニックワインや野菜の生産で有名なシアトル近郊、Woodinville。その街を代表する農場「21エーカース」の料理人、サリバン夫妻が語るサステイナブルな食とは? 『地球に優しく世界を食べよう!』。「アメリカの食」は多様性に富んでいる。それを通して見える「日本の食文化」の素晴らしさとは、何であろうか?

食に関する記事 >

この記事の寄稿者

 アメリカ中西部オハイオ州の小さな田舎街に生まれる。オハイオ州立大学に通った後、アメリカ各地を転々と暮らしながら旅をした経験を持つ。これまでに就いた職業は飲食業、ツアーガイド、ミュージシャン、セールスマン、オフィス勤務、物書き、長距離トラック運転手、花屋さんなど多岐に及ぶ。現在はワシントン州にある国際輸送業関連会社に勤務し、平日は会社でデスクワーク、週末は趣味のハイキング、ランニング、写真撮影などに勤しんでいる。料理と食べること、そして自分と異なる文化を知ることが何よりも好き。文化の違いを学ぶだけでなく、共に美しい地球上で生きる者として、その差異の中にも人間として何か共通点を見つけることを常に心掛けている。

関連する投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング