日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

車があなたの脳波から心の状態を読み取って運転を助けるという夢のような話が浮上している。開発を始めたのは日産自動車。昨今ブレインテック (BrainTech・脳工学)が話題になっているが、日産のこのニュースもアメリ カの自動車産業界で、ちょっとした話題になっている。


日産が開発した「Brainwave」とは?

 毎年1月にラスベガスで行われる、世界最大の家電見本市「CES」。今年も1月8日から12日まで行われたが、今年は特に車に応用する新技術の話題で持ち切りだった。なかでも注目を浴びたのは、日産自動車が開発した「Brainwave」という脳波から人の心を読み取る、ちょっと変わった形のヘルメット。現在はまだ実験段階だが、装着により運転技術を誰でも向上させることができるツールということで、会場に設置したシミュレーターには体験したい人が殺到した。
 まずはCES会場での様子を、映像でご覧頂きたい。

目的はあくまで運転技術の向上

 Brainwaveは、脳波を勝手に読んで自動操縦をさせるというコンセプトではない。ヘルメットを装着することで、脳の運動野に関わる11地点の脳波のデータを収集し、よりよく運転を行う手助けをしてくれるツールである。

 たとえばこの技術を使うと、運転手がハンドルを切るよりも早く脳波が曲がり角を認知するため、運転がよりスムーズになる。開発チームの一員である科学者のルシャン・ギョルケ氏は「この技術はAI自体に人間の行うべき作業をさせる発想ではなく、より良くAIと人間がパートナーシップを構築することを目的にしている。AIと人間の技術の相乗効果で、運転クオリティがあがるのだ」と説明している。

 確かに車は車種によって様々な特徴がある。また、運転する人間の運転技術によっても車の動きは変わってくる。特に経験の浅いドライバーの場合、自分の車の特徴に慣れるまでに時間を要する。こうしたAI技術の力を借りれば、個々が車の特徴に慣れるスピードなども早くなるのかもしれない。

 半自動運転機能がある車に搭載可能となるようにデザインしているというが、実用化までの道のりはまだ長いらしい。今後は同様の発想で、人の脳波をAI技術に取り入れるツールは様々なエリアで登場するだろう。未来はAIと人の共栄共存の時代になるのだろうか。10年後、人はどんな時代を生きているのか楽しみだ。

引用元:This car tech makes you a better driver by reading your mind. We gave it a test drive

日米英における電気自動車の所有は、ガソリン車より既に安いと判明

https://bizseeds.net/articles/580

電気自動車は「コンセプトは良いが、値段が高い」という印象があるが、最新の調査によって、日本、アメリカ、イギリスにおいては、ガソリン車やディーゼル車よりも電気自動車の所有コストの方が安いことが分かった。

日本企業に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は合意されたばかりの日米貿易協定を、政治的な見解が異なるアメリカ人たちがどう思っているかについて。


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

米自動車大手フォードは、自社の自動運転車に搭載した二足歩行の宅配ロボットがドアの前まで荷物を運ぶ実験の開始を発表。そのロボットの動き方を撮った動画が公開され、大きな話題を呼んでいる。


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。






最新の投稿


米アマゾン本社内のホームレス・シェルター、まもなくオープン

米アマゾン本社内のホームレス・シェルター、まもなくオープン

物価の急上昇と共に増え続けるホームレス。そのことが大きな社会問題になっているシアトルに本社があるアマゾンドットコム社が、同本社内にホームレスの人たちが使用できる宿泊施設をつくり、3月末までにはオープンする予定だ。


元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

バスケットボール界を代表するNBAスーパースター選手だったコービー・ブライアント氏が26日(日本時間27日)、乗っていたヘリコプターが墜落し、41歳という若さで亡くなったことを受けて、米各地で追悼集会が開かれている。


OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は日本ではOKでも、アメリカではOKではないジェスチャーやポーズについて。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング