1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 今回はラスベガス恒例の「CES」の話題や、北朝鮮の弾道ミサイル発射誤報で慌てたローカル・ニュースなどをご紹介。


注目ニュース 編集部の「ざっくり」

 今回の5つのニュース・ピックスで注目したいのは、世界最大の家電ショー「CES」で大躍進を見せた音声対応のデジタル・アシストAIのニュースだ。デジタル・アシストAIは多数あるが、なかでも注目は、アマゾン社のアレクサ。米大手メディア『USA TODAY』は、アレクサが対応可能なディバイスのひとつにトイレを大々的に取り上げているが、TOTO社などが開発する優れたトイレ・システムがすでに浸透している日本人からすると、アレクサ対応トイレよりも、長年培われた日本のトイレ性能の方がずっと優秀なような気がするが、どうなのだろうか。

 もうひとつの注目は 地球外生物「宇宙人」関連ニュース。地上に落下した隕石の破片から、「生命の元となる有機物が発見された」という報道に人々が熱狂するのは世界共通のようだ。CNNがこのニュースを放送するや否や、ソーシャルメディアでさまざまな憶測が飛び交った。しかし、この隕石が発見されたのは1998年。「なぜ発表までに、これほどの時間を要したのか」という声が多い中、CNNの取材に対し、研究者らは「詳細な調査には時間が必要だった」と述べている。もし、それが事実ならば、未公開のNASAの研究の中には、すでに宇宙人の存在を認める結果を含むものもあるかもしれない。宇宙人は存在するのだろうか? これら2つのニュースを含む、1月3週目の注目ニュースはこちら。

AIの躍進! アレクサがトイレまで支配する?

 毎年1月に米ネバダ州ラスベガスで開催されるCESは、世界最大の家電見本市。今年は音声コマンド機能を搭載した「デジタル・アシストAI」の躍進により、音声コマンドで操作可能なディバイスに注目が集まった。なかでもアマゾン社のアレクサは、約4,000ブランドのディバイスに対応が可能になった。特筆すべきはトイレのコマンドで、便座の上げ下げや、流水などの指示を音声で行える商材が登場。それを取材した『USA Today』誌は、「トイレにまでアレクサは必要か?」と疑問を呈しながらも、AI技術の応用範囲の拡大を驚きとともに紹介した。

引用元:Do we really need an Alexa-powered toilet ?

地上に落下した隕石の破片から、生命の痕跡を発見?

 今月11日、学術誌『Science Advance』が、「1998年に地上に落下した2つの隕石から生命の元となる有機物を発見した」ことを発表した。2つの隕石は落下した先の地名を取って「モナハンス(米・テキサス州)」と、「ザグ(モロッコ)」と名付けられている。研究者らが、この2つの隕石に含まれる0.2mmほどの小さな青い結晶を取り出し、その成分を詳細に分析したところ、結晶内にアミノ酸などの生命の源となりうる複数の有機物が多く含まれていることが判明したという。現時点ではまだ、この結果は「地球外生命が存在する証明」にはならないが、今後のさらなる研究に期待が寄せられている。

引用元:Ingredients for life found in meteorites that crashed to Earth

弾道ミサイル警報の誤報にハワイ住民が大パニック!

 米ハワイ州では1月13日午前8時7分、住民や旅行者の携帯電話に「緊急警報。弾道ミサイルの脅威、ハワイへ接近中。ただちに避難を。これは訓練ではない」という内容の緊急メールが一斉に送信された。この誤報に一時、州内はパニックに陥った。米連邦通信委員会(FCC)はこの騒動に対して、同州の警報システムには誤報を防ぐ防止策が欠けていると批判し、修正を求めた。ちなみに、この警報が誤報であるという訂正メールが州政府から送られたのは、38分後だった。

引用元:Hawaii alert: False missile alarm sparks panic

トランプ政権、中国のWTO加盟を支持したことは間違いだったと発表

 2001年に中国の世界貿易機関(WTO)加盟を支持したアメリカ。トランプ政権の米通商代表部は今月19日、その指示が「間違いであった」という見解を発表した。今後アメリカは、中国の経済貿易を抑制する準備を進めると見られる。米通商代表部は年次報告書の中で、「既存のWTO規約は、中国の市場歪曲行動を抑制しきれていない」と指摘。トランプ大統領はロイター通信のインタビューで、中国は米企業に対する知的財産権侵害や外国製品・サービスの輸入の制限、外国企業に技術移転の圧力をかけている等と指摘。これらの行為に対する「罰金」の検討についても言及したが、この罰金が何を指すかは明言していない。

引用元:Trump administration says U.S. mistakenly backed China WTO accession in 2001

アップルCEO、自分の甥にはソーシャルメディアをさせない発言

 英国エセックスにあるハーロウ大学を訪問したアップル社CEOのティム・クック氏は、同大学が開催したアップル社主催の「Everyone Can Code」という授業に登壇し、「テクノロジーの使い過ぎや依存は、必ずしも良いことではない」という考えを述べた。例えばグラフィック・デザインのように、コンピューター技術を扱う学問であっても、テクノロジー技術はその学びの全てではないことを指摘。それよりも考えを語り、理解するという学びの概念が重要であるという見解を示した。同氏に子供はいないが、「甥にはFacebookなどのSNSには触らせない」と語って周囲を驚かせた。この発言は同社の利益にとっては非常にマイナスだという意見が出ている反面、この発言により同社のブランド・イメージがさらに高まったということに注目する意見も多い。

引用元:Tim Cook: 'I don't want my nephew on a social network'

宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

https://bizseeds.net/articles/100

 民泊を世界中に広めた一大ベンチャー企業、Airbnb(エアービーアンドビー、本社サンフランシスコ)が、先月同社が創刊した新雑誌『Airbnmag』の誌上で、宇宙旅行を取り扱う5社の料金を比較した記事を掲載した。

NASAに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

四六時中ベッドで寝転がりたい人にとっては、夢のようなアルバイトをNASAが募集した。最短60日、最長70日の短期バイトだ。以前にも募集したことがあるというこの仕事、今回は24人の人が集まった。あなたなら応募したいだろうか?


アメリカ史上最大規模の大学入試スキャンダル

アメリカ史上最大規模の大学入試スキャンダル

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。先月12日に明らかにされたアメリカの複数の名門大学への不正入学に絡む贈収賄事件。この事件の問題のひとつとされる「レガシー・プログラム」に関する記事は当サイトでも既に公開しているが、アメリカのこの現状に物申すリベラル派アメリカ人ライターは、これはトランプ大統領のせいだと言う。その根拠はいかに?


トランプを嫌い過ぎて、常軌を逸した米大手メディアたち

トランプを嫌い過ぎて、常軌を逸した米大手メディアたち

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ政権が嫌い過ぎた故に、「自作自演でヘイト・クライムの被害者を演じた、リベラル派の俳優」が起こした事件について。


トランプ大統領のゴルフ仲間はどんな人たちなのか?

トランプ大統領のゴルフ仲間はどんな人たちなのか?

安倍首相とゴルフをしながら会合をしたトランプ大統領のゴルフ好きは世界的にも知られているが、大統領就任から2年少々の間に174回もゴルフをしていることがニュースになっている。どんな人たちとコースを回っているのだろうか?


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング