アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見


夢見る「ドリーマーズ」は、本当に可哀想な子供たちなのか?

 これまでに何度も書いてきたが、アメリカの大手メディアは9割方がリベラルな思想の持ち主だ。オーナーも、編集者も、記者も、たいてい都会のリベラルな大学を出て、裕福な人々が住む地域で暮らしている。そのため、彼らの報道には田舎に住む人々やブルーカラーの労働者たちの意見が全く反映されない。

 たとえば今、アメリカで大問題になっているDACA(不法移民の親に連れられて不法入国した子どもの強制退去を中止したオバマ大統領勅令)に関しても、大手メディアは都会のエリートの視点からしか報道していない。

 米大手メディアの大半は、DACA対象者のことを 「ダーカの子どもたち」、または「ドリーマーズ」(2001年に議会で否決された未成年外国人育成救済教育法Development, Relief and Education for Alien Minors Actの頭文字)、つまり「夢見る人々」と呼び、あたかもDACA対象者全員が「あどけない子どもたち」、あるいは「前途有望な人々」であるかのように見せている。そして、彼らについて報道する際には、医師や学者、兵士になった極一部のDACA対象者と、彼らを支える「働き者の親たち」のみを例にあげてフィーチャーし、「DACAの子どもたちも、その親である不法移民も、アメリカにとって重要な資産です」と、彼らがアメリカで役に立っていることを連呼している。

 しかし、DACA対象者の平均年齢は子供ではなく、25才(最年長は36才)の大人だ。移民研究センターや移民法改革連盟の調査によると、彼らの24%は英語が話せず、49%は高校中退者で、7人のうち1人はメディケイド(政府が負担する低所得者向け医療費補助制度)の対象者である。

刑務所の囚人5人に1人が非アメリカ国籍

 さらに、国土安全保障省は「2017年8月までに不法移民の2,139人が犯罪を犯して有罪になった」と発表し、同省が司法省と行った外国人囚人に関する調査では、「連邦刑務所の囚人のうち58,766人(囚人の5人に1人)は非アメリカ国籍で、そのうちの35,334人は不法移民」であることが明らかになっている。

 移民法改革連盟は、アメリカ在住不法移民人口を1,250万人と見積もっているため、不法移民の0.28%が連邦刑務所の囚人ということになる。一方、アメリカ人の人口は約3億2,600万人なので、連邦刑務所のアメリカ人の数はアメリカ人総数の0.072%で、単純に計算しても不法移民の犯罪率が非常に高いことが分かる。また、防犯リサーチ・センターの調査では、アリゾナ州のDACA対象者数は同州人口の2%で、アリゾナ州の刑務所に収容された囚人の8%を占めていることがわかっている。

 このような調査の結果は、トランプが勝った州では地元ニュースが伝えており、テキサス州やアリゾナ州など不法移民が多い州では、不法移民による犯罪の被害者も多い。また、ミシガン州やオハイオ州、ウィスコンシン州、ペンシルバニア州などでは、不法移民による安い労働力と、彼らが持ち込んだ麻薬の被害を被っているため、州民たちにとっては、不法移民退去は死活問題ともいえるほど重要だ。

 しかし、米大手メディアは不法移民に関する不利なデータはほとんど報道しないため、リベラルな州に住んでいる人々は、不法移民の実態を知らずに、「DACAの子どもたちに冷たい保守派やブルーカラーの労働者は、同情心に欠ける人種差別者だ」と、トランプ支持者を蔑んでいる。

 ヒスパニック系人種が票田のリベラルな民主党議員は、不法移民を守るために政府機関を閉鎖したり、リベラルなカリフォルニア州では不法移民のための弁護士の費用や不法移民の大学入学費や授業料を州政府が賄っている。アマゾン社のジェフ・ベゾスCEOもリベラル派として知られるが、DACA対象者1,000人に3,300万ドルの奨学金を約束している。

 このようなリベラル派による「不法移民最優先策」を見れば、不法移民から実害を受けたエンジェル・ファミリー(不法移民に殺された被害者の遺族)や、ブルーカラーの人々が、「アメリカ人優先政策」を唱えるトランプ大統領を支持し続けるのも、無理はないことがわかるだろう。

引用元:
■司法省、及び国土安全保障省の外国人の囚人に関する調査
https://www.justice.gov/opa/pr/pursuant-executive-order-public-safety-department-justice-releases-data-incarcerated-aliens-0

https://www.dhs.gov/sites/default/files/publications/Alien_Incarceration_Report_OIS_FY17_Q4_2.pdf

■防犯リサーチ・センター
https://crimeresearch.org/

■移民研究センター
https://cis.org/

■移民法改革連盟
https://fairus.org/

訳が分からないアメリカの不法移民問題

https://bizseeds.net/articles/619

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。

移民に関する記事 >

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


【Red vs. Blue】得票数は関係ない? 理解しづらいアメリカの選挙システムと中間選挙

【Red vs. Blue】得票数は関係ない? 理解しづらいアメリカの選挙システムと中間選挙

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、先の米中間選挙でも意見が飛び交った「各州の選挙区境界線がフェアではない」等の問題について。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙が終わるや否や、アメリカ中が危惧する問題が勃発。大統領より時に重要で、国を揺るがしかねない最高判事問題とは?






最新の投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング