アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見


夢見る「ドリーマーズ」は、本当に可哀想な子供たちなのか?

 これまでに何度も書いてきたが、アメリカの大手メディアは9割方がリベラルな思想の持ち主だ。オーナーも、編集者も、記者も、たいてい都会のリベラルな大学を出て、裕福な人々が住む地域で暮らしている。そのため、彼らの報道には田舎に住む人々やブルーカラーの労働者たちの意見が全く反映されない。

 たとえば今、アメリカで大問題になっているDACA(不法移民の親に連れられて不法入国した子どもの強制退去を中止したオバマ大統領勅令)に関しても、大手メディアは都会のエリートの視点からしか報道していない。

 米大手メディアの大半は、DACA対象者のことを 「ダーカの子どもたち」、または「ドリーマーズ」(2001年に議会で否決された未成年外国人育成救済教育法Development, Relief and Education for Alien Minors Actの頭文字)、つまり「夢見る人々」と呼び、あたかもDACA対象者全員が「あどけない子どもたち」、あるいは「前途有望な人々」であるかのように見せている。そして、彼らについて報道する際には、医師や学者、兵士になった極一部のDACA対象者と、彼らを支える「働き者の親たち」のみを例にあげてフィーチャーし、「DACAの子どもたちも、その親である不法移民も、アメリカにとって重要な資産です」と、彼らがアメリカで役に立っていることを連呼している。

 しかし、DACA対象者の平均年齢は子供ではなく、25才(最年長は36才)の大人だ。移民研究センターや移民法改革連盟の調査によると、彼らの24%は英語が話せず、49%は高校中退者で、7人のうち1人はメディケイド(政府が負担する低所得者向け医療費補助制度)の対象者である。

刑務所の囚人5人に1人が非アメリカ国籍

 さらに、国土安全保障省は「2017年8月までに不法移民の2,139人が犯罪を犯して有罪になった」と発表し、同省が司法省と行った外国人囚人に関する調査では、「連邦刑務所の囚人のうち58,766人(囚人の5人に1人)は非アメリカ国籍で、そのうちの35,334人は不法移民」であることが明らかになっている。

 移民法改革連盟は、アメリカ在住不法移民人口を1,250万人と見積もっているため、不法移民の0.28%が連邦刑務所の囚人ということになる。一方、アメリカ人の人口は約3億2,600万人なので、連邦刑務所のアメリカ人の数はアメリカ人総数の0.072%で、単純に計算しても不法移民の犯罪率が非常に高いことが分かる。また、防犯リサーチ・センターの調査では、アリゾナ州のDACA対象者数は同州人口の2%で、アリゾナ州の刑務所に収容された囚人の8%を占めていることがわかっている。

 このような調査の結果は、トランプが勝った州では地元ニュースが伝えており、テキサス州やアリゾナ州など不法移民が多い州では、不法移民による犯罪の被害者も多い。また、ミシガン州やオハイオ州、ウィスコンシン州、ペンシルバニア州などでは、不法移民による安い労働力と、彼らが持ち込んだ麻薬の被害を被っているため、州民たちにとっては、不法移民退去は死活問題ともいえるほど重要だ。

 しかし、米大手メディアは不法移民に関する不利なデータはほとんど報道しないため、リベラルな州に住んでいる人々は、不法移民の実態を知らずに、「DACAの子どもたちに冷たい保守派やブルーカラーの労働者は、同情心に欠ける人種差別者だ」と、トランプ支持者を蔑んでいる。

 ヒスパニック系人種が票田のリベラルな民主党議員は、不法移民を守るために政府機関を閉鎖したり、リベラルなカリフォルニア州では不法移民のための弁護士の費用や不法移民の大学入学費や授業料を州政府が賄っている。アマゾン社のジェフ・ベゾスCEOもリベラル派として知られるが、DACA対象者1,000人に3,300万ドルの奨学金を約束している。

 このようなリベラル派による「不法移民最優先策」を見れば、不法移民から実害を受けたエンジェル・ファミリー(不法移民に殺された被害者の遺族)や、ブルーカラーの人々が、「アメリカ人優先政策」を唱えるトランプ大統領を支持し続けるのも、無理はないことがわかるだろう。

引用元:
■司法省、及び国土安全保障省の外国人の囚人に関する調査
https://www.justice.gov/opa/pr/pursuant-executive-order-public-safety-department-justice-releases-data-incarcerated-aliens-0

https://www.dhs.gov/sites/default/files/publications/Alien_Incarceration_Report_OIS_FY17_Q4_2.pdf

■防犯リサーチ・センター
https://crimeresearch.org/

■移民研究センター
https://cis.org/

■移民法改革連盟
https://fairus.org/

訳が分からないアメリカの不法移民問題

https://bizseeds.net/articles/619

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。

移民に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


【Red vs Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

【Red vs Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、朝鮮半島の非核化実現に向けたトランプ大統領の功績について、両者の意見を乞う。


ブッシュ夫人の死を喜ぶリベラル派が浮き彫りにしたものは?

ブッシュ夫人の死を喜ぶリベラル派が浮き彫りにしたものは?

多様なアメリカでは暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はバーバラ・ブッシュ夫人の訃報を喜んだリベラル派大学教授のツイート炎上に関する保守派の意見を紹介する。


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


冗談を受け止められないトランプ大統領、2年連続で夕食会を欠席

冗談を受け止められないトランプ大統領、2年連続で夕食会を欠席

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は4月28日に開催されるホワイトハウス記者協会主催の恒例夕食会を、トランプ大統領が再び欠席したことについて、リベラル派としての見解を述べる。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング