南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


日本は「トランプはダメ」だと思い込み過ぎでは?

 先日、日本に帰省した際、会う人ごとに同じ質問をされた。

「トランプは、正直どうなの?」

 日本に住んでいる人からすると信じ難いのかも知れないが、アメリカ南部に住んでいる私に聞こえてくる声は、「トランプ、頑張れ!」である。

 たまに首を傾げたくなるようなツイートをする彼に困惑することもあるが、『ニューヨーク・タイムス』紙やCNN等の反共和党メディアは、トランプに関する目を疑ってしまうようなニュース、つまりは彼らが仕立て上げた嘘のニュース(トランプ大統領がフェイク・ニュースと呼んでいるもの)を報道することが多い。そういうリベラル派が報道するニュースのほとんどは、その後にトランプ側が事実を証明しているのに、反トランプの人達は政権が説明した事実には目もくれないし、大々的に批判をした報道番組ではフォローアップもほとんど報道されない。

 事実として、トランプ政権になってから株価は上がり、失業率は2000年以来初めての4.1%まで下がり、GDPも上昇している。これらに加えて、南部に住むクリスチャン(キリスト教信者)たちがもっと喜んでいることがある。

トランプは「人工妊娠中絶手術の反対」を訴えた初めての米大統領

 それは、トランプがアメリカの大統領として初めて「人工妊娠中絶手術の反対」を訴えたことだ。クリスチャンの中には、トランプがもし人工妊娠中絶に賛成ならば投票しなかった、という人がいるほど、クリスチャンにとって人工妊娠中絶は大問題であり、だからこそ米大統領選挙において歴代候補者が必ず国民から尋ねられる質問なのである。

 クリスチャンにとっては、「受胎=神様から命を与えられた」、つまりは受胎の瞬間から人命があると解釈されている。人工妊娠中絶手術は、神様から与えられた贈り物(命)を人の手で殺めること、いわゆる殺人なのである。

 私が住むアメリカ南部には、「自分はクリスチャンだが、場合によっては人工中絶手術には賛成」などと言う人は、「本当のクリスチャンではない」とする強い意見を持つ敬虔なクリスチャンも多い。私からすると、「では、レイプ被害などによる望まぬ妊娠をした場合はどうなるのか?」という疑問も湧くのだが、人工中絶手術反対派は、与えられた命にそのレイプ犯の罪をかぶせるべきではないという意見だ。その命の誕生は、レイプの事実とは別物であり、赤ちゃんには罪はないので、その赤ちゃんが授かった命を絶やすということは、殺めること、つまりは殺人となるそうだ。もう誕生した命なので(受胎した時点で人間と判断される)、その場合は産まれた子を養子に出すか、シングルマザーとなるかだが、そういう場合の米国における救済制度は整っているというのが彼らの意見である。

 確かに、そういう支援制度は多々あるし、養子縁組は米国内では珍しくない。子供のいない夫婦は、「恵まれない子供を助けるためにも、養子縁組をしてはどうか?」と、親切に“お勧め”されることも多い。クリスチャンか否かにはかかわらず、アメリカには「養子縁組をする=良いことをした/良い人間」という風潮があると思う。

 この人工中絶手術の賛否にかかわる問題は、長い間、全米をほぼ二分する問題となっている。1970年代に最高裁判所が「人工中絶手術は違法ではない」と定めたが、それ自体が、反対派が半数近くいる中で充分な協議や投票もされず、「民主的な決断ではなかった」として長年クリスチャンたちの怒りをかっていた。そこに、トランプが米大統領として初めて「人工妊娠中絶手術の反対」を訴えたことで、敬虔なクリスチャンたちは大喜びしているのである。

 アメリカの政治家なら誰もが触れたくないとされる「人工妊娠中絶手術の賛否」問題。国内の80%ほどの人口がクリスチャンというアメリカでは非常に大きな課題だが、果たしてこれが解決される日は来るのだろうか。

トランプ大統領に対する「抵抗勢力」の狙いは、トランプ潰しではない

https://bizseeds.net/articles/627

ヒッピーやリベラル派が多く住むオレゴン州ユージーン。彼の地のファーマーズ・マーケットで働きながら、米政治・社会について論破することが趣味なリベラル派市民、ロブ・スタインが語る「今日のアメリカ」。先日、NYタイムス氏が掲載したトランプ大統領のロング・インタビューを読んで、リベラル派の彼は何を思ったのだろうか?

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が 突然、自身のロシア疑惑調査の機密を解除した背景に関して保守派、リベラル派が意見を交わす。


米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

米中間選挙:保守派がSNSによる“選挙介入”を恐れる理由

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、保守派たちはグーグルなどのリベラル派IT企業やソーシャル・メディアによる“選挙介入”を恐れている、という現地からの声をレポートする。


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング