「ラスベガス百花繚乱」2018/02/13

「ラスベガス百花繚乱」2018/02/13


アメリカで話題のクリス・エンジェルのマジック・ショーに行ってきた

世界中のトップスター達が集まるラスベガスには
今現在、中心部だけでおよそ400の「エンターテイメント・ショー」があります。

特に僕のお気に入りなのが……

クリス・エンジェル マインドフリーク LIVE (Criss Angel Mindfreak LIVE)。
連日完売の超人気マジック・ショーです。

アメリカでは、特に若い人たちに人気のクリス・エンジェル。
死んだ鳩を生き返らせたり、街中で男女の身体を切断して入れ替えたり
誰にも真似できない
超「神がかり」なマジックと
女性を一瞬で惹きつけてしまう絶対的なオーラを武器に
アメリカ国内で最も有名なマジシャンのうちのひとりです。

日本のTV番組にも、たびたび出演しています。

大掛かりなイリュージョンから、トランプやコインを使った至近距離マジックまで
全体を通して視覚的なパフォーマンスがほとんどなので
英語が聞き取れなくても十分楽しめます。

ピラミッド型のホテル、Luxor Casinoにある劇場で今年の10月末まで上演しています。

止まない紙吹雪にド派手な花火。
まさに「ラスベガス」な規格外の演出と
鳥肌必須のフリーク系イリュージョンに
テンション上がること間違いなしです。

塚原ミキヒトの「ラスベガス就活奮戦記」へ


※ブロガー個人の意見です。


この記事の寄稿者

高校生の頃から日本でマジシャンとして活動をはじめ、様々なコンテストで優秀な成績をおさめる。自らの主催で、渋谷やお台場、赤坂などで大規模な学生イベントを展開。なかでも 「MARCH祭」は後輩たちに受け継がれ、現在も渋谷O-EASTにて毎年開催されている。高校卒業後、ラスベガスに移住。大学でカジノとホテル経営学を専攻し、2017年5月に卒業。アメリカの人気TV番組「 America’s Got Talent」にも出演し、人気イリュージョニストのアシスタントなども務めた。現在は“J Resort Japan”というプロジェクトを立ち上げ、日本におけるエンターテイメントとカジノ、観光産業の発展をリードできる人材になること目指し、日々ラスベガスで精進している。

最新の投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング