【Red vs. Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs. Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


 先月7日、第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、アメリカで最も有名なTV司会者のひとり、オプラ・ウィンフリーが、業界の功労者に与えられる「セシル・B・デミル賞」を受賞。その受賞時のスピーチが素晴らしかったと全米で話題になった。

 オプラは、貧しかった少女時代にシドニー・ポワティエが黒人俳優として初めてセシル・B・デミル賞を受賞する姿を見た時の感動や、同賞を初の黒人女性として受賞する自分の姿を見ている少女たちがいることの意味の大きさ、ここまで成し遂げた自身を支えてくれた人々への感謝を述べた。そして、アメリカ社会が抱えている差別問題と女性に対する性的な虐待を取り上げ、これまで女性は長い間、虐待されてきたが、「タイムズ・アップ(もうそれは終わり)。今これを見ている少女たちに、新しい時代の兆しが見えていることを知って欲しい」と力強く述べ、会場は数回のスタンディング・オベーションに湧いた。翌日、アメリカのメディアはオプラの演説の話題で持ちきりとなり、2020年の大統領選に出馬するのではないかとさえ噂された。このスピーチを、保守派とリベラル派はどう受け止めたか?

出典『CNN Entertainment』
スピーチ全文掲載:Read Oprah Winfrey's Rousing Golden Globes Speech

[Red 保守派] オプラは過去に固執している

Oprah Winfrey is stuck in the past

 オプラ・ウィンフリーは過去に固執している。女性の虐待に言及したゴールデン・グローブ賞でのスピーチで彼女は、ジム・クロウ法(※1)の時代(1876年〜1964年)に起こった典型的なケースとして、白人男性6人と黒人女性1人が関与する強姦事件を公開した。最近起こった有名な強姦事件や嫌がらせ、殺人の実例が他になかったのだろうか? 1944年まで遡らなくてはならなかったのは、なぜだろう? 

 私には、どうして彼女がその事件を選んだのか見当もつかないが、推測するだけの危険を冒すことはできる。おそらくそれは、最近ハリウッドを席巻している「白人の男は悪人で女性を餌食にする」という「Me Too(私も被害者)」現象を支持する話だからだ。しかし、50年前からの犯罪に関する実態は、女性の第一の敵は白人男性だという毒のある考えを支援してはいない。

 例えば、黒人男性はアメリカの人口の約6%にすぎないが、強姦事件の35%以上は彼らが犯している。ヒスパニック系の男性と合わせると数字は50%以上に跳ね上がる。統計学的にいうと、たとえば黒人とヒスパニック系男性を組み合わせたものと比較すると、白人男性は女性にとってほとんど脅威ではない、それでもオプラは、黒人差別の亡霊である南部のジム・クロウを、現在のアメリカ人女性の性的虐待に関するスピーチに取り入れたかったのだ。

 では、まだ記憶に新しい2015年に、父親とサンフランシスコのフィッシャーマンズ・ワーフを歩いていて、なんの理由もなく不法移民のメキシコ人に撃ち殺された32歳の白人女性ケイト・スタインレの事件はどうだ? この事件に取り組んだらどうなのだ? 次回のゴールデン・グローブ授賞式では、不法移民によるアメリカ人女性の殺人と強姦、虐待についてスピーチしてもらいたいものだ。

[Blue リベラル派] 平和と愛と理解の何がそんなにおかしいのか?

What’s so Funny About Peace Love and Understanding ?

 オプラが大統領選に出馬するなどという雑音は、推測に過ぎないので聞く必要はないだろうが、オプラはアメリカ国民が必要としていた激励で、我々を奮い立たせてくれたことは間違いない。トランプ大統領が毎日ソーシャルメディアで誰かを攻撃することに忙しいところに、誇張やひねくれた言葉ではなく、真実と心のこもった言葉をテレビのパーソナリティーから聞くのは、とても爽やかな気分にさせられた。

 オプラは、テレビや映画の役ではいつも強い女性を演じて来たが、それはおそらく彼女の持って生まれた強さを反映しているのだろう。彼女は、映画に出演する際、ポジティブな役や人にインスピレーションを与える役でなければ引き受けないそうである。

 アメリカは今、インスピレーションを必要としている。ホワイトハウスにバッド・ニュース大統領がいるアメリカは今、ハッピー・エンドな話が必要だ。大統領たる者が、白人至上主義者を「非常にすばらしい人々」などと呼ぶアメリカでは、黒人女性が力のある地位につくことが必要なのだ。

 現政権が攻撃的で予測不可能なために、混乱し不安を抱いている何百万人ものアメリカ人を鼓舞するには、人権こそが最も大切であるというアメリカの展望について語った、心動かされるオプラのスピーチが必要だった。だから大勢の人々の心を揺らし、これほどまでに話題になったのだろう。

注釈:※1 ジム・クロウ法とは 1876年から1964年にかけて存在した、人種差別的内容を含むアメリカ合衆国南部諸州の州法の総称。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

https://bizseeds.net/articles/622

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!

差別に関する記事 >

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連する投稿


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。新年の初回はテキサスで行われている裁判、「6才男児はトランスジェンダーなのか、否か」が全米の注目を集めていることについて紹介しよう。


2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。2019年は米大統領選挙の前年。次期大統領候補者についての話題が増えるのは必須だ。ますます国の分断が進みそうな予感だが……?


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング