2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ。先週はアマゾンの新規医療健康ビジネスや、テスラCEOによる冗談のようなビジネスに注目が!


注目ニュース 編集部の「ざっくり」

 アメリカ国民にとって、どうしても無視できない問題のひとつが、日本とは比べ物にならないほど高額の医療費である。先週、アマゾン社が、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイ、JPモルガン・チェースと共同設立することを発表した新規の非営利団体は、在米勤務の3社社員の医療費を削減することが目的だ。米大手企業がこうした案件に乗り出したことに、市場も大きく反応した。アメリカにおける自己破産の6割は医療費の支払いができないことが原因だが、こうした大手企業の取り組みが、今後どのように一般に波及していくか、注目したいところだ。

 もうひとつ取り上げたいのは、「毎度お騒がせ」といった感のある、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが販売した火炎放射器のニュース。彼が所有する別会社、The Boring Companyが売り出したもので、わずか数日で完売した。どんな火炎放射器なのかは、こちらの映像を。

 ちなみに商品を手にニコニコ顔で遊んでいるこの男性はマスク氏本人だ。商品は本体の他に消火器のオマケ付き……。こんなものを購入したい人が2万人もいることに驚かされるが、これら2つのニュースを含む注目のニュースはこちら。

フィットネス・アプリ、軍機密の漏えいの原因に?

 全米で人気が高いフィットネス・アプリ「ストラバ」。同社は2017年にユーザーのアクティビティ履歴に関するデータを公開したが、軍に従事する同アプリ・ユーザーの記録から、アフガニスタンやシリアなどの軍事基地の位置が特定されたという疑いが浮上。紛争地域でアプリを利用するのは軍事関係者くらいであり、敵側からすれば、いかなるフィットネス活動もトレーニングに関連するデータであると仮定できる。こうした情報漏えいを防ぐ手段として、米国防総省およびストラバ社は、同アプリによる軍関係者のデータ共有は控えるよう呼びかけを始めている。

引用元:Strava suggests military users 'opt out' of heatmap as row deepens

テスラCEOの冗談商売、火炎放射器が2万台即完売

 何かと世間に話題を提供し続けているテスラモーターズやスペースXのCEOのイーロン・マスク氏。彼は地下に車道を通す事業も計画しているため、トンネル掘削会社The Boring Companyという企業を設立しているが、その企業を通じて「世界で最も安全」という名の火炎放射器を販売した。値段は1器500ドルで、消火器も付いている。「これを買えば、ゾンビが大発生した時に役に立つ」とツイートするなどして宣伝したところ、わずか4日間で2万台を完売、1,000万ドル(約11億円)を売り上げた。同氏は冗談のような商品を本当に販売することでも知られているが、「次に彼が何を言い出して、何を売るか?」に世間の注目がすでに集まっている。

引用元:Genius or joker: Elon Musk flamethrowers spark controversy

フジフィルムがゼロックスを買収

 フジフィルムを率いる富士フイルムホールディングスが1月31日、61億ドルを投じてコピー機事業を展開する傘下の富士ゼロックスと、アメリカ事務機最大手メーカーであるゼロックス社を経営統合すると発表した。世界規模でペーパーレス化が進み、コピー機需要減に苦戦していた米ゼロックスを、かつて技術支援を受けた富士フィルムホールディングスが主導し、再建にかかる。会見に臨んだ富士フィルムホールディングス会長の小森重隆氏は経営統合により、世界で一貫した戦略をとれるメリットが高いことを強調。「敏速な決定だったが、極めて創造的だと信じている」と語った。

引用元:Japan's Fujifilm to take over Xerox in $6.1 billion deal, create JV

アマゾン社、医療費削減のために新共同経営会社設立へ

 アマゾン・ドット・コム社と、ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ、および金融大手のJPモルガン・チェースは、1月30日、米国内の従業員の医療費削減を目指すために、ヘルスケア事業会社を共同設立すると発表した。新会社非営利団体として運営され、オバマケアなどでも焦点とされていた「安価で良質の医療の実現」を目指すことになる。サービスの対象となる人数は明らかにされていない。3社は 全米内に合計して100万人の雇用を抱えているが、子会社を含めると雇用者数はそれ以上だ。株式市場はこの発表に即反応、医療関連株が急落した。

引用元:Amazon, Berkshire Hathaway and JPMorgan Team Up to Try to Disrupt Health Care

トランプ政権初年度は「米国機関への信頼失速」

 スイスのダボスで開かれた世界経済フォーラム(WEF)前夜に発表された主要な調査で、米国の機関、特に政府への信頼がドナルド・トランプ大統領の最初の1年間で急落したことが分かった。調査は世界の28か国を対象に調査会社エデルマン・インテリジェンスが実施したもの。アメリカの信頼度は14%減である33%となった。対照的に、習近平率いる中国の信頼度は回復。中国政府への信頼は8ポイント上昇して84%となり、対象国の中で最も高い記録となった。批評家たちはトランプ大統領のメディアや他者への攻撃的な発言が、公共機関の信頼を失速させるリスクになっていると指摘している。

引用元: Trust in U.S. institutions plunges in Trump's first year

それでも、やっぱり「仮想通貨投資」はやめられない

https://bizseeds.net/articles/634

1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックが利用者から預かった約580億円相当の仮想通貨「NEM」を不正アクセスによって失った事件は、アメリカでも話題になったが……。

宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

この記事の寄稿者

関連する投稿


イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

電気自動車、宇宙事業、都市トンネルや再生可能エネルギーなど大規模なビジネスを展開するイーロン・マスク氏。発言が常に注目される中、渦中のフェイスブックからテスラとスペースXのアカウントを削除したが……


アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?


アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンが「ショッピングの改革」と銘打って開発した無人ストア「Amazon Go」。ネット小売業界を牽引しつつ、その真逆にも見える戦略で高級スーパーマーケット・チェーンの買収や本屋を次々と開店する同社の狙いとは?


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

 アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った先週のニュースをピックアップ! 2月第2週のアメリカは、イーロン・マスク念願のロケット発射の成功や、NFLイーグルスのスーパーボウル優勝に熱狂した


シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

IT業界の世界的な聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダーの齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届けする。今回はシリコンバレーに限らず、世界中から注目されているテスラ(TESLA)が、これほど羨望される理由を紹介しよう。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング