読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。アメリカ社会ではごく一般的な、近所の主婦たちが集まる「ブック・クラブ」。主婦たちのリアルな思想の井戸端会議の実態とは?


アメリカ人は議論好き

 アメリカに住んでいると、よく見かけるサークルのひとつに、「ブック・クラブ」というものがある。毎回ひとつの本を取り上げて、その本について議論を交わす集まりで、共通の趣味をもった人たちや、近所に住む人たちなど、様々なグループが「ブック・クラブ」を開催している。アメリカ人は往々にして議論好きだ。こうした機会があると、ここぞ!とばかりに自分の考えを披露する。

 ブック・クラブで仕入れた情報を、今度は家に持ち帰り、そこでもまた議論をする。小さな子供でも分かるような話題であれば、子供にも議論に参加させる。大人たちは例え実用的とはいえないような子供の意見でも黙って聞く。こうした姿勢で子供のうちから自分の考えを述べさせる習慣があるのは、この国の強みかもしれない、と思う。とにかく、その持論が正しいか正しくないか、使えるものなのか否かは別として、第三者に対し「自分の意見を自分の言葉で語る」ということにおいては、アメリカ人は本当に達者と言ってよいだろう。

ブック・クラブは情報収集の場

 私は「ママ友」が主宰するクラブに参加している。そこにはホームスクールで子供を教えている人が半数近くいる。ホームスクールとは、子供を学校には通わせず、自宅とグループで子供を教えるというスタイルの教育法で、私の住む地域ではホームスクール人口が高い。全米で約160万人近くの子供が、ホームスクールで学んでいると言われているが(2017年現在)、子供を自宅で教えている親たちにとっても、「ブック・クラブ」は重要な情報収集の場なのだそうだ。学校に通わせていれば入ってくるような地域の情報を、ブック・クラブで収集するのだ。彼ら以外にも、クラブで選ぶ書籍の内容や、集まる人などの属性を選んで、情報収集の目的でクラブを利用する人も多い。

 ちなみに私の会は保守派、リベラル派、そして中間層とバラバラの思想背景の人が参加しているので、そんな特性を生かし、「あえて政治に関する話」をする機会にしている。取り上げる本はもっぱら小説だが、政治や思想の話がしやすい書籍ばかりだ。

思想が違っても求めることは同じ?

 前回、私たちが選んだ本は、Stephanie Drayの『America’s First Daughter』。ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーにもなった大作で、アメリカ独立宣言の主要な作者としても知られる、第三代アメリカ大統領であるトマス・ジェファーソンの娘、マーサ・ワシントン・ジェファーソンを題材にした物語だ。ジェファーソンは妻を若くして亡くしているため、大統領時代は娘のマーサがファーストレディの役割を果たしていたが、現大統領の娘、イヴァンカ女史とマーサの共通点なども、話題に上った。

 この日、最も議論になったのは、 ジェファーソンと彼の奴隷だった黒人女性・サリー・ヘミングスの関係についてだった。アメリカでは「建国の父」として尊敬を集めるジェファーソンが、奴隷制度がまだあった時代に、黒人女性との間に子供までもうけていた可能性があるというのだ。

 ジェファーソンが生きた時代は現代とは異なり、白人と黒人が付き合うことなど考えられなかっただけでなく、しかもヘミングスは彼の奴隷である。この説が正しいのであれば、そんな時代に大統領が黒人との間に6人もの子供を持ったというのは、驚きでしかない。話題が人種に関わることだけに、この件について話は白熱していったが、かなり突っ込んだ思想の話をしても、議論の方向性は常にまとまっていた。最後には「人類は平等という時代に生きるのであれば、保守とリベラルはどう手を取るべきか?」という、ポジティブな方向に話が及んだので、ちょっと嬉しくなった。参加者の人種も様々なので、それぞれの立場で語る人種問題も共有できた。

 現在のアメリカの場合、支持する政党や思想が異なると、その時点で相手の話は聞こうともせず、「あいまみえない」という状況に陥ることの方が多い。しかし共通な趣味や楽しみなどを軸にしながら、じっくりと話せば、思想が異なるからと「分断している」ことをよしとしない人は、実はとても多いのだと感じる。友達の家で、お茶、クッキーをつまみながらの大議論――こうした「アメリカらしい」小さな活動こそが、思想の差異を埋めるためには、もっと必要なのかもしれない。

パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

https://bizseeds.net/articles/601

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。保守でもリベラルでもない立場をとるアメリカ人の考えは、なかなか表に出てこない。中道派とは、どんな人たちなのだろう?

アメリカの教育に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカを二分するイデオロギーの根底は中絶問題にある?!

アメリカを二分するイデオロギーの根底は中絶問題にある?!

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中絶、不法移民、銃規制問題など、ことごとく意見が合わないアメリカの保守派とリベラル派のイデオロギーが具体的にどう異なるのかについて。


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


【Red vs. Blue】トランプ大統領「不法入国者は米裁判抜きで即送還せよ」?!

【Red vs. Blue】トランプ大統領「不法入国者は米裁判抜きで即送還せよ」?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるからだ。当連載では、アメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人に見解を披露してもらい、その相違点を読み比べる。今回はトランプ大統領の「不法入国者は即刻強制送還するべき」発言について。


テキサス人は知っている! 大手メディアがひた隠しにする不法移民の実態

テキサス人は知っている! 大手メディアがひた隠しにする不法移民の実態

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、世界的な批判をうけている「不法入国した親子を引き離して収監する」米現政権の姿勢とそれを報道するメディアなどについて、テキサスの人々の意見を著者が代弁!


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング