「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


エコ・フレンドリーは人類の共通課題

 アメリカの西海岸には、環境に対する意識の高い人たちが特に多く住んでいると言われる。その西海岸に位置する主要都市では、「ストローや、プラスチック製のスプーンやフォークが環境に与える悪影響」を懸念する声が高まっており、たとえばワシントン州シアトル市では今年7月より、レストランでプラスチック製品を提供することが全面禁止となることが決まっている。

 対象は今のところレストランに限られるが、こうした「環境に優しい取り組み」に対しては賛同者も多く、この法案がシアトル市で可決後、同市を拠点とする大リーグ球団のシアトル・マリナーズは、ホーム球場であるセーフコ球場でのストローの提供を中止するなど素早い対応が見られた。

 大自然に囲まれた都市という恵まれた立地にも関係し、シアトル市は西海岸の中でも特に環境への取り組みに積極的な街だ。同市に本社を構えるスターバックス社も、徐々にプラスチック製品廃止を導入する取り組みを始めているという。スターバックス社が今後、他州や他国の店舗でも同様の取り組みをするかどうかは不明だが、もし同社が積極的に世界中の店舗でプラスチック製品を排除していけば、同様のムーブメントが世界的に波及する日は近いかもしれない。

もうレストランでは、怖くて働けない

 しかし、カリフォルニア州で今年1月に提出されたストローに関する新法案は、シアトル市の遥か上を行く厳しいものとして、同州のレストラン業界を早くも震え上がらせている。これは同州下院で民主党の大多数を牽引しているイアン・カルデロン氏の提案による、「カリフォルニア州内のレストランは、顧客が特別に要求しない限り、飲み物と一緒にストローを提供することを禁止する」という法案だ。これだけ聞くと、それほど大変な法案には聞こえないが、問題はその罰則である。ストローを頼まれていないのに「うっかり」ストローを提供してしまった場合、その行為を働いた店員には最高6カ月の懲役と最高1,000ドルの罰金を科せられるというのだ。

 環境問題への配慮にモノ言う人は少ないかもしれないが、この罰則はいくらなんでも過激すぎるという反発の声が上がっている。もっとも同法案はまだ「提出された」にすぎず、可決されるかは分からない。それでも、「もし、この法案が通過してしまったら、レストランではもう怖くて働けない」という人が既に急増しているという。確かにファストフード店のドライブスルーなどでは、飲み物とストローを一緒に客に手渡すことが反射的な動作になっている店員も多いだろう。うっかりストローを出してしまう度に高額な罰金が課され、ヘタをすれば収監されてしまうリスクが伴うような仕事を、好んで選ぶ人は少ないだろう。論議をかもす同州の法案成立への行方に今後も注目したい。

参考記事
http://abcnews.go.com/US/california-lawmaker-taking-flak-plastic-straw-bill/story?id=52681569

環境問題に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

アメリカのビジネス業界において、このところ特に注目度が高いエリアのひとつが「環境問題を考慮した商品」の開発だ。プラスチック製品を廃止する動きが高まる中で、ある少年の斬新なアイデアから生まれた新たなビジネスが話題を呼んでいる。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング