「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


エコ・フレンドリーは人類の共通課題

 アメリカの西海岸には、環境に対する意識の高い人たちが特に多く住んでいると言われる。その西海岸に位置する主要都市では、「ストローや、プラスチック製のスプーンやフォークが環境に与える悪影響」を懸念する声が高まっており、たとえばワシントン州シアトル市では今年7月より、レストランでプラスチック製品を提供することが全面禁止となることが決まっている。

 対象は今のところレストランに限られるが、こうした「環境に優しい取り組み」に対しては賛同者も多く、この法案がシアトル市で可決後、同市を拠点とする大リーグ球団のシアトル・マリナーズは、ホーム球場であるセーフコ球場でのストローの提供を中止するなど素早い対応が見られた。

 大自然に囲まれた都市という恵まれた立地にも関係し、シアトル市は西海岸の中でも特に環境への取り組みに積極的な街だ。同市に本社を構えるスターバックス社も、徐々にプラスチック製品廃止を導入する取り組みを始めているという。スターバックス社が今後、他州や他国の店舗でも同様の取り組みをするかどうかは不明だが、もし同社が積極的に世界中の店舗でプラスチック製品を排除していけば、同様のムーブメントが世界的に波及する日は近いかもしれない。

もうレストランでは、怖くて働けない

 しかし、カリフォルニア州で今年1月に提出されたストローに関する新法案は、シアトル市の遥か上を行く厳しいものとして、同州のレストラン業界を早くも震え上がらせている。これは同州下院で民主党の大多数を牽引しているイアン・カルデロン氏の提案による、「カリフォルニア州内のレストランは、顧客が特別に要求しない限り、飲み物と一緒にストローを提供することを禁止する」という法案だ。これだけ聞くと、それほど大変な法案には聞こえないが、問題はその罰則である。ストローを頼まれていないのに「うっかり」ストローを提供してしまった場合、その行為を働いた店員には最高6カ月の懲役と最高1,000ドルの罰金を科せられるというのだ。

 環境問題への配慮にモノ言う人は少ないかもしれないが、この罰則はいくらなんでも過激すぎるという反発の声が上がっている。もっとも同法案はまだ「提出された」にすぎず、可決されるかは分からない。それでも、「もし、この法案が通過してしまったら、レストランではもう怖くて働けない」という人が既に急増しているという。確かにファストフード店のドライブスルーなどでは、飲み物とストローを一緒に客に手渡すことが反射的な動作になっている店員も多いだろう。うっかりストローを出してしまう度に高額な罰金が課され、ヘタをすれば収監されてしまうリスクが伴うような仕事を、好んで選ぶ人は少ないだろう。論議をかもす同州の法案成立への行方に今後も注目したい。

参考記事
http://abcnews.go.com/US/california-lawmaker-taking-flak-plastic-straw-bill/story?id=52681569

環境問題に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


エコなヒット商品 再利用できる自然素材のラップ

エコなヒット商品 再利用できる自然素材のラップ

電子レンジで料理を温めるときや、食材を保存するときなどに使うプラスチック製ラップは、キッチンになくてはならない常備品。欧米でプラスチック製品に使用されている一部の材料の人体への影響を問題視する人たちが増える中、北米では環境を気遣うエコ・コンシャスたちの間で、自然素材から作られた再利用できるラップが人気を集めている。


過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

カリフォルニア州サンディエゴの公立中学校で取り入れられる予定の性教育プログラムの内容が「度を越えており問題がある」と炎上している。学校で教えるには相応しいとは言えない内容のカリキュラムに対して、反対派の教員や親たちは、日々デモを行っているというが……。


米スタバ「13億円の謝罪」決定の迅速さ 日本企業は真似できるか?

米スタバ「13億円の謝罪」決定の迅速さ 日本企業は真似できるか?

先月、米スターバックス店内で起きた同店スタッフによる人種差別事件。これに対する社会への謝罪姿勢として、同社は5月29日に米国内約8,000の直営店を一斉閉鎖し、人種的偏見をなくすための勉強会に全従業員を参加させる。13億円以上も掛かる判断を迅速に行った同社の対応に賞賛が集まったが、日本企業も外国人とのトラブル対策は万端


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?






最新の投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング