なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


サンクチュアリー(聖域)とは何なのか?

 米移民税関執行局(ICE)の連邦職員たちが、北カリフォルニアの不法移民を対象に国外退去させる大々的な作戦を予定しているという動きを受けて、カリフォルニア州の司法長官は州内の雇用主たちに向けて「ICEの援助をすれば、州法に違反するとして起訴の対象となる」と発言した。

 同法長官は、2018年に法律となったばかりの議会法案450を照会している。この法律の項目内には、ビジネスが行われている敷地内(たとえば農場など)に、令状や裁判所の召喚状を持たないICE職員の立ち入りや個人情報の収集を行う行為に対して、雇用主が自発的にICEに同意することを禁じている。つまり、この法律は雇用主たちにICE(合衆国の法律下)と州の法律のどちらかを選ばせるものであり、雇用主たちを難しい状況に置く可能性がある。

 カリフォルニア州で働く人の10人に1人は、不法移民だと言われている。メキシコから、アメリカの国境を渡ってカリフォルニアにやってきた人々は、それまでよりも良い生活をするチャンスを掴むためにアメリカに来た。なかには本国での貧困や犯罪、戦争などから逃れるために非常に危険なリスクを負ってやってきた人たちもいる。不法移民はすでにカリフォルニアの文化に根付いた人々であり、経済の重要な部分(急所)を担っている状況だ。

 アメリカの多くの都市や州では「サンクチュアリー(聖域)」法を制定している。これらの法律では、地方自治体(州や市)は移民法を施行する連邦政府(全米)を拒否するとしているが、それは不法移民の国外退去処分を阻むという意味においてではない。サンクチュアリー法を通した州や市は、不法移民たちの ほとんどが法を守り、生産性が高い人々であり、彼らは社会の一部であることを認識している。そして、地方自治体の主責任は、その地域の安全を守ることだとも理解している。不法移民の人口は先述の通り少なくない。それらの人々が、連邦政府局員と鉢合わせすることを恐れて生活をすれば、どうなるだろうか。犯罪が起きても警察に通報しなくなり、子供たちを学校に行かせなくなり、病気でも病院にいかなくなる人が増え、結果として地域コミュニティー全体の安全性が弱まってしまうだろう。サンクチュアリー法は、不法移民にまつわる複雑な問題を「解決するもの」ではなく、地方自治体が「自らのコミュニティーを守る」という責任を優先させるために必要な措置なのだ。

すべての不法移民がいなくなったら、アメリカはどうなるのか?

 アメリカ人の生活に不可欠な重労働(たとえば農業や屠殺など)で、アメリカ人がやりたがらない仕事のほとんどは、不法移民たちが行っている。そんな中、もし、すべての不法移民が一斉検挙されて国外退去となれば、カリフォルニアの経済は荒廃するだろう。また、不法移民の中にはアメリカで生まれ育ち、アメリカ以外の国で生活したことがない人も多いため、もし一斉検挙が起きれば、数百万人とその家族が散り散りにされて路頭に迷うだろう。リベラル派を自負する私は、「すべての人々が尊厳と尊敬をもって扱われる価値がある」と信じている。米政府は、すべての人々がそのように扱われるように保証する義務があると思う。

 ドナルド・トランプはイジメっ子であり、不作法者だ。トランプは自己PRにかけては天才的だが、それ以外のことに関しては、まったく知性のない男である。彼は文学や美術にまったく興味がなく、自分が信じることに反対する考え方や意見をすべて不要としてしまう。彼が大統領になったのは、彼と同様な考え方をする投票者たちの共感を呼んだからだ。彼の支持者とは、たとえば「国境に壁を作る」とか、「アメリカをもう一度、偉大な国にする」などのシンプルなスローガンを掲げれば、複雑な問題も解決できると信じてしまうような輩を指す。とにかくトランプは、ICEの連邦職員たちに圧力をかけてカリフォルニア州を、つまり大統領選の宿敵だったヒラリー・クリントン候補を圧倒的大差で支持したリベラルな州を、罰しようとしているのだ。

 カリフォルニア州は人々の尊厳を信じて、トランプの職権乱用に立ち向かっている。この国の移民システムの難点を取り上げ、その微妙な問題点を解決するために正真正銘の努力をする知的で思慮深いリーダーがアメリカに現れるその日まで、独自の州法で人々とコミュニティーを守ろうと努力するカリフォルニア州に対して、私は心から拍手を送りたい。

今回のテーマに関する参考記事:
http://www.foxnews.com/us/2018/01/19/california-ag-will-prosecute-employers-who-violate-sanctuary-laws.html

トランプ大統領に対する「抵抗勢力」の狙いは、トランプ潰しではない

https://bizseeds.net/articles/627

ヒッピーやリベラル派が多く住むオレゴン州ユージーン。彼の地のファーマーズ・マーケットで働きながら、米政治・社会について論破することが趣味なリベラル派市民、ロブ・スタインが語る「今日のアメリカ」。先日、NYタイムス氏が掲載したトランプ大統領のロング・インタビューを読んで、リベラル派の彼は何を思ったのだろうか?

カリフォルニア州に関する記事

この記事の寄稿者

1974年生まれ。文学書とコーヒーを愛するコラムニスト。書籍に関しては幅広く読むが、コーヒーに関しては、豆の原産地から流通や焙煎の過程までを詳細にフォローし、納得したものだけを味わうことにしている。温厚で穏やかな性格であるものの、コーヒー豆へのこだわりと同様に理路整然としない、あるいは納得できない社会の動きに対しては、牙をむく活動派的な一面もある。妻と犬一匹と共に、カリフォルニア州オークランド在住。

関連する投稿


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。






最新の投稿


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業「スペースX」が2023年に計画している月旅行の最初の顧客として契約した。このニュースはアメリカでも大きく取り上げられているが、米国民の反応は?


「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

ニキビや吹き出物、赤みなどの肌のトラブルは、性別も国籍も超えた悩みのひとつ。肌をきれいにする商品は数多くあるが、米アマゾン・ドットコムで使用者のレビュー数が1万8千件を超えたほど話題のクレンジング商品がある。その効果とは、いかに?


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング