今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

 アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った先週のニュースをピックアップ! 2月第2週のアメリカは、イーロン・マスク念願のロケット発射の成功や、NFLイーグルスのスーパーボウル優勝に熱狂した


 先週はペンス副大統領の訪日で、日本周辺の安全保障問題などがアメリカでもクローズ・アップされた一週間だった。しかし、国際情勢の重要な話題をよそに、何といっても米最大のニュースは、NFLのスーパーボウルで、フィラデルフィア・イーグルスが初優勝したことだろう。アメリカ人にとって、スーパーボウルは一年で最も重要な日のひとつで、多くの人が自宅や友人宅でテレビ中継を見るため、街がシーンと静まり返るほどだ。

 スーパーボウルと共に先週アメリカ人たちが熱狂したのは、スペースX社の大型ロケットの発射が成功したニュースだろう。同社CEOであるイーロン・マスク氏は、毎週何かしらの話題を提供してくれる、まさにアメリカを代表するような「お騒がせ人物」。彼は以前から「人類の火星移住計画」を真剣に語っているが、今回のロケット発射はその具現化の第一歩となるもので、今回このロケットには同氏が経営するテスラ社のスポーツカーと宇宙服に身を包んだ運転手の人形「スターマン」を搭載した。マスク氏の行動は毎回それが本気なのか、おふざけなのかが分かり難いほど規模が大きいが、莫大な金額を投入して宇宙でこんなことを楽しめる富豪は、世界広しと言えども彼だけかもしれない。これらを含む5つのニュースはこちら。

田舎の小さな町が全米最多のオピオイド系鎮痛剤中

 痛みを和らげるために処方されるオピオイド系鎮痛剤(麻薬性鎮痛薬やその関連合成鎮痛薬の総称)の過剰摂取は、アメリカにおける「薬物過剰摂取問題」のひとつ。そんな中、ウエストバージニア州南部にある人口わずか2,900人の小さな町の2軒しかない薬局に向けて、州外の製薬会社から過去10年間に2,080万件のオピオイド系鎮痛剤処方薬が出荷されていたことが同州議会の調査委員会の調べで明るみになった。出荷された薬剤は、ヒドロコドンとオキシコドンという中毒性が高い2種。同州は全米で最も薬物過剰死亡率が高く、 2016年には、880人以上が薬物過剰摂取により死亡している。

引用元: Drug firms shipped 20.8M pain pills to WV town with 2,900 people

トランプ大統領のためにペンタゴンが軍事パレードを計画?

トランプ大統領が国防総省とホワイトハウス当局に対し、首都ワシントンで行う軍事パレードの準備に着手するよう命じたことを2月6日、ワシントンポスト紙が伝えた。昨夏に同大統領は、フランスのパリで行われたフランス革命記念日の軍事パレードを参観したが、それに似た内容を希望しているという。同紙によると、ホワイトハウスは、パレードの目的は米国民の安全を担う軍人たちに感謝すると共に、アメリカの軍事力の強さを世界に誇示し、敵国へ警告することだと話しているが、あくまでもまだブレインストーミングの段階とのこと。

引用元: Pentagon planning grand military parade for Trump

ペンス副大統領が安倍首相と会談、同盟国の目標は北朝鮮の非核化

 2月7日、訪日中だったペンス米副大統領は安倍総理大臣と会談し、日韓を初めとした同盟国と協力し、北朝鮮の非核化に向け協力をする方針を改めて表明。同国への新たな厳しい経済制裁を計画することについても言及した。会談に先立ち、同副大統領は東京・市ヶ谷の防衛省に配備された迎撃ミサイルPAC-3を視察。貿易摩擦については「自由かつ公正な貿易」に基づく成長を目指しているとしつつも、今回の訪日目的は地域安全保障についての話し合いがその主な理由と説明した。

引用元: Pence says U.S. stands by allies, goal is to denuclearize North Korea

スペースXのロケット、発射成功! でもロードスターは軌道飛び越え?

 スペースXとテスラ社CEOであるイーロン・マスク氏が、2月6日に打ち上げに成功したロケット、「ファルコン・ヘビー」。一般企業のオーナーが宇宙にロケットを飛ばすことも驚く出来事だが、彼がそのロケットに初代テスラの赤いロードスター(スポーツカー)を乗せたことが話題になった。ロケットに乗せたロードスターを太陽周回軌道に乗せて半永久的に太陽を周回させることも目的のひとつで、車は宇宙空間に解き放たれて順調に火星の軌道へと向かっていたが、その軌道を飛び越え、現在は小惑星帯へ向かっている可能性が浮上。同氏もこの情報をツイッターでつぶやいたが、天文学者らはマスク氏が公開したデータなどへの矛盾を指摘している。スペースX社は、火星の軌道よりも遠くには飛行するが、小惑星ベルトに近づいているわけではないと述べている。

引用元: Elon Musk’s Tesla overshot Mars’ orbit and is headed to the asteroid belt

フィラデルフィア・イーグルス、スーパーボウルを制す

 アメリカ最大のスポーツ・イベント、恒例のNFLスーパーボウルが、2月5日に開催された。昨年の王者ニューイングランド・ペイトリオッツを破り、悲願の初優勝を飾ったフィラデルフィア・イーグルスの地元では、チームの優勝が決まると人々が次々に街に繰り出し喜びを分かち合った。無数の花火が打ち上げられ、車はクラクションを鳴らし続けるなど、お祭り騒ぎは深夜まで続いた。自分の住む町のフットボール・チームを「マイ・チーム」呼び、熱狂的に愛するアメリカ人たちにとって、スーパーボウルで戦うことは、街の誇り。フィラデルフィア市民にとって、イーグルスの優勝はまさに誇るべきものであり、今でも街は歓喜に満ち、興奮状態が続いている。

引用元: Philadelphians storm the streets to celebrate Super Bowl

宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

https://bizseeds.net/articles/100

引用元『How Much Each Company Will Charge to Take You to Space』 :https://goo.gl/5pqCZ7

テスラモーターズに関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

電気自動車、宇宙事業、都市トンネルや再生可能エネルギーなど大規模なビジネスを展開するイーロン・マスク氏。発言が常に注目される中、渦中のフェイスブックからテスラとスペースXのアカウントを削除したが……


2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ。先週はアマゾンの新規医療健康ビジネスや、テスラCEOによる冗談のようなビジネスに注目が!







最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング