今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

 アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った先週のニュースをピックアップ! 2月第2週のアメリカは、イーロン・マスク念願のロケット発射の成功や、NFLイーグルスのスーパーボウル優勝に熱狂した


 先週はペンス副大統領の訪日で、日本周辺の安全保障問題などがアメリカでもクローズ・アップされた一週間だった。しかし、国際情勢の重要な話題をよそに、何といっても米最大のニュースは、NFLのスーパーボウルで、フィラデルフィア・イーグルスが初優勝したことだろう。アメリカ人にとって、スーパーボウルは一年で最も重要な日のひとつで、多くの人が自宅や友人宅でテレビ中継を見るため、街がシーンと静まり返るほどだ。

 スーパーボウルと共に先週アメリカ人たちが熱狂したのは、スペースX社の大型ロケットの発射が成功したニュースだろう。同社CEOであるイーロン・マスク氏は、毎週何かしらの話題を提供してくれる、まさにアメリカを代表するような「お騒がせ人物」。彼は以前から「人類の火星移住計画」を真剣に語っているが、今回のロケット発射はその具現化の第一歩となるもので、今回このロケットには同氏が経営するテスラ社のスポーツカーと宇宙服に身を包んだ運転手の人形「スターマン」を搭載した。マスク氏の行動は毎回それが本気なのか、おふざけなのかが分かり難いほど規模が大きいが、莫大な金額を投入して宇宙でこんなことを楽しめる富豪は、世界広しと言えども彼だけかもしれない。これらを含む5つのニュースはこちら。

田舎の小さな町が全米最多のオピオイド系鎮痛剤中

 痛みを和らげるために処方されるオピオイド系鎮痛剤(麻薬性鎮痛薬やその関連合成鎮痛薬の総称)の過剰摂取は、アメリカにおける「薬物過剰摂取問題」のひとつ。そんな中、ウエストバージニア州南部にある人口わずか2,900人の小さな町の2軒しかない薬局に向けて、州外の製薬会社から過去10年間に2,080万件のオピオイド系鎮痛剤処方薬が出荷されていたことが同州議会の調査委員会の調べで明るみになった。出荷された薬剤は、ヒドロコドンとオキシコドンという中毒性が高い2種。同州は全米で最も薬物過剰死亡率が高く、 2016年には、880人以上が薬物過剰摂取により死亡している。

引用元: Drug firms shipped 20.8M pain pills to WV town with 2,900 people

トランプ大統領のためにペンタゴンが軍事パレードを計画?

トランプ大統領が国防総省とホワイトハウス当局に対し、首都ワシントンで行う軍事パレードの準備に着手するよう命じたことを2月6日、ワシントンポスト紙が伝えた。昨夏に同大統領は、フランスのパリで行われたフランス革命記念日の軍事パレードを参観したが、それに似た内容を希望しているという。同紙によると、ホワイトハウスは、パレードの目的は米国民の安全を担う軍人たちに感謝すると共に、アメリカの軍事力の強さを世界に誇示し、敵国へ警告することだと話しているが、あくまでもまだブレインストーミングの段階とのこと。

引用元: Pentagon planning grand military parade for Trump

ペンス副大統領が安倍首相と会談、同盟国の目標は北朝鮮の非核化

 2月7日、訪日中だったペンス米副大統領は安倍総理大臣と会談し、日韓を初めとした同盟国と協力し、北朝鮮の非核化に向け協力をする方針を改めて表明。同国への新たな厳しい経済制裁を計画することについても言及した。会談に先立ち、同副大統領は東京・市ヶ谷の防衛省に配備された迎撃ミサイルPAC-3を視察。貿易摩擦については「自由かつ公正な貿易」に基づく成長を目指しているとしつつも、今回の訪日目的は地域安全保障についての話し合いがその主な理由と説明した。

引用元: Pence says U.S. stands by allies, goal is to denuclearize North Korea

スペースXのロケット、発射成功! でもロードスターは軌道飛び越え?

 スペースXとテスラ社CEOであるイーロン・マスク氏が、2月6日に打ち上げに成功したロケット、「ファルコン・ヘビー」。一般企業のオーナーが宇宙にロケットを飛ばすことも驚く出来事だが、彼がそのロケットに初代テスラの赤いロードスター(スポーツカー)を乗せたことが話題になった。ロケットに乗せたロードスターを太陽周回軌道に乗せて半永久的に太陽を周回させることも目的のひとつで、車は宇宙空間に解き放たれて順調に火星の軌道へと向かっていたが、その軌道を飛び越え、現在は小惑星帯へ向かっている可能性が浮上。同氏もこの情報をツイッターでつぶやいたが、天文学者らはマスク氏が公開したデータなどへの矛盾を指摘している。スペースX社は、火星の軌道よりも遠くには飛行するが、小惑星ベルトに近づいているわけではないと述べている。

引用元: Elon Musk’s Tesla overshot Mars’ orbit and is headed to the asteroid belt

フィラデルフィア・イーグルス、スーパーボウルを制す

 アメリカ最大のスポーツ・イベント、恒例のNFLスーパーボウルが、2月5日に開催された。昨年の王者ニューイングランド・ペイトリオッツを破り、悲願の初優勝を飾ったフィラデルフィア・イーグルスの地元では、チームの優勝が決まると人々が次々に街に繰り出し喜びを分かち合った。無数の花火が打ち上げられ、車はクラクションを鳴らし続けるなど、お祭り騒ぎは深夜まで続いた。自分の住む町のフットボール・チームを「マイ・チーム」呼び、熱狂的に愛するアメリカ人たちにとって、スーパーボウルで戦うことは、街の誇り。フィラデルフィア市民にとって、イーグルスの優勝はまさに誇るべきものであり、今でも街は歓喜に満ち、興奮状態が続いている。

引用元: Philadelphians storm the streets to celebrate Super Bowl

宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

https://bizseeds.net/articles/100

引用元『How Much Each Company Will Charge to Take You to Space』 :https://goo.gl/5pqCZ7

テスラモーターズに関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

電気自動車、宇宙事業、都市トンネルや再生可能エネルギーなど大規模なビジネスを展開するイーロン・マスク氏。発言が常に注目される中、渦中のフェイスブックからテスラとスペースXのアカウントを削除したが……


2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ。先週はアマゾンの新規医療健康ビジネスや、テスラCEOによる冗談のようなビジネスに注目が!



テスラ社CEOマスク氏が描く火星への移住とは?

テスラ社CEOマスク氏が描く火星への移住とは?

引用元『How Elon Musk Plans to Create a ‘Self-Sustaining City’ on Mars』:http://fortune.com/2017/06/15/elon-musk-spacex-mars-colony-paper/






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング