アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


進出するなら、アメリカに合ったローカリゼーションが必要

 今回も読者の方から質問を頂いた。
「アメリカの好景気が続いていますが、トランプ政権下でアメリカに進出する場合、どのようなビジネスが進出しやすいですか?」

 刻々と情勢が変わるアメリカで起業したいと考えている人は、具体的にどのようなことに留意すべきだろうか。前号の「日本に居ると分からないアメリカ」でも記述したが、日本とアメリカの温度差はどんどん広がっていると感じる。そのような状況下で、「アメリカで流行りそうな日本の商品とは?」について改めて考えてみた。

 まず、日本企業がアメリカに進出する際には、“アメリカに対して”何のメリットがあるのか、どのように貢献できるのかを相当に落とし込む必要がある。アメリカで出会う日本人ビジネスマンは、えてして、がむしゃらに自社の利己的な作業スタイルを押し通すことが印象に色濃く残る。振り向いたら…日本人ビジネスマンだけしか、そこにいない……とか(苦笑)。他国に来ても、自社のスタイルを崩さない姿勢は、「(日本から来た)あの方々は、何をしようとアメリカに来たのだろうか?」という疑問や不安感を、アメリカ人ビジネスマンに与えていることを認識する必要があるだろう。そして、もう少し土着的にその市場に寄与するスタンスがあった方がいい。こういうことを学ぶには、日本の企業で徹底的にローカリゼーションを実践し、尚且つ、その国(この場合はアメリカ)のために寄与するスタンスをもっているトヨタとキッコーマンから学ぶことが最良であると感じる。

どんなビジネスなら、アメリカに進出しやすいか?

 さて、トランプ政権下では、というのは海外の人が安部政権下で、海外の企業がどのように日本に進出をしたらよいのか、というのと同等に難しい質問である。いずれにしても、アメリカのためになる事業という視点が重要なので、それを考慮すると下記のようになるだろう。

■日本からアメリカ市場への進出支援業
■バイヤーの進出支援・バイヤーセンター
■アメリカの製品の輸入促進(バイヤー・商社)
■レストラン事業、総合総菜チェーン、料理・調理AR
■アメリカの製造業の人材育成(教育)事業・代理加工
■アメリカ企業への投資事業
■機械保守サービス・エンジニアリング事業
■各種ホビー・専門分野におけるハイパーマニア商品の流通
■ロボティシスト
■運転代行サービス
■ネットカフェ・漫画アニメ喫茶
■スパ・温泉+カプセルホテルでYOTELを超えるもの、おしぼりサービス
■日本のファミレス(居酒屋機能ありのもの)
■宅配ボックスサービス
■東急ハンズ的な総合雑貨ショップ

 まずは玄人やマニアに受けるもの、つまり「分野領域でウケる圧倒的な地位を誇ること」が重要である。アメリカ進出における最大の障壁は、就労ビザの取得であるゆえ、これらの事業とうまく絡めた進出シナリオ、および進出事由のストーリーを描く必要がある。

 もうひとつ特筆したい点は、昨今では、アメリカで日本のものを売るためには日本企業である必要性がないことである。日本の伝統的なビジネスだとされているラーメン屋も、居酒屋も、カプセルホテルも、煎茶・茶屋でも、アメリカではアメリカ人が手掛けて成功している。だからこそ、まずは「どのようなアイデンティティを持って、アメリカで歓迎される存在となるのか?」について、徹底的に落とし込んでから、進出にチャレンジして欲しい。

ビジネスに関する記事

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

https://bizseeds.net/articles/644

 アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った先週のニュースをピックアップ! 2月第2週のアメリカは、イーロン・マスク念願のロケット発射の成功や、NFLイーグルスのスーパーボウル優勝に熱狂した

この記事の寄稿者

慶應義塾大学法学部法律学科卒業。学生時代は日本起業家協会の学生会長を務める。伊藤忠商事大阪本社・宇宙情報産業機械部門に勤務後、1999年よりシカゴのアイティエー・インク (I.T.A., Inc.) にジョインし、2005年より社長。日本の産業分野における対米進出支援、商社業務、リサーチ・調査、IT/テクノロジー支援を中心にニッポンのアメリカ事業部としての支援プラットフォームを構築。また、米国マイノリティ承認を取得し、大手企業へのCSRの一環であるサプライヤー・ダイバーシティ向上を支援している。

米オバマ大統領直轄ホワイトハウスのアジアアメリカ・メンバー(2年間)、 経済加速化イニシアチブに参加。他にも5つの団体で幹部や理事、ジェトロ・コーディネーター等に従事。支援しているインターンは500名以上。

関連するキーワード


シカゴ 米国進出 トランプ

関連する投稿


「MAGA」帽子とBTSのTシャツで語る「政治ファッション協奏曲」

「MAGA」帽子とBTSのTシャツで語る「政治ファッション協奏曲」

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、全米で売られている「MAGA帽子」やメッセージTシャツについて。背景を知らずに購入すると、トンデモナイことに巻き込まれるかも知れない。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙が終わるや否や、アメリカ中が危惧する問題が勃発。大統領より時に重要で、国を揺るがしかねない最高判事問題とは?


中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。先日の米中間選挙で、トランプ率いる共和党は下院の過半数を民主党に取り返されてしまったが、保守派たちは「この方がトランプ再選に向けて好都合だ」と思っているのだ。


米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙:今回は選挙に行く! 勢いづくアメリカの若者たち

米中間選挙まで、あとわずか。 この選挙は米上院下院議員を選出するもので、この結果により議会の与党と野党が入れ替わる可能性があるが、4年に一度の大統領選に比べると中間選挙の得票率は低いのが通常だ。しかし、今回の中間選挙には、普段は投票しない大勢の若者たちが「投票しよう!」と立ち上がる動きが広がっていることが注目されている。






最新の投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング