トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


軍人をバカにするリベラル派と、大統領に感謝する保守派たち

 2月初旬、カリフォルニア州の高校教師が、「軍隊に入るような人間は、頭が悪い最低の人間だ。他に選択肢がなく、親に愛されなかった連中だ」と発言し、問題になった。

 大手メディアやリベラル派のエリートたちの大半はこの教師と同意見で、「軍隊は暴力的で人を殺すことを何とも思わないような、IQが低い右翼の集団」だと思っている。そのため、トランプ大統領が、「パリ祭の軍事パレードのようなものをアメリカでも開催したい」と言ったとき、9割方のメディアが、「トランプは北朝鮮、旧ソ連、ナチスのような全体主義的軍事国家を目指している!」と、恐怖を煽るような報道をした。

 私が住んでいるテキサス州の田舎には、退役軍人を含めた米軍兵士が多く住んでいる。彼らは皆、堅実で義理堅く、勤勉で信心深く、犠牲的精神にあふれ、何よりも人助けが好きな頼りになる人々だ。歩兵として前線で戦った人もいれば、戦闘機のパイロット、潜水艦のメカニック、ミサイルのエンジニア、軍医、サイバー・セキュリティ専門家もいて、少なくとも私が知る限り、「親に愛されなかった、頭の悪い最低の人間」とはほど遠い。皆、第一志望で軍隊を選んでおり、言うまでもないが、入隊の目的は戦争が好きだからではなく、国防である。

 彼らが入隊した理由は、一言で言えば「愛国心から」だが、これをもっと具体的に説明すると、「愛する人々を守りたいから。親兄弟、恋人、配偶者、子ども、隣人知人がアメリカで享受している自由と権利を守ってあげたい」ということになる。つまり、保守派にとって兵士たちは、「愛する人を守るために戦う勇士」なのだ。

 トランプ大統領も、兵士を「アメリカに住む人々の自由と権利を命がけで守ってくれる英雄」と見なしており、ことあるたびに彼らの勇気と犠牲的精神を褒め称え、頻繁に軍の基地や退役軍人病院を訪問し、兵士をさまざまな式典に招待している。それ故に、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領の一言を、保守派は「大統領は軍隊を自慢したいのだ」と捉えて、「大統領が米軍を誇りに思い、兵士たちを敬愛している証拠」だと受け止めて感謝しているのである。

 とはいえ、軍事パレードには数百万ドルという費用がかかり、中東の戦地から兵士を呼び戻すことも大変だ。そのため、私の周囲の兵士や退役軍人たちは皆、「そのお気持ちだけ、ありがたく頂戴させていただくので、パレードにかかる費用を負傷した軍人の治療費にあてて欲しい」と言っている。

「愛国心」の解釈が異なる保守とリベラル

 ちなみに、リベラル派と保守派は、「愛国心」に関しても、全く異なる解釈をしている。リベラル派には、パトリオティズム(愛国心、Patriotism)という言葉を、ナショナリズム(国粋・国家主義Nationalism)と混同して毛嫌いし、軍人や保守派を「軍国主義の怖い右翼」だと思い込んでいる人が多い。

 一方、保守派の「愛国心」は、前出した通り、親類縁者への愛や隣人愛に根ざしたものであり、抽象的な「国」という概念や特定のイデオロギーを愛している、というものではない。また、保守派はナショナリズムとは、「自国に誇りを抱き、母国の発展と繁栄を望むこと」だと、非常にポジティブな解釈をしている。

 実はリベラル派も、パレスチナ人やチベット人のナショナリズムや、ユクライナ人の愛国心には非常に好意的であり、リベラル派の愛国心・ナショナリズム嫌いはアメリカに限ったことと言えそうだ。

 同じ言葉でも解釈が全く異なるので、リベラル派と保守派の会話が成り立つはずがない。連日連夜トランプに罵詈雑言を浴びせ、「トランプはイヴァンカと寝ている」などの大嘘を平然と報道するリベラルな記者たちが、「国家元首を罵倒しても投獄されないのは、米国兵士たちがアメリカがイスラム国の支配下に陥ることを防ぎ、我々の言論の自由を守っているからだ」と、認識する日が訪れることを、保守派は願っている。

将校には不人気? トランプ大統領、軍での支持率

https://bizseeds.net/articles/537

 波乱にとんだ大統領選挙から1年が過ぎ、トランプ大統領支持率を分析した記事が米メディア各紙でも多くみられるようになった。トランプ大統領はメディアに不人気ということもあり、新聞その他で見られる分析には概ね否定的な見解の方が目立っている。

米軍に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


本物のリベラルを傷つける偽物リベラル

本物のリベラルを傷つける偽物リベラル

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。古き良き時代を知る人には、「最近のリベラル派は真のリベラルとは言い難い」と指摘する人が多い。それは、どういう意味なのか?


ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?






最新の投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング