サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


幼い頃から食べ慣れた料理が一番

 私(ジャック)はシェフという仕事柄、日曜に仕事が休みになるとは限らないが、休みの時には姉のジェイミーを誘って、家族でランチに行くことにしている。場所は、私が育ったシアトルのキャピトル・ヒル地区にある、行きつけのメキシカン・レストラン。もう40年近く、値段以外はほとんど変わっていない。

 姉のジェイミーは、ある意味、典型的な「米西海岸に住む白人女性」で、大学生と社会人の二人の息子がいる母親でもある。親族の中には中国人、ベトナム人、私の妻である日本人の麻子と、アジア人の配偶者を持つ者もいる我が家。姉自身も旅慣れていて、若い頃は頻繁に海外旅行にも行っていた国際的な人だが、食に関してはとても消極的で、食べ慣れないものを自ら進んで食べることはない。タイ料理、ベトナム料理、韓国料理など、私と麻子が行きたいレストランは多いが、姉は知らないレストランに行くことは苦手で、ましてや聞きなれない材料が入った料理を楽しむ可能性はほぼゼロ。誘ったところで即却下だ。

 従って毎回、子供の頃からの「いきつけの」メキシカン・レストランに行く。アメリカ人をターゲットにしたレストランなので、チーズや揚げ物などが多く、私が好きな酸味やフレッシュさが美味い本場のメキシコ料理とは程遠い。しかし、慣れ親しんだ味は何か懐かしさを感じるもので、私も麻子も、そのレストランで過ごす休日が気に入っている。席に着くと、私たちには米、砂糖、シナモンなどで作ったメキシコの甘味飲料オルチャタ、姉にはノンシュガーのアイスティーにレモンを大量に添えたものが運ばれてくる。もちろんウェイトレスの女性も私達の好みを知り尽くしている。

 姉はすべてにおいて忠実に、経験やレシピに従って料理をする。「バナナブレッドには、この砂糖が一番」、「このブランドのバターを使ってクッキーを作ったら美味しかった」と、いつも同じブランドの材料を買う生真面目なタイプだ。そんな姉も、数年前から食の安全について自ら学ぶようになり、家族の健康への配慮から、オーガニックの食材を選ぶようになった。それ以来、我々の日曜のランチタイムは、「家族団らん」というよりも食の安全と健康の勉強会と化してしまったが、様々なこだわりを持つ姉が、食材を変えるというのは一大事なのだから仕方がない。

人工甘味料は極力避けた方がいい

 先日のランチのトピックは、人工甘味料について。甘いオルチャタを飲みながら、「こんな十中八九、GMO(遺伝子組換え)の甜菜(てんさい)糖で、精製された白砂糖が入った加工飲料を飲みながら、人工甘味料の話をするのはちょっと気がひけるけど」と笑いながら、麻子とジェイミーは「極力避けた方がいい甘味料」の話をすすめる。避けた方がいい第一位は、ダイエット炭酸飲料に使われている人工甘味料だ。十数年前、私達が現職に就いて食や健康について考えるようになる前のこと、私の母を中心として家族にダイエットブームが広がり、それが体に良くないとは知らずに母、姉、そして麻子は低カロリー、低脂肪、低糖といった加工食品を食べたり、ダイエット・コーラや人工甘味料を使った清涼飲料を飲んでいた。

 「あの人工甘味料の中毒みたいな症状から抜け出るのは大変だった。飲む量を減らすのは大切だけど、ダイエット飲料から普通の炭酸飲料に変えて太ることもなかったし、肌やお腹の調子が以前とは全く違う」とジェイミー。発酵や腸内細菌が昨今の関心事である麻子は、人工甘味料の腸内細菌に対しての影響の話をする。2014年に『ネイチャー』誌に発表された論文によると、複数のマウスと少人数の人間に対して実験を行った結果、人工甘味料が腸内細菌の増殖と機能を阻害し、耐糖能障害を促進していることが分かったという話だ。脳腫瘍との関連も疑われているらしい、昨日読んだ記事には鬱病との関係が記されていたと、まことしやかに話がされる。麻子と私は現職に就いてからというもの、事実と噂の類の話との間で、どのように食について伝えるのがより正確で安全な情報なのかを慎重に考える習慣がついているが、このランチでは家族の誰もが自由に見聞きした話をする。

 そして、いつもの結論。ある日、いきなり自分の身体と環境に優しい食生活に変えることは難しいけれど、まずはそれについて学んで、自分や家族の価値観を決めて、少しずつ変えていくべきだと、全員で合意する。食べるという行為は毎日のことで、その上、とてもプライベートなものだ。「トルティアの原材料のトウモロコシは遺伝子組み換えで、残留農薬の量がすごいかも知れない」、「チキン・エンチラーダの鶏肉は平飼いではないだろう」、「この副菜のズッキーニは遺伝子組み換えかも知れない」と言って、40年近く通っている友達の家のようなレストランに、突然行かなくなるのは難しいということだ。

 もちろん自分の価値観として許容範囲を超えてしまったら仕方がないが、食べるという行為には、それ以外の強い感情がまとわりつく。だからこそ、毎日の食生活が大切なのだ。外出先では家族と一緒に過ごす時間を大切にするために細かいことを気にせず、毎日食べるものに気を遣う。これが麻子と私の決めた価値観だ。

 姉は白砂糖を、オーガニックのきび砂糖に変えたことで、料理やケーキに色がついたり、出来が違ったりと未だに試行錯誤を続けているが、私達が少し技術的なアドバイスをすると簡単に解決する場合もある。将来的にみんなの食生活が少しずつサステイナブルになるように、我が家のメキシカン・レストランでのランチ兼食の勉強会はこれからも続いていくだろう。

アメリカ上流・中産階級層の食へのこだわり

https://bizseeds.net/articles/436

 今回はアメリカの“上中産階級”の人々の食に対するこだわりについて話そう。複数の大手テック企業が軒を連ねるシアトルでは、2015年の市民の中間所得収入が80万ドル(約900万円)、住宅購入中間価格は700万ドル(約7,900万円)という異常事態が起きている。

健康に関する記事  >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業界 健康 肥満

関連する投稿


風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

アメリカでは「湯船に肩まで浸かって毎日温まる」という人は、日本に比べると極端に少ない。たいていのアメリカ人は、毎日シャワーのみだ。しかし最近はアメリカでも湯船の効用が認識されはじめ、性能の良い「バスタブ」が開発されている。なかには、こんな優れた商品も登場している。


MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 


【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?






最新の投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング