今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


 今週のアメリカは、先週に起きたフロリダの高校銃乱射事件の悲劇から「アメリカに銃規制は必要か、否か」問題に揺れている。トランプ政権を支える共和党は、そもそも銃を規制することには大反対という「全米ライフル協会」から多大なる支援を受けているため、市井から銃規制の必要性を訴える声がどれだけ出ても静観するしかない大人の事情がある。銃所持に関して平行線を辿るしかないアメリカでは、自由に発言できるネット上で、ラスベガスの銃乱射事件後と同様、再び「銃乱射事件がまったくない素晴らしい先進国、日本」が頻繁に登場し、銃規制に関する「見本となる国」という扱いで人々の羨望を集めている。
 また、今週はデジタル系のニュースが多く、ソフトバンクが買収したボストン・ダイナミックスのロボットが新性能を披露した映像ニュースや、アップル・ウォッチの販売数がスイス製時計業界を超えたニュースなどが話題になった。それらを含む今週のアメリカのニュースはこちら。

フロリダ高校銃乱射事件の生存女生徒のスピーチ、圧巻でスピード拡散

 フロリダ州のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で14日に発生した銃乱射事件で17人が亡くなった。それを受けて17日に開かれた反銃集会で、同校の生徒で事件の生存者であるエマ・ゴンザレスさん(17歳)が、トランプ大統領と全米ライフル協会、そして同協会から金銭的な支援を受けている政治家たちに向けて「恥を知れ!」など辛辣な言葉を投げかけながら11分間に渡って、アメリカには銃規制が必要であることを力強く熱弁。そのスピーチ映像が一般市民だけでなく、パールジャムやケイシー・マスグレイヴス、パラモア、ゼンデイヤ、デミ・ロヴァートなどの有名ミュージシャンたちによるツイートで瞬く間に拡散し、ゴンザレスさんの名前は同日中にソーシャルメディアでトレンド入りした。

引用元:Florida School Shooting Survivors Demand Tougher Gun Laws

昨年のアメリカの家計負債総額が過去最高の13兆ドル超え

 米ニューヨーク連邦準備銀行の発表によると、2017年の1年間における米国の家計負債が5年連続で上昇し、13兆ドル(約1,470兆円)を超えた。これは住宅ローンや学生ローン、自動車ローンやクレジットカード利用残高が増えたためで、なかでも特に住宅ローン残高とクレジットカード利用残高の負債額が上昇。一杯のコーヒーでもクレジットカードで購入するようなカード文化が浸透しているアメリカでは、カードの請求額を借金の残高であるとは認識していない人が少なくないことや、クレジットスコア(財政面の信用度を計る数字)が低い人にも自動車などの高額ローンがおりることなどが問題視されている。

引用元:Total US household debt soars to record above $13 trillion

ドアを開けるボストン・ダイナミックスのロボット 最新動画

 昨年、ソフトバンクが買収したボストン・ダイナミックスのロボット「SpotMini」がドアを開けて移動する映像が発表されて話題になっている。日本でのおじき同様、アメリカではそのときに一緒にいる人や女性のためにドアを開けて、まずは自分以外の人を先に通してあげるマナーが一般的なため、このロボットはソフトバンクのものとはいえ、動作がアメリカらしくて微笑ましい。

引用元:Closed Doors Are No Match for Boston Dynamics' Latest Robotic Dog

アップルとアンドロイドはスイス製時計業界を破壊するのか?

 テック市場リサーチ会社のカナリスによると、2017年の第4四半期に初めてアップル・ウォッチの販売がスイス製の時計を上回った。この結果が継続するとは言い切れないが、アップル社のひとつの商品とスイス製時計業界全体の総数が入れ替わったことは注目に値する。スイス製時計業界は価格帯が安めの商品の製作をやめて、極めてハイエンドな層だけを対象にする流れにシフトしている。

引用元:Apple and Android are destroying the Swiss Watch industry

ツイッター、誤報を防ぐため地元TVニュースとの提携に着手

 ソーシャルメディアが社会に浸透したことにより、何か事件が起こるとそれらの事実関係がハッキリしないまま、誤報が拡散されてしまう時代になった。そうした問題を防ぐため、ツイッターは何か事件が起こった際、ローカル・ニュースTV局との提携により、事実情報を画面上に流すサービスを導入する。先週、フロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件の際にも、試験的にツイッター上でニュースを流したが、その際のライブ視聴数は5万を超えたという。

引用元:Twitter will broadcast local TV news to avoid misinformation

リベラルには理解できない、銃所持者たちの真実

https://bizseeds.net/articles/451

 アメリカで暮らす銃所持者にとって、銃所持権は侵害されてはならない権利である。 アメリカ独立の15年後に合衆国憲法に付加された補正第2条には下記のように記されている。

銃乱射事件に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。


民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊ビジネスを世界各国に広めた米Airbnb。誰でも気軽に利用できる民泊の手軽さが大きく支持されている中、宿泊とは異なる目的でレンタルする利用者がいることが以前から問題になっていた。そんな中、家主に「宿泊」と偽ってレンタルした家で開催したハロウィン・パーティーで銃撃事件が起きてしまった。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は合意されたばかりの日米貿易協定を、政治的な見解が異なるアメリカ人たちがどう思っているかについて。






最新の投稿


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


2
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング