米大手企業、全米ライフル協会会員への優待サービスなど続々と中止に

米大手企業、全米ライフル協会会員への優待サービスなど続々と中止に

フロリダの高校で起きた銃乱射事件を受けて、米大手銀行や航空会社、大手レンタカー会社などが続々と、長年の大顧客である全米ライフル協会会員への優待特典や業務提携の中止を発表し、波紋を呼んでいる。


1千万人の銃所持者を敵に回すか、企業イメージを守るか?

 今月14日に米フロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件を受けて、米大手有名企業が次々と、長年パートナーシップを培ってきた全米ライフル協会(NRA)との業務提携や同会員への優待特典などのサービスの打ち切りを発表した。

 全米ライフル協会との業務提携や優待を中止すると発表したのは、デルタ航空、ユナイテッド航空などの航空会社、銀行ではファースト・ナショナル・バンク・オブ・オマハ、世界展開するハーツ・レンタカーをはじめ、エイビス、バジェット、アラモ、エンタープライズ、ナショナルなどの大手レンタカー各社、保険会社のメットライフなどで、その他セキュリティー会社やヴァン・サービス社なども名乗りをあげた。

 デルタ航空はツイッターで、同社が今後はNRA会員への特典割引を行わないとし、「私たちはNRAに対して、彼らのウエブサイトから私たちの情報を削除する依頼をだします」と発信した。

なぜ、この乱射事件後に限って大企業が動いたのか?

 現在アメリカの銃所持者数は約1千万人、全米ライフル協会には500万人の会員がいるとされている。そのため、アメリカではこれまで大規模な銃乱射事件が何度発生しても、企業はNRAという大顧客を失うリスクを恐れ、発言を控えてきた。

 しかし今回、それだけ大人数の顧客を敵にまわしても、長年の付き合いを中止する方向へ各企業が動いたのは、ソーシャルメディアの力だと言われている。今回の事件の被害者たちは、最もソーシャルメディアを駆使する高校生たちだった。生存者を代表して力強いスピーチを行ったエマ・ゴンザレスさんの映像は何百万回も再生され、メッセージが拡散されただけでなく、トランプ大統領へ直接思いのたけを伝えた男子生徒のSNSなど、事件後の銃規制を訴える声や銃反対運動のうねりが、高校生を中心とした若者たちによって、これまでの銃乱射事件後とはスピードもパワーもレベルが異なる動きに発展。ソーシャルメディアの影響力を理解している企業たちが、古くからの顧客を失っても、今のソーシャルメディアで賞賛される企業イメージの方を選択したと見られている。

 今回の各企業の動きに対しては賞賛と怒りの声が渦巻いており、NRA会員のための「NRA TV」を提供しているアップル社、アマゾン社などが、NRAとの提携に対してどう動くかに人々の注目が集まっている。

(参考記事)
A List of the Companies Cutting Ties with the N.R.A.

「銃乱射事件」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

ある日、知らない誰かに突然銃で撃たれて死ぬ……。まるでハリウッド映画に出て来るような話だが、アメリカでは銃乱射事件が数日おきに起きている。今年も、ワシントン州立大学が毎年継続しているアメリカの銃暴力比較の調査結果が発表された。


教室にシェルターの設置が加速する?

教室にシェルターの設置が加速する?

今年2月、17人もの犠牲者を出したフロリダ州パークランドの高校における銃乱射事件。アメリカの教育現場ではこうした悲劇を防ぐための解決策が模索されている。そんな中でも注目の対策は?


銃を規制しても問題は解決しない

銃を規制しても問題は解決しない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は アメリカの世論を二分する銃規制問題に対して、銃を所持している一般人のひとりとしての意見を述べる。


【Red vs. Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

【Red vs. Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は高校銃乱射事件を受けて、トランプ大統領が「教師が武器を持てば銃犯罪の抑止力になる」発言したことについて。


全米ライフル協会は人命より銃製造業者の利益を重視する悪徳組織か?

全米ライフル協会は人命より銃製造業者の利益を重視する悪徳組織か?

多様なアメリカでは暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はアメリカで銃乱射事件が起きるたびに問題視される「全米ライフル協会」(NRA)について、保守派の意見を述べる。






最新の投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング