アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンが「ショッピングの改革」と銘打って開発した無人ストア「Amazon Go」。ネット小売業界を牽引しつつ、その真逆にも見える戦略で高級スーパーマーケット・チェーンの買収や本屋を次々と開店する同社の狙いとは?


レジが存在しないコンビニエンス・ストア

 アマゾン・ドットコム社が本社のある米ワシントン州シアトルに、鳴り物入りで先月オープンした無人ストア「Amazon Go」は、その斬新さでアメリカのビジネス紙やテック・メディアのトップ・ページを賑わせた。

 「Amazon Go」では、店の入口で自分の携帯電話をスキャンして入店し、好きな商品を棚から取り、持参したバッグに商品を入れて、そのまま店を出られる。会計は「棚から何の商品を取ったか」が加算され、それが自動的にクレジットカードにチャージされるため、レジに並んだり、店内に用意されたカゴからショッピング袋に詰め替える必要もないため、従来のスーパーマーケットやコンビニよりも短時間で必要なものを入手できる。同社の「Amazon Go」のプロモ映像はこちら。

アマゾンはオンライン小売業だけでなく、店舗も制するのか?

  アマゾンが年内にシアトルとロサンゼルスに新たに6店舗の「Amazon Go」を出店する予定だと、先週テック情報サイトのRecodeが単独で報じた後、同日中にその情報をシアトル・タイムス紙やフォーブス誌、フォーチュン誌などが次々に報じた。

 「Amazon Go」の開発に4年の月日を掛けたアマゾンは、レジに並ぶ必要がない無人ストアが世の中に浸透することで、同社がネット上で提供する「アマゾン・プライム」と変わらないスピードのサービスが、実際の店舗でも提供できると考えているらしい。もし、それが成功すれば、アマゾンは今よりもさらに人々の生活に深く浸透し、日常生活に欠かせない企業になるだろう。リテール業界では、同社が昨年買収した全米チェーンの高級スーパーマーケットの「ホールフーズ」の全店舗に「Amazon Go」のテック技術を導入するのではないかという予想が立っていることなども考慮すると、同社の展開から目が離せそうもない。

参考記事
Amazon plans to open as many as six more cashierless Amazon Go stores this year

「amazon」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

世界最大手のスーパーマーケット、ウォルマート社が、これまでの同社のイメージを向上する戦略に力を入れている。アメリカでは同社のコアファンである客層そのものが同店のイメージとして定着している感が強いが、これまで店に足を運ばなかった客層を取り込むべく、有名女優がデザインするインテリア・ラインを立ち上げるなど新展開を開始した。


スターバックスも大迷惑? シアトルの薬物政策

スターバックスも大迷惑? シアトルの薬物政策

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。薬物依存は、アメリカにおける深刻な社会問題のひとつ。その薬物ユーザーを庇護するかのような政策を行ったシアトルの未来は?


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング