銃乱射事件生存者たちの「マトモ」な訴えが、マトモに伝わらない国

銃乱射事件生存者たちの「マトモ」な訴えが、マトモに伝わらない国

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は先月、フロリダの高校で起きた銃乱射事件後の米国内のリアクションについて、著者がリベラル派としての見解を述べる。


生存生徒による「真っ当なスピーチ」さえ攻撃する右派

 先月、アメリカの学校でまた銃乱射事件が起きた。精神を疾患していると目されていた若者が、合法的に購入した半自動小銃で17人を殺害した。彼が使用した銃は、できる限り効率的に素早く大勢の人々を殺害できることを念頭に置いて設計されたものだった。

 我々アメリカ人は以前にも、これに似た事件を何度も見てきた。なぜ、このような痛ましい事件を繰り返し見なければならないのだろうか?

  銃乱射事件の直後、上記と同じ問い掛けが、エマ・ゴンザレスさんら生存した生徒から米社会へ向けて投げかけられた。 エマさんは抗議集会で、アメリカ国民に対して、この問題を今度こそ真剣に考え、何とかしなければならない時が来たと熱のこもった訴えをして、主要な米報道機関のほとんどすべてが彼女の発言を取り上げた。

 毎回このような銃撃事件が起きたときに政治家たちから聞かれるお決まりのコメント、「事件を防ぐために、できることは何もなかった」、「厳しい銃規制が問題解決にはならない」、「解決策はもっと銃を増やすことで減らすことではない。なぜなら善人が銃を持てば、悪人の銃を止めることができる」などに対して、 エマさんはBS(=bullshit/ふざけんな!)と大声で叫んだ。彼女の演説は非常に的を得ていた。しかし、その的を得た演説は、瞬く間に極右派から攻撃された。

右派報道機関と呼ばれるものは報道機関ではない

 アメリカの政治は金によって動かされている。当然のことではあるが、政治家は当選するために票が必要だ。しかし、十分な資金がなければ、有権者にメッセージを伝えるための選挙運動ができず、よって票を得ることは難しい。そこで、裕福な人々や企業からの多額の献金を受け入れることになるが、 人々や企業が献金をするのは、その候補者が当選すれば彼らの事業が利益を得られるからだ。これは共和党か民主党のどちらかの問題ではない。公職に就くためには、とんでもない額の金が必要なので、あらゆる派閥の候補者は正当化できるすべての金を受け入れる。

 過去30年以上、アメリカの右派は企業の利害によって動かされている。献金企業は自身の利益に対して反対の有権者の票を操作するためならば、巧みなことをなんでもする。たとえば報道機関とタレントを買収し、アメリカ社会に恐怖や不安を与え、不和を起こさせるようなメッセージを絶え間なく浴びせたり、アメリカの抱えるすべての問題は、民主党とリベラル派によって作られていると人々が信じるように操作するのだ。

 知性のかけらを持つ人々は、FOXニュースが共和党の宣伝武器であり、それが実際のニュースですらないことを知っている。しかし、何百万人ものアメリカ人にとってFOXニュースだけが信頼できる情報源であり、それ以外の報道機関は噓をついていると本気で信じている。FOXニュースを信頼する人々は、民主党とリベラル派は自分たちの子供を中絶したいとか、自分の子供を同性愛者にしたいとか、自分の仕事を不法移民にあげたいと思っていると信じるように洗脳されているだけでなく、そういう人々が共和党に投票するように右派報道機関がでっちあげた多くのとんでもない主張を信じているのが実情だ。

 エマ・ゴンザレスさんは学校銃乱射事件の直後、とても説得力のある演説をした。その彼女を極右派報道機関は激しく攻撃した。それは道徳的に弁解の余地がない行動だ。それにもかかわらず、大勢のアメリカ人がこの極右派のBSメッセージを受け取り、ソーシャルメディアで広範囲に拡散した。そのひどいBSメッセージの中には、ドナルド・トランプの政策に対して反対の意見を表した、オリンピックに出場するアメリカ人選手たちが負ければいいと願う人までいた。

 右派や極右派のメッセージを拡散する人たちは自身を「愛国者」と名乗ったが、彼らはアメリカの理想と本当の愛国心にとっての恥だ。そんな彼らを心底バカにしたくなるが、彼らは洗練された強大な力によって操られ、その攻撃に耐える知的能力を持っていないのだから、気の毒だと思うべきなのかもしれない。

 政治献金をしている企業たちが政治家を使って国民を対立させ、自分の敵こそが国家の問題であると思わせることによって、自分たちが人口を意図的に支配する。これはアメリカが抱えている非常に大きな問題であり、この観点から見れば、なぜアメリカが銃規制をせず、国民にもっと銃を所持してほしいと推進するのかが理解できる。その上、そういうことを推進する輩は、アメリカの学校に通う子供たちが、定期的(もしくは予想通り)に虐殺されたとしても、何もせずに傍観することをいとわない人たちだ。それが、なにより大きな問題なのである。

「銃乱射事件」に関する記事

この記事の寄稿者

1974年生まれ。文学書とコーヒーを愛するコラムニスト。書籍に関しては幅広く読むが、コーヒーに関しては、豆の原産地から流通や焙煎の過程までを詳細にフォローし、納得したものだけを味わうことにしている。温厚で穏やかな性格であるものの、コーヒー豆へのこだわりと同様に理路整然としない、あるいは納得できない社会の動きに対しては、牙をむく活動派的な一面もある。妻と犬一匹と共に、カリフォルニア州オークランド在住。

関連する投稿


銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

ある日、知らない誰かに突然銃で撃たれて死ぬ……。まるでハリウッド映画に出て来るような話だが、アメリカでは銃乱射事件が数日おきに起きている。今年も、ワシントン州立大学が毎年継続しているアメリカの銃暴力比較の調査結果が発表された。


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


教室にシェルターの設置が加速する?

教室にシェルターの設置が加速する?

今年2月、17人もの犠牲者を出したフロリダ州パークランドの高校における銃乱射事件。アメリカの教育現場ではこうした悲劇を防ぐための解決策が模索されている。そんな中でも注目の対策は?


銃を規制しても問題は解決しない

銃を規制しても問題は解決しない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は アメリカの世論を二分する銃規制問題に対して、銃を所持している一般人のひとりとしての意見を述べる。


【Red vs. Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

【Red vs. Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は高校銃乱射事件を受けて、トランプ大統領が「教師が武器を持てば銃犯罪の抑止力になる」発言したことについて。






最新の投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング