アメリカにおけるアイスホッケーの黒歴史

アメリカにおけるアイスホッケーの黒歴史

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。様々なドラマを生んだ平昌オリンピックが閉会。アイスホッケー男子はロシア個人参加チーム、女子はアメリカが優勝したが……。


NHL選手が不参加のアメリカ男子チームは敗退

 平昌オリンピックのアイスホッケー男子は、ロシア個人参加チームが、大躍進で決勝進出したドイツを延長戦の末に下して優勝。NHL選手の不参加で約250人のトップ・プレーヤーを除くチーム編成を強いられたアメリカ男子は、予選ラウンドから苦戦し、準々決勝で姿を消した。一方、女子はアメリカが積年のライバルであるカナダをシュートアウト(サッカーのPSに相当)で下し、1998年の長野オリンピック以来20年ぶりの金メダルを獲得した。男女で完全に明暗が分かれる結果であった。

 アメリカのホッケーは1980年のレークプラシッド大会で、NCAAの大学生選抜チームが当時、世界最強だったソ連を決勝ラウンドで下して優勝した「ミラクル・オン・アイス」が、何度も映画化されるほどの歴史的勝利として知られている。しかし、男子は「ミラクル」以降のオリンピックでは低迷し、NHL選手が参加できるようになった1998以降、2002年と2010年に銀メダルを獲得した以外は、4位から8位という成績だった。

アメリカ男子アイスホッケーの黒歴史とは

 アメリカ男子ホッケーにはオリンピックをめぐる「黒歴史」と言える事件もあった。1998年の長野大会では、準々決勝で敗退した直後に、荒れた一部の選手が選手村宿舎の家具等を破損する行為があったことが報道され、後味の悪い大会となった。また、遡ること1948年のサンモリッツ大会では、 アメリカ・ホッケー協会(AHA)が アマチュア・スポーツ連合(AAU)とアマチュア規定を巡って対立。それぞれの団体が代表チームを派遣し、「どちらのアメリカ代表ホッケーチームをプレーさせるべきか」を巡り、大会は大混乱した。結局、アイスホッケーを公開競技に降格させることで収拾が図られ、 AHAをアメリカ代表として競技に参加させる代わりに、アメリカ代表の試合記録は全て無効試合として抹消された。

 60年を経て、現在の統括団体USA HockeyとAAUは再び対立し、それぞれのユースリーグ、ジュニアリーグを運営している。法的に両者の活動を規制し合うことは出来ないため、事実上の共存関係ではあるが、AAUはUSA Hockeyが推し進めるアメリカ育成モデル(American Development Model)と完全に異なる理念での育成を進めている。

 そもそも登録人口55万人の大所帯では、組織改革の徹底は容易ではない。しかも誰もが自分の意見を持ち、自分の理想のために新しい組織を作って既存の団体と競合する権利を行使する。これもフリーダムの国アメリカの一面であり、オリンピック等、国際舞台での安定した成功を収めるのは容易ではない。

 また、アメリカはポピュリズムの権化でもあり、金メダル級の偉業を成し遂げても、ビジネスとしての価値は大衆の関心の優先順位によって決定されてしまう。ホッケーは全米にプロチームが拡大したが、未だに野球やフットボールと比べると、はるかに地域性が強い北国のスポーツだ。20年ぶりに覇権奪回した女子ホッケーの決勝戦は、延長戦に入るまで全国放送の地上波で生中継されなかった。冬季オリンピックの大トリとして行われた男子アイスホッケー決勝に至っては、全国放送で生中継されなかった。日本から見れば夢のような環境であるアメリカのホッケーも、決して理想郷ではなく、異なる理念と権利を求める人々が日々戦い続ける世界なのだ。

トヨタのインスタ広告が秀逸とアメリカの広告業界で話題に

https://bizseeds.net/articles/658

パラリンピックに出場する視覚障害を持つスキーヤーの視界は、実際にはどのように見えているのだろうか? トヨタがインスタグラムで発信した映像広告が秀逸だとアメリカの広告業界で話題になっている

「スポーツ業界」に関する記事

この記事の寄稿者





最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング