【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。


 アメリカ人にとって最も有名な寿司職人といえば、 ドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』の主役、ミシュラン3つ星の小野二郎氏だろう。同映画に小野氏の弟子として出演していた中澤大祐氏は、映画がきっかけでアメリカのレストラン事業家から声が掛かり、ニューヨークで高級すし店『Sushi Nakazawa』をオープン。2013年には『ニューヨーク・タイムズ』紙でベスト・レストランに選ばれ、「ニューヨークで最も予約が取れない店」と言われている。
 その有名すし店が、このほどトランプ大統領が所有するワシントンD.C.のトランプホテルに新店をオープンする。トランプ氏が大統領選中にメキシコ移民に対する差別的な発言をしたことから、当時入居していた高級メキシコ料理店がビルから撤退した経緯もあり、以来、同大統領所有ホテルの入居店舗は政治的な影響がついて回るようになった。しかし中澤氏は、「自分は移民だ。(アメリカの)選挙権もない。自分の夢を追うのに、あれこれ言われたくないし、もしこの国がそんなに嫌なら、他の国に行って移民になればいい」と発言したことで、トランプ反対派がざわついている。この中澤氏の発言を保守派とリベラル派はどう受け取ったか?

出典『ワシントンポスト』
中澤大佑、トランプ・ホテルに寿司レストランを開店。その何が悪い?
Daisuke Nakazawa is opening a sushi restaurant in a Trump hotel. And he’s not apologizing

【Red:保守派】どうして、こんなことが話題になるんだ?

How is this even a thing?

 ドナルド・トランプは、合法的かつ憲法に則って選ばれたアメリカの大統領だが、アメリカの左派にとっては、トランプに関連するものは何でもおぞましく、不名誉で、胸が悪くなるようだ。そのためトランプ大統領と一緒に写真に写ったり、大統領のために働いたり、大統領を認めたりする者は、ばかばかしいほど論争の的になる。

 それにしても、どうしてこんなことが新聞の話題になるのだろうか。中澤氏が「(嫌なら)どこかよその国で、移民になったらいい」と言っているのは、まったく正しい。アメリカは今でも、成功を収めるためのチャンスの土地であり、このNYの有名なすしシェフは、ただ彼の情熱を追っているだけなのだ。アメリカでは、自分のなすべきことをうまくやるかどうかが重要であり、その人が移民であろうと、市民であろうと関係ない。トランプホテルに中澤氏がレストランを開店することを、そもそもなぜ彼が「謝らねばならない」のだ?(注:ワシントンポスト紙の見出し。He’s not apologizing)

 トランプは、ナチス・ドイツの首相でもなければ、北朝鮮の独裁者でもない、米国の大統領だ。率直に言って、ドナルド・トランプの事業のために働くのは誇りにすらしてよいだろう。トランプは就任後15カ月に満たないうちに、米国経済にエネルギーを与えている(2018年度の第一四半期に5%の経済成長が見込まれると予想される)。

 同紙が中澤に、国民の半分が知りたがっている質問、「あなたは、トランプホテルが最高のグルメ・スポットになる手助けをするんですか?」を投げかけた。すると、中澤は笑って、こう言ったという(実に的を得た発言だ)。

 「私は移民だよ。投票権さえもない。それなのに他人が私の生き方を、あれこれ指図するのか? 自分の情熱にどう従い、どうやって夢を実現させたらいいかを? それは、ごめんだね。オバマホテルでなくて悪いけど、もし、この国やトランプに対してそんなに腹を立てているのなら、この国を出たらいい。よその国で、自分が移民になってみたらいいさ」 

【Blue:リベラル派】顧客がいるところが我が家だ

Home Is Where the Customers Are

 中澤氏は、どこであろうと彼が望むところで働く権利がある。彼が正しい場所を選んだかどうかは、市場が判断するだろう。私自身はこれからも“決して”トランプの所有地に足を踏み入れることはないだろうが、だからと言って中澤氏の失敗を望んでいるわけではない。

 トランプは、移民、外国人労働者のビザ、国連に対抗して相当に強い発言をしている。多くの人が忘れかけているかもしれないが、トランプはアメリカの南の国境沿いに壁を立てたがっている。しかし、もしもトランプが大統領に就任する以前に米国に移民してきた人が、トランプホテルの中にレストランをオープンして運営に必要な顧客を確保できるのであれば、それはそれでいいのではないだろうか。レストランは国ではないし、政治組織でもない。レストランはビジネスであり、レストランビジネスは時として残酷でもある。

 我々リベラル派はトランプを嫌っているかもしれない。しかし、トランプを嫌う一方で、人々が成功し、繁栄し、アメリカンドリームを実現することも望んでいる。我々は、トランプのネガティブな話題を望む以上に、中澤の成功を聞くことを望むのだ。歴史をきちんと記憶している者は、移民がアメリカの物語に豊かさを加えることを望んでいる。そもそも、この国はそうして始まったのだから。トランプのファンたちが、トランプの所有地を訪れて、他国から来てアメリカで成功した中澤氏のような人々により多く出会う方が、いいことかもしれない。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者

 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント

 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

https://bizseeds.net/articles/622

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!

「食」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

食に対する意識が高いニューヨークには、肉や魚を食べない人たちも多く、健康的な料理を出すレストランの人気が高い。そんなニューヨークで、野菜と果物と穀物だけで作る「100%ヴィーガンの寿司」が、着々とファンを増やしている。


【Red vs Blue】トランプ大統領は金正恩の罠にかかるのか?

【Red vs Blue】トランプ大統領は金正恩の罠にかかるのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事に、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、トランプ大統領が北朝鮮の要請を受けると発言したことについて、両派の意見を乞う。


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?






最新の投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング