デルタ航空との争議をフェイスブック誘致でカバー? 地方州知事の判断

デルタ航空との争議をフェイスブック誘致でカバー? 地方州知事の判断

シリコンバレーを代表する大企業フェイスブック社が米南部ジョージア州に大型データセンターの建設を決定した。保守派の同州は、全米ライフル協会との契約破棄を発表したデルタ航空へ税制優遇措置の撤廃を申し立て、現在その争議中だ。


全米ライフル協会の契約を破棄したデルタ、関係継続のフェイスブック

 フェイスブック社が、米南部ジョージア州に今後5年をかけて初期投資約7億5,000万ドル、416エーカーの面積を誇る大型データセンター・キャンパスの建設を決定したと、同州の地元紙「アトランタ・ビジネス・クロニクル」が報道した。この州知事の発表は2週間も前倒しされたことも報じられた。

 ジョージア州には航空大手のデルタ航空の本社があり、アトランタは同社のハブ空港だ。しかし、先月のフロリダ州銃乱射事件を受け、デルタ航空が全米ライフル協会(NRA)会員向け優待契約の廃止を発表した後、NRA会員企業が多い同州議会はデルタ航空に対して、これまで行ってきた約5,000万ドルの税制優遇措置(燃料税の優遇措置)の撤廃案を通過させ、現在も争議中だ。

 一方、フェイスブック社は世界で14億人が毎日使うSNSという大企業であり、シリコンバレーというリベラルな土地に本社を構えるが、同乱射事件後もそれまで通りNRAの広告掲載を継続している。今回の銃乱射事件後のNRAボイコットの動きは若い世代によるSNSの力で拡散されたため、同社がNRAの広告掲載に対して静観していることを指摘する声も多い。

デルタ航空「企業価値に値段などつけられない」

 ジョージア州では、州政府が長年その州でビジネスを営んできた民間企業にこのような措置をつきつけたことに対して、ジョージア州内の企業各社に懸念が生まれた。それを収めるためにも同州知事はフェイスブック誘致成功の発表を前倒し、同社がデータセンターを建設することで同州でもハイテク企業が成長、成功していく風土があることを強調したと見られている。

 そんな中、約5,000万ドルもの税制優遇を廃止される渦中のデルタ航空だが、NRA会員向け優待契約の廃止を発表後に過去記録を調べたところ、「そのサービスを利用したNRA会員は13人しかいなかった」ことが判明。たった13人のために税優遇利益を手放す判断を下したデルタ航空のエド・バスティアンCEOは、「私たちの判断は経済的利益に基づいたものではなく、私たちの価値は売り物ではない。デルタ航空は全米ライフル協会を支持しない」と発言。企業価値を守ると決めた同社の心意気が話題になっている。

参考:
アトランタ・ビジネス・クロニクル紙
USA Today紙

「facebook」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

Facebookの個人情報流出事件では、その制裁金の高さに注目が集まったが、アメリカ企業であっても欧州の顧客データがあるだけで「EU一般データ保護規則(GDPR)」に従う必要があり、今、どの企業もデータ管理の再強化を迫られている。


フェイスブックに政治観を明記するか否か

フェイスブックに政治観を明記するか否か

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。フェイスブックのプロフィール・ページの基本データの中にある「政治観」という欄。ここに「保守派」と堂々と書ける人とは?


フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブック社が独自に開発を続けている仮想通貨「グローバルコイン」。同社はこれを来年から市場に出そうと本格的に動いていることに経済専門家や欧米のマスコミがざわついている。それが現実になったら、どういうことが起きうるのだろうか。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング