銃を規制しても問題は解決しない

銃を規制しても問題は解決しない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は アメリカの世論を二分する銃規制問題に対して、銃を所持している一般人のひとりとしての意見を述べる。


「銃狩り」では、安全な暮らしは手に入らない

 全米を騒がせている相次ぐ学校内での銃乱射事件。日本でも報道されたので、ご存知の方も多いだろう。

 アメリカでは時折、銃規制に賛成派のメディアが、銃がほとんど出回っていない日本やイギリスが「どれだけ安全か?」という記事を発信している。銃規制賛成派は、アメリカからすべての銃がなくなるまで叫び続けるだろう。

 しかし、「もともと銃を所持する習慣のない国」と、「昔から銃と共に生活し、憲法にも銃を所持する権利が述べられている国」を比べるのはナンセンスだ。以前のコラムでも、私自身も米国生活において銃が必要という考えであることを書いた。でも、そのコラムにも書いたように「自衛のために合法に所持している私の銃の出番がないことを祈るばかり……」というのが基本姿勢だ。つまり銃を所持していても、銃規制に反対する他の人達と思いは同じなのだ。

 いたずらに刀狩りならぬ“銃狩り”をしても意味はない。そんなことをしても、銃を入手したい輩は違法に他国からそれらを密輸入するだろうし、“悪い人達”は違法銃を使って犯罪を続けるだろう。日本やイギリスのような島国ですら、違法に銃が流れ込んで取引されるのに、大陸に位置するアメリカが違法輸入を完全に防げられるわけがないのは明らかだ。南部のように銃を所有する家が多い地域では、押し込み強盗をしようとすれば自分が撃たれて終わりだと思わせる抑止力もある。もしも銃規制がされたら、丸腰で普通に生活している市民は、自分や家族の身を守る手立てが何もなくなってしまう。

メディアの騒ぎにのって学生の愉快犯も続出

 先日起きたフロリダの学校内での銃乱射事件がメディアで騒がれているのを受け、非常に悩ましい問題も多発している。

 例えば高校生たちが自身のSNSで「うちの学校が次に襲われるらしい」、「○○高校が狙われているが、乱射ではなく云々…」等といった発信、つまり流行りに乗りたいと考える「愉快犯」が増えているのだ。未成年なので書き込みの動機等は明かされていないが、すでに今年に入り何人もの逮捕者が出ている。愉快犯側の学生たちは逮捕されにくいように匿名で書き込みを続けているらしく、こうした情報に対して非常に神経を尖らせている大人たちを翻弄しているという。こうした行為が「冗談でした」では済まされない状況だということを理解していないようだ。

 そもそも、銃規制がここまで話題になったのは悲惨な事件が立て続けて起きているからだ。しかし、銃乱射事件が起きた学校や、昨年ラスベガスで起きたホテルからの乱射事件は、銃の持ち込みが禁止された「gun free zone」で起きている(フロリダやラスベガスのように銃の購入や所有が合法州でも、警察官や警備員以外は、学校はもちろん、ホテルや公共施設等への持ち込みを禁止しているところが多い)。持ち込みが禁止されている場所に銃を持ち込んだ人たちが罪を犯したのである。

 犯罪者たちのせいで、なぜ、自衛として銃を保持しているだけの善良な市民が、自らの生活に不安を覚えるような強制をされなければならないのだろうか? 銃を保持することで、自宅にセキュリティー・システムを入れているのと同様な安心を感じる生活を生まれたときからずっと送ってきた人々にとっては、お腹を空かせたライオンと一緒の檻の中で生活してくださいと言われているようなものなのだ。いつ襲われるか分からない危険と隣り合わせでは、とても安心して子育ても生活もできない。

 綺麗事を言うだけでは生きていけない、生々しい現実があるアメリカ生活。まずは学生たちの愉快犯問題が収束するように願いたい。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


アメリカ南部における恋人の見つけ方

アメリカ南部における恋人の見つけ方

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、都会と地方では結婚年齢の平均値に差があるアメリカで、南部地域住民は結婚時の平均年齢が比較的若いと言われる所以について。


アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。アメリカにおける日本のラーメン・ブームが騒がれて久しいが、それは都会での話。南部では、まだまだ不思議なラーメンが幅を利かしている。


ダサいほど人気者に? アグリーセーターを着てパーティーへ

ダサいほど人気者に? アグリーセーターを着てパーティーへ

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。12月のアメリカでは、クリスマスやホリデーを祝うパーティーが多いが、なかには「ちょっと変わったドレスコード」を指定されることもある。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング