黒雪姫は必要ですか?

黒雪姫は必要ですか?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。政治、人種、宗教等の中立性を重視する「ポリティカル・コレクトネス」をめぐり、子供劇団で繰り広げられる悩ましい問題とは?


ポリティカル・コレクトネスが舞台芸術にも忍び寄る

 アメリカに住んでいる以上、避けて生活はできないのがポリティカル・コレクトネス。簡単にいうと、人種、宗教、性別などの違いによる偏見や差別をなくした、中立性を重視した表現や考え方を指す。こうした考え方は正しいと思うのだが、過度にこれを気にし出すと「うっかり何も言えなくなる」という窮屈さに悩まされることも起こってしまう。

 先日私が理事を務める地元の子供劇団で、秋のショーに『ピーターパン』が上演されることが決まった。演者である子供たちは大喜び。しかし、ここに「待った」がかかってしまった。理由は内容に、ネイティブ・アメリカンを差別する表現が含まれているからだ。私が住むシアトル周辺は、ネイティブ・アメリカンの居住地がいくつもある。この地で活動する以上、ネイティブ・アメリカンへの敬意とポリティカル・コレクトネスは無視すべきではないという、権擁護団体から申し入れがあったのだ。

何が本当の差別なのか?

 こうした申し出があった以上、無視するわけにもいかない。私は移民で、かつ白人ではない唯一の理事なので、いろいろ意見も言わされた。「原作にある内容を変更することにも影響は不随する。日本人が悪役の古典的な舞台があったと仮定し、それがポリティカル・コレクトネス的にふさわしくないという理由で削除されたら、それを差別と思う人もいるだろう」と意見を述べたところ、基本的に作品の中身を変えたくない白人理事たちはホッとしたようだった。今後、ネイティブ・アメリカンの居住地の人とも会合をもつことになるが、着地点がどこになるかは、今はまだ分からない。

 この劇団に限らず、舞台の世界ではポリティカル・コレクトネス絡みの問題がよく起こる。驚愕した例でいうと、数年前に『白雪姫』を上演した時には、「黒雪姫も必要」という申し入れすらあったという。主人公の名前が「白雪」なのに、それを「黒雪」にしろという主張はどうかと思うが、それを平等だと思う人もいるのだ。こうしたことも、また今のアメリカ。本当に悩ましい限りだ

「イスラエル首都エルサレム移転」を福音主義者が支持するのはなぜか?

https://bizseeds.net/articles/587

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの『アメリカ保守派の考え方』。トランプ大統領が、イスラエルの米大使館をエルサレムに移転する公約を遂行しようとするのを喜んでいる人々がいるという。

「差別」に関する記事

この記事の寄稿者

青山学院大学卒業。コマーシャルなどの映像コーディネーターを経て1998 年、宝塚歌劇団香港公演の制作に参加。その後プロデューサーに転身。株式会社MJ コンテスほか複数企業の代表として、ネバダ州立大学公認のピラティススタジオ日本進出事業や各種研修事業、2007 年に行われた松任谷由実の 「ユーミン・スペクタクル シャングリラⅢ」をはじめとする国内外の舞台・イベント制作など、さまざまな事業を展開。これまでにベストセラー数冊を含む70以上の書籍、DVD 作品を企画、プロデュース。現在も様々な事業を展開しながら“Go Tiny”(大切なものが、すべて半径5メートル以内にあることに気づこう!の意)というライフスタイルの提案も展開中。

関連する投稿


OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は日本ではOKでも、アメリカではOKではないジェスチャーやポーズについて。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


常識を支配する「構造」が人を狂気に変えるということ

常識を支配する「構造」が人を狂気に変えるということ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。第二次世界大戦を経験したドイツ人の親戚が見た、アメリカとヨーロッパの危うい「今」。日本は例外なのだろうか?


アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング