黒雪姫は必要ですか?

黒雪姫は必要ですか?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。政治、人種、宗教等の中立性を重視する「ポリティカル・コレクトネス」をめぐり、子供劇団で繰り広げられる悩ましい問題とは?


ポリティカル・コレクトネスが舞台芸術にも忍び寄る

 アメリカに住んでいる以上、避けて生活はできないのがポリティカル・コレクトネス。簡単にいうと、人種、宗教、性別などの違いによる偏見や差別をなくした、中立性を重視した表現や考え方を指す。こうした考え方は正しいと思うのだが、過度にこれを気にし出すと「うっかり何も言えなくなる」という窮屈さに悩まされることも起こってしまう。

 先日私が理事を務める地元の子供劇団で、秋のショーに『ピーターパン』が上演されることが決まった。演者である子供たちは大喜び。しかし、ここに「待った」がかかってしまった。理由は内容に、ネイティブ・アメリカンを差別する表現が含まれているからだ。私が住むシアトル周辺は、ネイティブ・アメリカンの居住地がいくつもある。この地で活動する以上、ネイティブ・アメリカンへの敬意とポリティカル・コレクトネスは無視すべきではないという、権擁護団体から申し入れがあったのだ。

何が本当の差別なのか?

 こうした申し出があった以上、無視するわけにもいかない。私は移民で、かつ白人ではない唯一の理事なので、いろいろ意見も言わされた。「原作にある内容を変更することにも影響は不随する。日本人が悪役の古典的な舞台があったと仮定し、それがポポリティカル・コレクトネス的にふさわしくないという理由で削除されたら、それを差別と思う人もいるだろう」と意見を述べたところ、基本的に作品の中身を変えたくない白人理事たちはホッとしたようだった。今後、ネイティブ・アメリカンの居住地の人とも会合をもつことになるが、着地点がどこになるかは、今はまだ分からない。

 この劇団に限らず、舞台の世界ではポリティカル・コレクトネス絡みの問題がよく起こる。驚愕した例でいうと、数年前に『白雪姫』を上演した時には、「黒雪姫も必要」という申し入れすらあったという。主人公の名前が「白雪」なのに、それを「黒雪」にしろという主張はどうかと思うが、それを平等だと思う人もいるのだ。こうしたことも、また今のアメリカ。本当に悩ましい限りだ

「イスラエル首都エルサレム移転」を福音主義者が支持するのはなぜか?

https://bizseeds.net/articles/587

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの『アメリカ保守派の考え方』。トランプ大統領が、イスラエルの米大使館をエルサレムに移転する公約を遂行しようとするのを喜んでいる人々がいるという。

「差別」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


【Red vs. Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs. Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


【Red vs. Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs. Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

 プロサッカー選手の本田圭祐氏が、ハリウッド俳優のウィル・スミス氏とベンチャー起業への投資を目的とした投資会社「ドリーマーズ・ファンド」を、米ロサンゼルスで4月に設立したことが明らかになった。アメリカで彼らが具体的にどのベンチャー起業に投資するのか、今後の動き方が注目されている。


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング