常識を覆すアロマセラピーが脳を覚醒させる?!

常識を覆すアロマセラピーが脳を覚醒させる?!

アロマセラピーというと、効能別の精油を用いたマッサージや、ディフューザーを使ってアロマの香りで部屋を満たし、リラックスする、というイメージがあるが、そんなの常識を覆す商品が登場し、話題になっている


アロマ商材の常識を覆すMONQとは?

 今や代替医療、ホリスティック医療などの分野では欠かせない存在となったアロマセラピー。植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って臭覚を刺激し、心身のトラブルを穏やかに回復させる健康法として、多くの関連商材も出回っている。アロマオイルそのもの以外にも、アロマキャンドル、アロマ石鹸や入浴剤、アロマディフューザーと、数を上げたらキリがない。

 しかし、テネシー州ナッシュビルにあるMONQ社が、未だかつてない斬新なアロマセラピー商品を開発した。常識を覆すアロマセラピー商材の映像はこちら。

クールに「吸う」のが、これからの常識?

 MONQ社が開発したのは「吸うアロマセラピー」。精油を目的別にブレンドする手間を大胆に省略し、香りの効能が直接脳に働きかけやすいスタイルを追求した結果、「吸う」というスタイルに落ち着いたという。

 映像をご覧いただければ分かるように、商品は一見オシャレなタバコのように見える。しかし、もちろん中身はニコチン成分ゼロ、遺伝子組み換え植物ゼロ、人口成分ゼロで、しかも商品を構成する成分は100%オーガニックというこだわりぶり。煙のように見えるのは気化されたアロマ成分で、火をつけて利用するのではない。1本の値段は20ドルで、約200吸飲が可能だそうだ。

 商品は効能別にアクティブ、ハッピー、ヘルシー、セクシー、スリーピーなどの名称がついており、全10種類ある。開発したのは整形外科医のエリック・フィッシュマン(Eric Fishman)氏で、同氏は「代替医療はもっとも理想的かつ、安全に健康を促進するエリアでもある。MONQは科学的根拠に基づき、香りの効果が脳を刺激するという最も理にかなった安全なアプローチをとっている。他のアロマ商材とは異なり、直接的に体内に香りを取り込むことが出来るために、効果も高い」と語っている。

 この、ちょっと変わったアロマセラピーは、効用だけでなく、「オシャレでユニーク」なファッション・アイテムとしても注目されつつある。ホリスティックなニーズが高い日本にも、将来、これが上陸するのでは?

MONQ HP
https://monq.com/

風船とシャボン玉が合体! 楽しすぎるイベント・ツール

https://bizseeds.net/articles/557

誕生日や結婚式、あるいは企業の広報イベントと、さまざまなシチュエーションで役立ちそうなイベント・ツールが密かな人気を集めている。ありそうでなかったこのツールは、とても「ふわふわ」している……。

「健康」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

アメリカでは昨今、離職率の高さが問題になっている。人事担当者が数多くの履歴書を吟味し、面接を重ねても、それだけでは判断がつかない現実があるようだ。そんな中、候補者の適正を判断するAI搭載ゲームやビデオ面接アプリを使って、その結果で候補者の適正を判断する大手企業が増えているという。


30秒でストレス解消できるブレインテックが登場

30秒でストレス解消できるブレインテックが登場

アリゾナに拠点を置く TouchPoint Solution社が開発したストレス対処のためのブレインテック・ガジェットに注目が集まっている。現在、特許申請中だというこのガジェットには、どんな特徴があるのだろう?


ダイエットもブレインテックの時代へ!

ダイエットもブレインテックの時代へ!

健康産業の現場で、着々とその存在感を示しつつあるブレインテック。そのテクノロジーを用いてダイエットを成功させるヘッドフォンが誕生し、話題になっている。アイルランドの企業とカリフォルニア大学サンディエゴ校が合同開発した商品とは?


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?






最新の投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング