日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


もこもこ膨らむ不思議なえのぐ

 日本の文具は高品質なだけでなく、便利で使いやすく、ちょっとユニークなので、アメリカでも人気が高い。そこでBizSeeds編集部が、アメリカでは全く見かけない「ふくらむえのぐ」を日本から勝手に調達し、ためしにアメリカ人の子供たちに、これを使って遊んでもらった。

 この商品は株式会社マービーが販売しているもの。布や木、紙などに描けて、ドライヤーやアイロンで熱を加えるとモコモコふくらむという、不思議なインクだ。描いた時は透明だが、ふくらませると不透明になる。「えのぐ」と言っても使い方はペンと同じで、筆は必要ない。6色1セットで値段は1セット1,500円(税別)だ。

 実際にアメリカ人の子供たちが見せた反応をまとめた映像はこちら。

面白いけれど難点も

 この企画に参加してくれた子供たちに、まずは、すでに完成した「ふくらんでいる絵」を見せたところ、それだけで大はしゃぎ。実際に文具を使ってもらうと、子供らしい素直なコメントがさく裂した。それぞれの感想は以下の通り。

アン:
「髪の毛にインク塗って、ドライヤーで乾かして、髪をもこもこにしたら、ママは怒るかな? 内緒でやってみていい?(編集部員は当然NO!と叫んで行動を阻止)」

セイラ:
「描いた色のまま、どうしてふくらまないの? もこもこした後の色より、前の色のほうがいいのに」

サンディ:
「すごい楽しい、すごい面白い、全色欲しい!でもこのペン、なかなかチューブからインクが出てこないよ!」

ロンダ:
「あーーー、ドライヤーで温めるのが飽きちゃった。5秒でふくらんでくれればいいのに」

総評

 熱を加えると、もこもこふくらむという発想に、アメリカの子供たちは大興奮。しかし、ペンの構造上、子供たちの力ではなかなかインクがチューブから出ないという難点も。また、ふくらむまでに時間が数分かかるので、子供は飽きてしまいがちに(取材時も大人がもこもこ作業を手伝った)。ペンを渡した途端、ひとりは髪の毛に、ひとりは爪に「えのぐ」を塗ろうとした。アメリカは訴訟社会なので、こちらで販売する場合には、念のため「髪の毛や爪、肌に付けてふくらまさないように」と注意書きを入れるべきだろう。ちなみに参加した子供たちは全員このペンを欲しがり、「全色、買いたい」と言いながら喜んでおみやげに持って帰った。

面白さ    ★★★★★
使いやすさ  ★★
感動度    ★★★★
危険度    ★★★★
購入したい度 ★★★★★

最新! アメリカでの日本マンガ&ゲーム事情

https://bizseeds.net/articles/401

 「日本のマンガやゲームは、世界での市民権を得ている」と言われるようになったが、アメリカでも日本のマンガとゲームは市場に浸透し、その地位は着実に確立されつつある。ロサンゼルスの「Anime Expo」にはじまり、ワシントンD.C.の「アニメUSA」、ニューヨークの「Anime NYC」など、各州に必ずひとつはあるといわれる大型イベントを筆頭に、ゲームやマンガ絡みのコンベンション(俗にいうコミケ)は小さな規模も含めれば全米に500近くあるとも言われる。

「日本文化」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング