イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

電気自動車、宇宙事業、都市トンネルや再生可能エネルギーなど大規模なビジネスを展開するイーロン・マスク氏。発言が常に注目される中、渦中のフェイスブックからテスラとスペースXのアカウントを削除したが……


「政治的な主張ではなく、ただ嫌いなだけ」

 アメリカで連日ニュースになっている、フェイスブック社による同社ユーザーの個人情報の漏洩事件。26日には米連邦取引委員会(FTC)が、フェイスブックのユーザー5,000万人の個人データが、トランプ陣営を支援した英国ケンブリッジ・アナリティカ社にどのようにして渡ったのかを正式に調査することが発表された。

 フェイスブックのアカウントを削除しようという「# DeleteFacebook」も活発化する中、イーロン・マスク氏が自社であるテスラとスペースXのフェイスブックページを削除。そして、「政治的な主張でもなければ、誰かにやれと言われた訳でもない。ただ、フェイスブックが嫌いなだけ。ぞっとするね。悪いけど」とツイートし、瞬く間に話題になった。

 テスラもスペースXもフェイスブックで広告を出しておらず、有名人に自社の宣伝も依頼していない。マスク氏は「商品が生き残るか死ぬかは、その商品の価値次第」だとツイートし、その後にフェイスブック社がアンドロイドのユーザーの電話とショートメッセージの履歴を収集していたというニュースが出ると、一言だけ「ぞっとする(Shocker)」とツイートした。

それでもフェイスブック株の価値は不動なのか

 こうした社会的な動きだけでなく、フェイスブックに米連邦取引委員会(FTC)の調査が入ることが決定したニュースを受けて、同社の株価は26日に6.5%下落した。

 しかし、ファイナンシャル分析のFactsetなどによると、「アナリストたちの90%は、それでもフェイスブックは買いだと言っている」そうで、この逆境でも、20億ユーザーものデータを所有している同社に勝てる相手はおらず、するりと生き抜いていくだろうという予測らしい。その予測を裏付けるように、27日もその日の株取引平均予定価格(average target price)の40%以上も上回る1株約$220がつけられた。

 同社におけるデータ収集のように、ひとつの分野でここまで巨大化すると、そう簡単に株価には影響しないのかも知れない。しかし、自分の個人情報がまったく知らないところで使われていたユーザー側は、相当ザワついている。ユーザーの「フェイスブック離れ」を食い止める作戦を、同社が今後どう展開するのかが気になるところだ。

参考記事
Nine out of ten analysts think Facebook stock is still worth buying

Sorry, but Facebook give me the 'willies,' tweets Musk

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

https://bizseeds.net/articles/586

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。

「フェイスブック」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


デルタ航空との争議をフェイスブック誘致でカバー? 地方州知事の判断

デルタ航空との争議をフェイスブック誘致でカバー? 地方州知事の判断

シリコンバレーを代表する大企業フェイスブック社が米南部ジョージア州に大型データセンターの建設を決定した。保守派の同州は、全米ライフル協会との契約破棄を発表したデルタ航空へ税制優遇措置の撤廃を申し立て、現在その争議中だ。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 火星に行く車からスーパーボウルまで

 アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った先週のニュースをピックアップ! 2月第2週のアメリカは、イーロン・マスク念願のロケット発射の成功や、NFLイーグルスのスーパーボウル優勝に熱狂した


2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ。先週はアマゾンの新規医療健康ビジネスや、テスラCEOによる冗談のようなビジネスに注目が!


シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

IT業界の世界的な聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダーの齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届けする。今回はシリコンバレーに限らず、世界中から注目されているテスラ(TESLA)が、これほど羨望される理由を紹介しよう。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?






最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング