ウォルマート、全米5,000店のレジ列棚から『コスモポリタン』誌を撤去

ウォルマート、全米5,000店のレジ列棚から『コスモポリタン』誌を撤去

全米に5,000店舗以上を展開する小売の巨大企業のウォルマートが、雑誌が最も売れるレジ列の棚から、女性ファッション誌『コスモポリタン』を撤去すると発表。同誌が女性の「性」を強調しているのが理由だというが……


なぜ、『コスモポリタン』誌だけなのか?

 全米展開する大手スーパーマーケット・チェーンのウォルマートが、同社5,000店舗のレジの横に並ぶ雑誌棚から、女性ファッション誌『コスモポリタン』を撤去することを発表した。

 『コスモポリタン』誌は、アメリカで1886年に創刊された長い歴史を持つ女性誌で、誰もが知っている有名誌だ。家族向けの雑誌だったが、1965年以降は女性の性についても気軽に取り上げる雑誌へ方向転換。女性のセックス、恋愛、セクシーに見える服装やメイクなどを全面に打ち出し、政治的にもリベラルな編集内容で人気を得ている。しかし、米保守派に指示が高い全国性搾取対策センター(National Center on Sexual Exploitation)は長年にわたり、同誌は『プレイボーイ』誌と並び、ファッション誌を擬したポルノだと訴えていた。今回のウォルマートの決定を同社は、長年の活動から得られた勝利だと言っている。

セクハラを訴える「#Me Tooムーブメント」に乗って

 ウォルマートの創設者であるウォルトン家は南部の保守派として知られているため、リベラルな同誌を排除しただけという説も出ている中、今回の決定には、セクハラに対して立ち向かう女性たちによる「Me Tooムーブメント」の勢いに乗る全米マーケティング効果を期待しての動きという見方もされている。

 同社広報は、「これは 企業としての判断だが、社会的な考慮もある」として、「同誌の購入を求める顧客がいれば提供するが、レジ横に並ぶ雑誌棚からは撤去する」とコメント。これに対して、女性の体の線や肌を強調した表紙の雑誌が人目につかない場所に移されたことを喜ぶ母親たちを中心にする保守派層と、女性が強くなり自立することを賞賛するリベラル派層による賛否両論の声がソーシャルメディアで飛び交っている。

 しかし、「#Me Tooムーブメント」はセクハラやレイプに対して立ち上がろうという趣旨であり、ポルノとは関係ない。ウォルマートは異なる二つの争点をすり替えているという意見もあり、ネットでは「#Me Tooムーブメントの真意はそこではない」、「コスモポリタンの排除は、#Me Tooムーブメントの真意を一切反映していない」という声も多く出ている。

 この決定における同社の真意がなんであれ、長年セクシャル路線を淡々と続けてきた『コスモポリタン』誌は、突如として全米の注目を浴びている。ウォルマートのレジ棚からは落とされても、この注目度は同誌にとっては棚ぼたかも知れない。

(参考記事)
Walmart to Remove ‘Cosmopolitan’ from Checkout Lines, Says It’s a ‘Business Decision’

フェイスブック社の性別カテゴリーで学ぶ、アメリカの性の多様性

https://bizseeds.net/articles/81

アメリカでは性の多様性を認識し、行政や企業がマイノリティーに配慮した政策や対策を取ることが多い。今やトランスジェンダーも安心して利用できるユニセックス・トイレ(男女どちらでも使えるサインを掲示したトイレ)の設置は沿岸都市部の大都市では当たり前だ。しかし「性の多様性」はアメリカの実際はどれほどなのだろうか?

「セクシャリティ」に関する記事

この記事の寄稿者

関連するキーワード


ウォルマート MeToo 女性誌

関連する投稿


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


ウォルマートが狙う巨大な自動販売機戦略とは?

ウォルマートが狙う巨大な自動販売機戦略とは?

オクラホマ・シティに出現した巨大な箱。サイズはトラックのコンテナーより少し大きめで約20メートル×6メートル。その箱にデカデカと書かれた「ウォルマート」の文字。一体、ウォルマートは何を仕掛けようとしているのか?






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング