IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


BrainTechは120億ドル市場に!

 アメリカでは現在、脳波や脳の状態を測定する技術を応用した様々なビジネス、いわゆる「BrainTech市場」が急速に成長している。昨年フォーブス社が、脳科学市場が2020年には120億ドルに達するとの予測を発表し、大きな話題となった。現時点でも脳機能関連技術の恩恵を受けられる神経テクノロジーや他のデバイスなど、すべてのビジネスの医療用途を含めると、毎年1,500億ドル以上の収入を生み出す分野ということもあり、スタートアップ・ビジネスでも投資が付きやすいエリアだ。

効果がなければ返金保証

 多くの技術が次々に発表されているが、IQ Mindware Partnershipが開発したアプリ『HighIQPro』は特に高い注目を集めている。理由は「指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント上がることを保証します」という売り文句があるためだ。4週間から6週間、1日20分ほどの利用でIQが上がるのだという。値段はダウンロードするPC、あるいはタブレット1台からの契約で39ドル99セントと、アプリにしては少し高めだが、「結果が確実に出るなら」ということで人気は高い。しかも効果がなければ、返金保証まで約束している。

 このアプリは、認知神経科学者が長年蓄積した実験データなどを元に開発。言葉を理解したり、推論したり、学習したりするために情報を操作する間、一時的にその情報を保持する機能である「ワーキング・メモリー」に着目し、IQ向上を目指すというものだ。ワーキング・メモリーが発達すればするほど、問題解決、推論、理解、意思決定能力が高まるとされているが、アプリは誰もが簡単に楽しめるゲームのような構成になっており、継続もしやすい。入学試験前の学力向上、仕事の生産性向上、集中力向上など嬉しい効果が一杯だ。

 IQアップを保証しているのは、数あるBrainTech系アプリにおいても、今のところ本商品のみ。言語は英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語に対応している。アメリカで大人気のこの商品、日本語版の発売が待ち遠しい気がする。

HighIQPro ホームページ
www.highiqpro.com/

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

https://bizseeds.net/articles/665

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?

「BrainTechnology」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

脳に働きかけて能力向上を図るブレインテックは、アメリカで急成長し続ける技術エリアだ。今回紹介するのは、ブレインテック・ヘッドフォン。トップ・アスリートたちがこよなく愛する商品の秘密とは?!


常識を覆すアロマセラピーが脳を覚醒させる?!

常識を覆すアロマセラピーが脳を覚醒させる?!

アロマセラピーというと、効能別の精油を用いたマッサージや、ディフューザーを使ってアロマの香りで部屋を満たし、リラックスする、というイメージがあるが、そんなの常識を覆す商品が登場し、話題になっている


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。2月9日に開幕した平昌冬季オリンピック。前回に引き続き、北米の女子アイスホッケーがなぜ優位なのかを解説しよう。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米ビジネス・インサイダーの記事、「日本の少子化の危機」を読んで保守派とリベラル派がどう感じたかを問うた。






最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング