IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


BrainTechは120億ドル市場に!

 アメリカでは現在、脳波や脳の状態を測定する技術を応用した様々なビジネス、いわゆる「BrainTech市場」が急速に成長している。昨年フォーブス社が、脳科学市場が2020年には120億ドルに達するとの予測を発表し、大きな話題となった。現時点でも脳機能関連技術の恩恵を受けられる神経テクノロジーや他のデバイスなど、すべてのビジネスの医療用途を含めると、毎年1,500億ドル以上の収入を生み出す分野ということもあり、スタートアップ・ビジネスでも投資が付きやすいエリアだ。

効果がなければ返金保証

 多くの技術が次々に発表されているが、IQ Mindware Partnershipが開発したアプリ『HighIQPro』は特に高い注目を集めている。理由は「指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント上がることを保証します」という売り文句があるためだ。4週間から6週間、1日20分ほどの利用でIQが上がるのだという。値段はダウンロードするPC、あるいはタブレット1台からの契約で39ドル99セントと、アプリにしては少し高めだが、「結果が確実に出るなら」ということで人気は高い。しかも効果がなければ、返金保証まで約束している。

 このアプリは、認知神経科学者が長年蓄積した実験データなどを元に開発。言葉を理解したり、推論したり、学習したりするために情報を操作する間、一時的にその情報を保持する機能である「ワーキング・メモリー」に着目し、IQ向上を目指すというものだ。ワーキング・メモリーが発達すればするほど、問題解決、推論、理解、意思決定能力が高まるとされているが、アプリは誰もが簡単に楽しめるゲームのような構成になっており、継続もしやすい。入学試験前の学力向上、仕事の生産性向上、集中力向上など嬉しい効果が一杯だ。

 IQアップを保証しているのは、数あるBrainTech系アプリにおいても、今のところ本商品のみ。言語は英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語に対応している。アメリカで大人気のこの商品、日本語版の発売が待ち遠しい気がする。

HighIQPro ホームページ
www.highiqpro.com/

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

https://bizseeds.net/articles/665

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?

「BrainTechnology」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。



犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


全米大パニック! マシュー・マコノヒーがテキサス大学教授に就任

全米大パニック! マシュー・マコノヒーがテキサス大学教授に就任

ハリウッドの人気俳優、マシュー・マコノヒー。日本でもお馴染みのセレブリティだが、この度、彼が出身校でもあるテキサス大学の教授に就任した。どうすれば彼の講義が受けられるのか、全米から問い合わせが殺到している。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング